トヨタRAV4が「最優秀車」の栄冠獲得!! 【日本カー・オブ・ザ・イヤー2019決定】

■この1年に発表された新車の中で最も優れていたのは…

 2019年12月6日(金)、東京都江東区の国際交流館にて、日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020の最終選考会が開催された。

 大賞にあたる「イヤーカー」に選ばれたのは、トヨタRAV4に決定。

【画像ギャラリー】バカ売れ! 新型RAV4の内外装はここで!

2位に100点以上の大差をつけて受賞したRAV4

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、日本のモータリゼーションの発展とコンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を目的として、1980年に創設。今回で第40回にあたり、前年(2018年)11月1日より当年(2019年)10月31日までに日本国内において発表された乗用車で、60名を上限とした選考委員(自動車ジャーナリストが中心)の投票によって決定される。

 昨年はボルボXC40、一昨年は同じくボルボXC60と2年連続で輸入車が受賞しており、今回は…? と注目が集まっていた。トヨタは先代プリウスが獲得して以来10年ぶりの受賞となる。

(3年前はスバルインプレッサ、4年前はマツダロードスター、5年前はマツダデミオ、6年前はVWゴルフ、7年前はマツダCX-5、8年前は日産リーフ、9年前はホンダCR-Z、10年前はトヨタプリウス)。

 輸入車のなかでの最多得点車となる「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」はBMW3シリーズ

 優れた技術を持つモデルとして賞される「イノベーション部門賞」は日産スカイライン(プロパイロット2.0が評価されたとのこと)。

 スポーツカーに贈られる「エモーショナル部門賞」はジープラングラー(「独創的な手法で自動車のエモーションを表現」とのこと)が受賞。

 スモールカー(軽自動車など)に贈られる「スモールモビリティ部門賞」は日産デイズ/三菱eKシリーズが受賞。この部門賞発表時には会場からどよめきが

「実行委員会特別賞」は該当車なし。

 なお実質的な選考エントリー車である「10ベストカー」に選ばれたのは、以下10車種。以下、( )内は獲得点数と順位。

・ダイハツタント/タントカスタム(21点/10位)
・トヨタカローラ/カローラツーリング(118点/4位)
・トヨタ RAV4(436点/1位)
・日産デイズ/三菱eKシリーズ(35点/9位)
・ホンダN-WGN(54点/7位)
・マツダMAZDA3(328点/2位)
・BMW3シリーズセダン(290点/3位)
・ジャガーI-PACE(109点/5位)
・ジープラングラー(56点/6位)
・メルセデスベンツAクラス(53点/8位)

【画像ギャラリー】バカ売れ! 新型RAV4の内外装はここで!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ