【エルグランド エクリプスクロス タント!】 人気ミニバン&SUVから続々!! 晩冬の特別仕様車 改良車情報

 エルグランド、エクリプスクロス、タント、ステップワゴンなど国産メーカーの人気モデルから特別仕様車、追加モデル、改良車が続々登場している。

 注目はダイハツタントの新グレード「セレクション」シリーズ。標準タント&タントカスタムに、UV&IRカットガラスやシートヒーター、パノラマモニターなどを標準装備しながら、コストアップ分の約4万~6万円相当を値上げせずに価格を据え置く異例の試みといえる。今まで最後の一歩が踏み込めなかったユーザーには狙い目のグレードだろう。

 そのほか、ジャガーFタイプ、ランドローバー2モデルのマイナーチェンジ(年次改良)にも要注目だ。

【画像ギャラリー】特別仕様車から追加モデル・改良車まで! 全9モデルの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■日産エルグランド「ハイウェイスタージェットブラックアーバンクロム」(特別仕様車・1月29日発売)

 日産のLクラスミニバン、エルグランドに特別仕様車の「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」が設定。1月29日に発売された。

よりダイナミックで高級感あふれるエルグランドが発売。東京オートサロンにも出展された

 今回の特別仕様車は、昨年の1月に続いて発売となるモデル。

 外装には漆黒のメッキフロントグリル&フォグランプフィニッシャー、18インチホイールを装備。内装は、プレミアムタンレザーシートなどを採用し、プレミアム感あふれるモデルとなっている。

●価格:437万3600円~

■三菱エクリプスクロス(一部改良・2019年12月25日発売)

 三菱自動車のエクリプスクロスが一部改良された。

今回はドア周りの改良が実施され、価格は標準のGグレードで8800円アップした

 今回の改良では、フロントドアのインナーハンドルやボトルホルダーなどにLEDイルミネーションを採用(Mグレードを除く)。アンバー色の間接光によって上質な室内空間を演出し、夜間におけるドア周りの利便性も向上した。

 また、特別仕様車「ブラックエディション」も内装色をブラックに統一するなどの変更が行われている。

●価格:258万6100円~

■ダイハツタント“セレクション”(追加モデル・2019年12月23日発売)

 ダイハツの軽スーパーハイトワゴン、タントに新グレードの「セレクション」シリーズが設定された。

X“セレクション”(2WD)はコンフォータブルパック(3万8500円)が装備されながら、価格はベース車から据え置きとなっている

 この新グレードは、タントX、タントXターボ、カスタムX、カスタムRSをベースに、既存のパックオプションであるコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックの3つを、各グレードに応じて標準設定。

 従来オプション装着した場合に比べてお買い得な価格にしたモデルとなっている。

●価格:149万500円~

■ホンダステップワゴン(一部改良・1月9日発売)

 ホンダのベーシックミニバン、ステップワゴンが一部改良された。

2モーターハイブリッドを搭載した仕様を「e:HEV」の名称で展開するステップワゴン

 今回の改良ではハイブリッド搭載モデルの名称を「e:HEV」に変更。また、スパーダの「e:HEV SPADA」は、シート表皮に撥水撥油加工を施した「ファブテクト」を採用し、油汚れなどが付いた時に拭き取りやすいシートを装備。

 さらにe:HEV SPADAでは「わくわくゲート」非装備仕様も設定された。

●価格:271万4800円~

■レクサスNX“ブロンズエディション”(特別仕様車・1月9日発売)

 レクサスNX300にブロンズカラーを内外装に採用した特別仕様車“ブロンズエディション”が設定された。

専用ドレスアップや装備の充実化が図られ、価格はベース車の21万円高となっている

 この特別仕様車はNX300“Iパッケージ”をベースに、ブロンズ塗装の外装を採用。

 内装でもブロンズカラーの専用オーナメントパネルやステッチなどがあしらわれ、内外装でコーディネートしたモデルとなっている。また先進運転支援装備の充実化も図られている。

●価格:490万円~

■日産NV200バネット(仕様向上)

 ビジネスからレジャーまで幅広いシーンで支持されているNV200バネットの仕様が一部向上した。

今回の衝突被害軽減ブレーキの採用によって、AT車は「サポカー」に該当するようになった

 今回の仕様向上では先進安全装備の充実化を実施。衝突被害軽減ブレーキは、フロントカメラに加えてレーダーを採用し、夜間での検知能力をアップ。

 また、ハイビームアシストや車線逸脱警報などの機能も追加された。さらに標識検知機能をキャブオーバークラスでは初搭載。より安全に乗れるモデルになった。

●価格:176万6600円~

■レンジローバー(年次改良・2019年12月23日受注開始)

 ランドローバー社のラグジュアリーSUVであるレンジローバーの2020年モデルが登場。その受注が開始された。

2020年モデルではエンジンラインナップの見直しや、内装装備の充実化などが実施された

 この2020年モデルはエンジンラインナップの見直しが図られたのが主な変更点。パワーユニットは、2種類の5L V8スーパーチャージャー、3L V6ディーゼルターボ、2Lエンジンと116psの高出力モーターを併用するPHEVモデルの3タイプが設定される。

●価格:1493万円~

■レンジローバースポーツ(年次改良・2019年12月23日受注開始)

 ランドローバー社のプレミアムスポーツSUV、レンジローバースポーツの2020年モデルが受注開始された。

レンジローバースポーツの2020年モデルが登場。価格帯は936万~1723万円となっている

 2020年モデルではエンジン構成の見直しを実施。今回新たに新開発の3L直6ガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッド搭載車をラインナップした。

 そのほか2種の5L V8スーパーチャージャー、3L V6ディーゼルターボ、2LのPHEVモデルが設定されている。

●価格:936万円~

■ジャガーFタイプ(マイナーチェンジ・1月9日受注開始)

 ジャガーのスポーツカー、「Fタイプ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸した。

エクステリアが刷新された改良型Fタイプ

 今回のマイナーチェンジは、エクステリアデザインを大きく見直したのが最大のポイント。グロスブラックメッシュ仕上げのフロントグリルやボンネットの形状などが変更され、力強さやたくましさを表現するデザインへとブラッシュアップ。

 LEDのヘッドライトやテールライトのデザインも変わり、エクステリアは全体的に筋肉質でドラマチックなフォルムへと進化した。

 エンジンは、2L直4ターボ、3L V6&5L V8のスーパーチャージャー、全3タイプのガソリンエンジンを設定。

 最上級グレードのFタイプRに搭載される5L V8スーパーチャージャーエンジンは575psと、従来から25psパワーアップしている。

 インテリアは、伝統的なクラフトマンシップと先進機能を兼ね備えたラグジュアリーな空間を実現。そのなかでも、12.3インチのインタラクティブ・ドライバーディスプレイを標準装備したのが改良のポイントとなっている。

●価格:865万円~

【画像ギャラリー】特別仕様車から追加モデル・改良車まで! 全9モデルの画像をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ