【セレナ2年連続No.1獲得】最激戦区ミニバンたちの長所と短所

 2019年のミニバン登録台数ナンバー1は、日産セレナ(9万2956台)が獲得した。

 2位がトヨタヴォクシー(8万8012台)、3位がトヨタアルファード(6万8705台)、4位がトヨタノア(5万2684台)、そして5位がホンダステップワゴン(5万2676台)という順位だ。

 日産、トヨタ、ホンダが熾烈な争いを繰り広げている激戦区ミニバンの中にあって、セレナが勝利したことは、よくないニュースばかりが取り沙汰される日産にとって、さぞうれしい知らせであろう。

 さて、このミニバンたちには、どういった違いがあるのだろうか。

 国産3大メーカーの、2Lクラスのエースミニバン「セレナ」「ヴォクシー」「ステップワゴン」、それぞれの長所・短所を考察してみた。

文:吉川賢一、写真:日産、トヨタ、ホンダ

【画像ギャラリー】セレナ、ヴォクシー、ステップワゴンの初代と最新型をみる


アピール力で勝ったセレナ!! 優勢の理由はe-POWERの存在

 セレナの人気を引き上げた要因が「e-POWER」にあることは間違いない。

 現行C27型セレナが登場したのは2016年8月。実は、e-POWER登場までは、セレナはヴォクシーに負けて、2位だった。

2018年3月にセレナにe-POWERが搭載された

 e-POWERが追加された2018年3月以降、セレナは大人気となり、ヴォクシーを超えて2018年のミニバン販売台数1位を達成、そして2019年も1位を守った。

 そんなセレナ最大の長所であるPOWERは、排気量1.2リットル3気筒エンジンで発電し、最大出力136ps、32.6kgfmを誇るモーターで、大柄なボディを力強く駆動する。

 発電時のエンジン音も静かに抑えられており、ロードノイズも静かで、

 しかも、カタログ燃費26.2km/L(JC08)は3台の中ではトップだ。ちなみに2.0Lのガソリンモデルの燃費は16.6km/L。

2019年マイナーチェンジしたセレナe-POWER

 また2019年8月のマイナーチェンジで、これまでおとなしかったフロントマスクの迫力が増し、特にハイウェイスターはアルファードのようなオラオラ顔に進化した。

 さらには、最新の先進運転技術であるプロパイロットも搭載という日産の技術の粋を集めたのがセレナだ。

 「e-POWER」、「プロパイロット」、「(2018年)ミニバンナンバー1」の様に、キャッチーなキーワードを複数盛り込み、テレビCMやSNS、ディーラーでの車両展示で、これでもかと言わんばかりにアピールしたことで、認知が広がったのだろう。

 しいて弱点を上げるなら、インテリアの質感だ。セレナのインテリアは、先進的で使い勝手は非常に良いのだが、高級感に乏しく、あと一歩進化してほしいと感じる。

カッコ良い系フェイスのヴォクシー、ただしそれだけ?

 オラオラ顔ミニバンの代名詞と言えば「トヨタヴォクシー」であろう。現行モデルは2014年1月に登場した3代目だ。

ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)II

 迫力のあるフロントデザインと、低重心のワイドボディを専用フロントフェンダーパーツで強調し、ちょい悪な存在感を表現した。

 排気量2.0Lガソリンエンジンモデルと、1.8LのTHS-IIを積んだハイブリッドモデルがあり、JC08モード燃費は、前者が14.8~16.0km/L、後者は23.8km/Lだ。

 ヴォクシーの長所はこのデザインにある。大型のフロントグリル、吊り上がったヘッドランプなど、かっこいいデザインは、このようなミニバンを好む方にとっては魅力的であろう。

 さらには、GRスポーツ、モデリスタ、TRDなど、メーカー直結のエアロパーツが豊富にある。ユーザーの好みに応じて、カスタマイズできるのも魅力だ。

プリクラッシュセーフティ(イメージ画像)

 さらには、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーを採用したToyota Safety Sense、プリクラッシュセーフティ、急発進を抑制するドライブスタートコントロール、優秀なACC、駐車枠にまっすぐ入るように自動で、

 ステアリング操作を行うインテリジェントパー-キングアシストなど、ライバル車にある先進安全装備は、抜かりなく備えている。どこを見ても弱点がないのだ。

 ヴォクシーの弱点は、他者との差別化できるポイントが「デザインだけ」という点だ。

 細かく見れば、インテリアはやや古臭く、固定式のインパネ一体型大型コンソールなども、少々時代遅れを感じる(※セレナには1列目にも2列目にもセットできるスマートマルチセンターシートを装備)。

 見た目に惹かれたものは飽きやすいと言う。つまり、今のデザインに飽きられたら終わりなのだ。

ヴォクシーの兄弟車であるノア

 ただし、忘れてはならないのは、兄弟車のノアとエスクァイアが控えていることだ。

 それらのデザインバリエーションまで含めれば、この弱点も補完しあえる。トヨタの包囲網は完璧だ。

ワクワクゲートにチャレンジしたステップワゴン、しかし評判は今一つ

 「ミニバンブームの火付け役」ともいえるステップワゴンの現行モデルは、2015年4月に登場した5代目。

5代目ステップワゴン スパーダ ハイブリット (2017年マイナーチェンジ)

 2世代前は、ホンダお得意の低床、低重心を売りとした背低ミニバン(全高1770ミリ)をアピールしていたが、現在は全高1840ミリまで背高になっている。

 1.5L VTECターボエンジンのガソリン車と、主に発電をする2.0Lエンジンと2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を積んだハイブリッド車があり、JC08モード燃費は、前者が15.8km/L、後者は25.0km/Lだ。

 そんなステップワゴンの長所は、何といってもテールゲートに横開き式のサブドアを組み合わせた「わくわくゲート」と、3列目シートを左右分割して床下格納できる「マジックシート」だろう。

 テールゲートを中央で折れるようにしたため、リアの視界には縦に黒いラインが入ってはしまうが、そのかぶり代も最小限になる様に、設計されている。

 また、3列目の格納もお見事の一言だ。こうした新技術にトライしたことは非常に評価できる。

横からみたわくわくゲート

 短所は、残念ながら、この「わくわくゲート」の評判がよろしくない。

 わくわくゲート構造化のための補強によって、リアゲートは非常に重く、さらに、リアバンパー下から開く構造のためにゲートが大きく、さらに重くなっている。

 ミニバンであるから、多くの荷物を積み込みたくなるものだが、そのたびに、この大きなリアゲートを開けるのは、大変なようだ。

 また、ハイブリッドの価格が他メーカーよりも割高だ。e:HEVを購入する場合342万円(e:HEV SPADA Gホンダセンシング)。

 近しいグレードのセレナe-POWERは329万円(e-POWERハイウェイスター)、ヴォクシーは334万円(HYBRID ZS)と、10万円強高い。

 運転したフィーリングは良いのだが、前述したように、燃費も特別優れているわけではない。

まとめ

 このように3台を比較すると、やはりセレナの強さが際立っているように見える。そろそろ各車共に、モデルチェンジがなされるころであろう。

 このままセレナe-POWERが優勢を続くのか、はたまた逆転されるのか、今後もミニバン最激戦区の動向からは、目が離せない。

 ※3台の長所・短所は、筆者の個人的な見解のため、同意できない意見があってもご容赦願いたい。

【画像ギャラリー】セレナ、ヴォクシー、ステップワゴンの初代と最新型をみる

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ