新型ロンドンタクシー受注開始!! JPNタクシーの好敵手に!!?

 タクシーは空港からの移動手段に使われることも多く、外国からのお客様が一番はじめに目にしたり、乗車するケースもよくあるクルマである。それだけにアメリカなら黄色のイエローキャブ、イギリスなら黒いロンドンタクシーはその国のアイコンのような存在であり、日本ではJPNタクシーがそれになりつつある。

 乗客として乗る分には非常に快適で文句のないJPNタクシーに小さいながらも影響を与えそうなタクシーとして、ロンドンタクシーの最新モデルがLEVC(London Electric Vehicle Company)ジャパンを通して2020年2月1日から受注が始まり、6月からのデリバリーを開始する。

 当記事では実際に乗れる機会は非常に少ないにせよ、街で見たら目立つだけに気になる最新ロンドンタクシーをロンドンタクシーの歴史なども交えながら紹介したい。

文/永田恵一
写真/LEVC、Adobe Stock

【画像ギャラリー】ついに日本に上陸した新たなタクシー「TX」の姿を詳しく紹介


■運転資格は東大よりも難関!? ロンドンタクシーの歴史

 ロンドンタクシーはもともと馬車の役割がクルマに変わったのがひと目でわかるようなスタイルをしたクルマだった。

 ロンドンタクシーはオースチン「FX3」(1948年)から始まり、ロンドンタクシーらしいユーモラスなスタイルを持つようになった「FX4」(1958~1997年、1984年からはLTI社=ロンドンタクシーインターナショナルが生産)、「TX1」(1997~2002年)、「TX2」(2002~2006年)、「TX4」(2007~2017年)という歴史を重ねている。

1958~1997年という長期にわたり活躍したオースチン「FX4」

 またLTI社の経営権は、2010年から現在ボルボやロータスの親会社でもある中国のジーリー社に移っており、組み立てだけがイギリスで行われていた時期もあった。

 スタイルはあまり変わらないながらも進化を続けたロンドンタクシーだが、歴代乗降性のいい観音ドアや高い全高を生かしたボーラーハットを被ったままでも乗れる広い室内、大柄のボディながらもタイヤの切れ角の大きいFRという点も生かした取り回し(最小回転半径は4m弱!)、FX4以降はスロープを内蔵しており車椅子での車内へのアクセスの良さや車椅子のまま乗車できる社会性の高さといった良きDNAは最新モデルでも不変である。

新型ロンドンタクシー「TX」。2020年2月1日から日本でも受注が始まった。衝突被害軽減ブレーキや、フロント&サイド&カーテンエアバッグなどの安全装備も充実している
ドアは観音開きを採用、乗降性の向上を図っている。最大で250kgまでの重量に耐えるスライド式のスロープも搭載している。写真に見える3人掛けシートのほか、向かい側(運転席の背面)にもう3席シートが搭載されている

 ロンドンタクシーは、ロンドンオリンピックがあった2012年から次期モデルの導入に向けた検討が始まり、当時LTIからロンドンタクシー社に社名を変えた現在のLEVC(ロンドンEV社)と日産が名乗りを挙げた。

 日産は、日本でも販売されアメリカのイエローキャブの1台でもある「NV200」をロンドンタクシー的なスタイルとし、最小回転半径を4m弱としたモデルをプレゼンテーションした。

 しかし、ロンドンタクシーとして採用するにあたり30マイル(48km)EV走行できなくてはならない(要するにプラグインハイブリッド)という条件が加わり、日産は条件をクリアできず撤退。プラグインハイブリッドという条件をクリアしたLEVCの「TX」がロンドンタクシーとして採用され、2017年12月の認可を経て2018年1月からロンドンの街を走っている。

 なおノリッジ試験と呼ばれる、ロンドンタクシーの運転資格は運転技術に加え、ロンドンの施設や道路といった地理をすべて覚え目的地までの最短距離を即座に答えなければならないという、日本で言えば東大の入試に合格するより難しいと言われるくらいの難関だ。

 それだけに、20年ほど前に筆者がロンドンに行った際には「ロンドンのタクシーは資格が厳しいからまったく心配ない」と言われた記憶があり、今になるとその意味がよくわかる。

■最新技術が投入された新たなロンドンタクシー

 最新のロンドンタクシーとなるTXもボディサイズは全長4855×全幅2036×全高1880mmと、相変わらず大柄である。キャビンは運転席と客席がパーテーションで仕切られ、荷物は普通のクルマの助手席部分に積む点も不変だ。また乗客は前席背面に後ろ向きに座る3人+後席3人の6人と、今までの前席背面に2人で合計5人だった先代に対し1人増えた。

 外から見ると違いが分からないTXだが、中身は前述したようにプラグインハイブリッドと最新だ。具体的にはエンジンはジーリーのアライアンスを生かしボルボの3気筒1.5Lガソリンを搭載し、エンジンは発電だけに使われるシリーズハイブリッドとなっており、この点は日産のe-POWERと同じだ。モーターは小回りに条件を満たす目的もありリアデフと一体となっており、駆動方式はプロペラシャフトのないFRだ。

「e-city」と呼ぶ新しいレンジエクステンダーシステムを採用している

 バッテリー容量は、31kWhと先代リーフの後期モデルに加わった大容量版と同等で、EV走行距離は公表値で130kmとなり、30L入るガソリンと合わせると航続距離は約600kmを誇る。なおタクシーにはあまり関係ないが最高速は128km/hと発表されている。

 またハイブリッドシステムはEVモード、バッテリー残量や速度域によってEV走行とHV走行を切り替えるスマートモード、市街地での走行などに備えバッテリー残量を温存するセーブモードがあり多彩だ。

水冷式の31kWリチウムイオンバッテリーを搭載して外部からの急速充電にも対応

 さらにボディも骨格は溶接箇所のないアルミ製、外板パネルは樹脂製と最新技術を使った軽量化も行われている。またエンジンに加え、ハンドルや運転席のタッチパネルなどもボルボのものとなっている点も目を引く。

運転席のデザイン。随所にボルボの車両と同じ部品が採用されている。助手席はなく、大きな荷物を置けるスペースとして活用される

 TXの日本での価格は1120万円と高価だが、東京都で営業ナンバーでの登録なら補助金364万円があるため実質756万円となる。高価なことは変わらないにせよ、その技術レベルの高さや主に結婚式などに使う個性派タクシーとしての導入、大きな整備を必要とするサイクルが4万kmと長いことやバッテリーの寿命が100万kmと一生ものということなどを考えれば、納得できるところと言えそうだ。

東京オリンピックを前にかなり普及が進んだJPNタクシー。「お年寄りやハンディがある人への優しさ」や「環境に優しく安全なタクシー」を目指してトヨタが送り出した次世代タクシーが、ライバルを迎え撃つ

 それだけに多くは売れないにせよ、TXは東京オリンピックまでに街で走っている姿を見たいのに加え、乗車できる幸運に恵まれたいタクシーである。

 なお、LEVCでは今後TXを商用車としたプラグインハイブリッドのバンも市場投入への準備を進めており、こちらの日本導入も楽しみだ。

こちらはPHEVの商用バン。2020年から海外市場に投入される。航続距離などは「TX」と同等になっている

【画像ギャラリー】ついに日本に上陸した新たなタクシー「TX」の姿を詳しく紹介

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ