【新型タフト ムーヴ アルト!!】 続々登場!! 軽の二大巨頭ダイハツ&スズキ 熱い新車スケジュール


 片や、昨年(2019年末)に発売されたロッキー、東京オートサロンで世界初公開を果たした新鋭タフトも好評なダイハツ、片や、発売を間近に控え受注も絶好調なハスラーを送り出すスズキ。

 かつて、軽自動車の雄として熾烈な争いを繰り広げてきたスズキとダイハツだが、舞台は軽のみにとどまらず、その存在感は日に日に増していると言っていい。

 さて2020年はどうか。下の登場予定カレンダーをもとに、5台の最新情報を取り上げてみた。

■2020年 スズキ&ダイハツ新車カレンダー
2月 スズキ ハスラー
4月 ダイハツ タフト
8月 ダイハツ ムーヴ
10月 スズキ エスクード
12月 スズキ アルト
12月 ダイハツ 新型ミニバン

【画像ギャラリー】アルト、ムーヴ、タフト… スズキ&ダイハツの新型たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです
文:ベストカー編集部/写真:DAIHATSU、SUZUKI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月26日号


【4月登場予定!】タフに使える軽クロスオーバーこれが「ダイハツ流アソビゴコロ」!! ダイハツ タフト

 ダイハツが先日開催された東京オートサロンで出展された「TAFTコンセプト」が、6月に市販モデルとして正式にデビューする。

 写真を見てのとおり、このタフト、先だっての東京モーターショーに出展された「WakuWaku」だ。

下の写真は2019年東京モーターショーに出展された「Waku Waku」。上が市販モデルとなるTAFT(タフト)。色味を除けばほとんどそのままだということがわかるだろう

 ヘッドライトやバンパーの開口部など、細部はもちろん市販モデルとして変更されているが、全体的なフォルムはそのまま。

 ブラック樹脂の前後フェンダーの形状も同じだし、リアドアサイドウィンドウの形状も同じ(オレンジ色の樹脂製蓋は付いていないけれど)。ルーフは大きなガラスルーフを採用するモデルが用意されるという。

これはショーモデルWakuWakuのインパネだが、基本的なデザインは踏襲されるはずだ 

 基本的にはタントで新開発されたDNGAプラットフォームをベースに開発されている。つまり、2020年12月にモデルチェンジが計画されている新型ムーヴの派生モデルが先にデビューする、というイメージ。

 エンジンは直3、658ccのNAとターボ、これにダイハツ自慢のD-CVTが組み合わされて高いドライバビリティを発揮する。

 ちなみに『タフト』という名称、1974年から1984年にダイハツに存在したクロカン4WDの名称を受け継いだものだ。

これが1974年から1984年の間に市販されていたダイハツタフト。軽自動車ではなく小型車サイズの本格的オフロード4WD。この名称を受け継いだ

■タフト予想スペック
・全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1630mm
・ホイールベース:2460mm
・車両重量:850kg
・エンジン:直列3気筒DOHC、658cc
・最高出力:52ps/6900rpm
・最大トルク:6.1kgm/3600rpm
・トランスミッション:CVT
・価格:120万~160万円

【8月登場予定!】DNGAコンセプト採用で完成度大幅UP! ダイハツ ムーヴ 

 初代ワゴンRが先鞭を付けた軽ハイトワゴンのカテゴリー。

 すでにカテゴリーとしては定着し、各社とも魅力的なモデルの開発に鎬を削る状況だが、新型ムーヴは同カテゴリーの話題を一気にさらうほどの強力モデルとなりそうだ。

画像はベストカーによる予想CG

 注目はDNGAコンセプトの採用。すでにタントにも採用されているが、剛性を大幅に高めつつ軽量化も同時に達成するプラットフォーム、加速力の向上、トップレベルの実燃費など、DNGAの思想を取り入れることのメリットはとても大きい。

 現行ホンダN-BOX登場時に「クラスを超えたデキ」とよく言われたが、新型ムーヴ登場の暁には、同様の評価が多く寄せられることになるだろう。

 搭載パワーユニットはターボとNA、そして登場時期はやや遅れるが、ハイブリッドも設定される予定だ。

DNGAコンセプトの恩恵のひとつが優れたプラットフォーム。高剛性かつ軽量化にも寄与する

次ページは : 【10月登場予定!】現行型同様にハンガリーからの逆輸入SUVが進化 スズキ エスクード

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ