え?? シルフィがエクストレイル越え!? 日産 世界で売れてる車 ベスト10【2019】


 日本で売れている“日産”と世界で売れている“NISSAN”の顔ぶれは全然違う!? 2019年の車種別グローバル販売でベスト10に入った「世界で売れてる日産車」は?

「日本で売れている日産車」といえばノートやセレナ、軽自動車のデイズ/デイズルークスといった車種だろう。

 では、「世界的で売れている日産車」はどのような顔ぶれとなるのか? このほど当サイトの日産自動車への取材で、2019年のグローバル販売台数が判明。

 なんと世界首位はシルフィでエクストレイルを上回る販売台数を記録! ほかにも意外な日本未発売の日産車がベスト10に名を連ねる結果となっている。

文:永田恵一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日産 世界販売ベスト10車&選外の日本未発売車


日本で売れた日産車ベスト10は?

2018年には日産車として初の登録車販売台数No.1を獲得したノート。2019年も国内の日産車で「最も売れた車種」となっている

 日産は、日本で2019年に登録車を約30万5000台、軽乗用車を約16万2000台と、乗用車を合計約46万7000台販売した。

(※商用車は軽が約3万8000台、4ナンバーの小型商用が約6万2000台の合計約10万台と、商用車の販売台数も小さくない)

 軽を含んだ乗用車販売ベスト10は以下の通りだった。

◆日産 2019年暦年 販売台数ベスト10【日本】
1位:ノート/11万8472台
2位:セレナ/9万2956台
3位:デイズ/8万9371台
4位:デイズルークス/6万8068台
5位:エクストレイル/3万6505台
6位:リーフ/1万9789台
7位:マーチ/9343台
8位:エルグランド/6729台
9位:キューブ/4331台
10位:スカイライン/3797台

 6位までのリーフが国内乗用車販売の約91%を占めており、統計を見ると改めて主力車種への依存度が高いことがよくわかる。

 また、8位のエルグランドは、アルファード/ヴェルファイアに対しては完敗ながら日産の国内販売で見ればまずまず売れており、300万円以上する高価な車種であることを考えると、現行モデルの登場から10年が経っても廃止にならない理由も理解できる。

日本未発売モデルが上位に! 日産世界販売 1~3位

■1位:セントラ・シルフィ・ティーダセダン/70万6000台

シルフィ/日本での年間販売台数:1780台(※写真は新型の中国仕様)

 北米ではセントラ、中国ではシルフィの車名で販売されるこの3台は、日本で売られているシルフィに相当するモデルで、トヨタ カローラやホンダ シビックなどがライバルとなるミドルクラスの4ドアセダンである。

 北米と中国ではすでに新型にフルモデルチェンジされており、クーペルックのスタイルやスポーティなインテリアといった特徴を持つ。

 日本のシルフィも、こちらにe-POWERやスポーツモデルを設定したうえで早期にフルモデルチェンジしてほしい。

■2位:エクストレイル・ローグ/67万9000台

エクストレイル/日本での年間販売台数:3万6505台(5位)

 日本、中国、欧州ではエクストレイル、北米ではローグの車名で販売されるミドルSUV。仕向地によるパワートレーンの違いを除けばおおよそ世界共通だ。

 日本では5位にランクインしているが、グローバルではそれを上回る2位に。

 ミドルSUVは、世界各国で万遍なく需要のあるジャンルだけに、これだけ売れるのも納得できる。

■3位:キャッシュカイ・ローグスポーツ/58万6000台

キャッシュカイ・ローグスポーツ/日本未発売

 中国、ヨーロッパのキャッシュカイ、北米のローグスポーツは、エクストレイル&ローグを全長で250mmほど小型化し、スタイリングなどを全般的にスポーティな方向としたSUVだ。

 日本車で例えればマツダCX-30に近いポジションで、全長4394×全幅1806×全高1595mmとなる。

次ページは : 注目の新型SUVもランクイン! 日産世界販売 4~6位