【アルトが15年連続でインドNo.1!?】スズキのユニークな海外専売車 6選

 日本でお馴染み「アルト」が、インドで15年連続販売No.1!? 海外でしか見られないスズキの車が超ユニーク!!

 スズキは軽自動車やコンパクトカーラインナップの豊富さから、日本に注力した自動車メーカーというイメージが強いかもしれない。

 しかし、海外で販売されるモデルを見ると、特に2019年11月に36年間で販売累計2000万台を達成し、圧倒的な強さを誇るインド市場を中心に面白いモデルを揃えている。

 本稿で紹介する6台の“SUZUKI”は、とりわけユニークな海外専売車だ!

文:永田恵一
写真:Marti Suzuki

【画像ギャラリー】これも海外専売!! 小型SUV スズキ エスプレッソ


15年連続首位“インドのカローラ”! 「アルト海外仕様」

アルト(インド仕様)/全長×全幅×全高:3445×1515×1475mm、価格:約43万5000円

 海外でアルトの車名で販売されるモデルは、日本では軽自動車のアルトとは別物だけれど似ている部分もある車である。

 “別物”なのはまったく違うスタイルと、25年ほど前まで軽自動車に搭載されていたものをベースにしていると思われる3気筒の800ccエンジンを搭載する点(トランスミッションは5速MTのみ)。

 そして、インドでの価格は約29万ルピー(1ルピー=1.5円換算で43万5000円)からと安く、10年ほど前に日本でも話題になったタタ自動車の「ナノ」と競合するグレードもある、新興国向けのベーシックカーというコンセプトを持つことだ。

 一方、似ているのは全長3445mm×全幅1515mm×全高1475mmと、日本の軽自動車に極めて近いボディサイズとなる点だ。

 さらに、海外で販売されるアルトには3気筒の1000ccエンジン(こちらは日本で販売されるコンパクトカーにも搭載される)を搭載し、トランスミッションは5速MTとMTを自動化した5速AGS。

 アルトよりは充実した装備を持ち、全長だけ100mm長いアルトK10もラインナップされており芸が細かい。

 なお、こちらのインドでの価格はエアコン付で約36万ルピー(日本円で約54万円)からとなっている。

海外のエブリイランディ!? 小型ミニバン「イーコ」

イーコ/全長×全幅×全高:3675×1475×1825mm、価格:約54万3000円

 イーコは日本の軽1BOXカーの全長を延長したような全長3675mm×全幅1475mm×全高1825mmというボディサイズを持ち、3列シートの7人乗りもあるというミニバンである。インドでの価格は約36万2000ルピー(約54万3000円)からだ。

 エンジンは5速MTのみの組み合わせとなる非常に古い4気筒の1.2Lで、日本人の目には乱暴な車にも見える。しかし、イーコに7人乗りする家族は、ギュウギュウ詰めでも「1台で7人が移動できる」という喜びや幸せを噛み締めているようにも感じる。

スイフトセダン降臨!?「デジール」

デジール/全長×全幅×全高:3995×1735×1515mm、価格:約87万5000円

 デジールは、現行スイフトの4ドアセダン版である。

 ボディサイズは全長3995mm×全幅1735mm×全高1515mmと、全長が短いため寸詰まりに見えるところもあるが、取り回し性は良さそうだ。

 インテリアはハンドルやダッシュボードに使われる木目部分やリアシートのエアコン吹き出し口を持つのに加え、インテリアカラーも明るいアイボリーを使うなどなかなかゴージャスに見える。

 インドで販売されるデジールが搭載するエンジンは、それぞれ4気筒となる1.2Lガソリンと1.3Lディーゼルターボで、トランスミッションはそれぞれ5速MTと5速AGSとなる。インドでの価格は約58万3000ルピー(約87万5000円)からだ。

日本にも最適!? な小型セダン「シアズ」

シアズ/全長×全幅×全高:4490×1730×1485mm、価格:約123万円

 シアズは全長4490mm×全幅1730mm×全高1485mmというボディサイズで、デジールより若干車格が上となる4ドアセダンだ。

 全長が大きいだけにスタイルはデジールとは対照的に伸びやかさがあり、インテリアも革シート仕様があるなどささやかな高級感も備える。

 インドで販売されるシアズのパワートレーンは、それぞれ超小型モーターによるアシストも加わる1.5Lマイルドハイブリッドと、1.3Lディーゼルターボ、1.5Lディーゼルターボエンジンの3つとなる。

 インドでの価格は約82万ルピー(約123万円)からで、もし日本向けの対応を施して160万円程度で販売できるなら、需要はそれほど多くないけれど、現在ホンダ グレイスくらいしかないコンパクトセダン市場で、商売になるくらいの販売は期待できるかもしれない。

ロッキー&ライズに近い小型SUV「ビターラブレッツァ」

ビターラブレッツァ/全長×全幅×全高:3995×1790×1640mm、価格:約114万5000円

 ビターラブレッツァは、全長3995mm×全幅1790mm×全高1640mmという、日本で絶好調なトヨタ ライズ&ダイハツ ロッキーの全幅を拡大し、同社のエスクードに通じるスタイルを持つコンパクトSUVである。

 オレンジ、イエロー、レッドといった原色系のボディカラーを用意することに加え、メーター照明を4色に切り替えられる機能を備えるなど、全体的な雰囲気が明るい点には好感を覚える。

 搭載されるエンジンは5速MTと5速AGSが組み合わせられる1.3リッターディーゼルターボのみの設定だ。

 インドでの価格はベーシックグレードならエアコン付で約76万3000ルピー(約114万5000円)と、排ガス規制の違いなども要因にあるにせよ、ターボなどコストが掛かるディーゼル車をこの値段で売れるということには驚かされる。

流行りのミニバン&クロスオーバー「XL6」

XL6/全長×全幅×全高:4445×1775×1700mm、価格:約147万円

 XL6は東南アジア圏などで販売される3列目シートも持つ比較的コンパクトなSUV。

 車格や価格の割にサイズが大きいことも特徴のホンダ BR-Vやミニバン&クロスオーバーの三菱 エキスパンダーもライバルとなる。なお、ボディサイズは全長4445mm×1775mm×全高1700mmだ。

 XL6が面白いのは、SUVとしては珍しく2列目が独立したキャプテンシートとなる点だ。この点に対する賛否はあるにせよ、2列目に乗るぶんには車格の割に快適な移動が楽しめそうだ。

 パワートレーンはマイルドハイブリッドとなる1.5Lガソリンに4速ATと5速MTが組み合わされる。

 インドでの価格は約98万ルピー(約147万円)からとやはり安く、日本でもBR-Vやエキスパンダーよりも先に日本向けの対応を行って200万円程度の価格で販売すれば、若者向けの人気車になる予感がする。

 根拠のない妄想だが、スズキは小回りの利く会社なので、計画が決まればアッという間に日本導入が始まるということもあるかもしれない。

【画像ギャラリー】これも海外専売!! 小型SUV スズキ エスプレッソ

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ