【祝 N-WGN生産再開!! 新型タフトは7月?? ほか】 新車情報続々最新販売レポート

 月に200店ものディーラーを周り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、生産を再開したホンダ N-WGN、そしてダイハツ タフトの発売日、フィットの納期について動向を詳しく。 

 そのほか、ダイハツやスズキの決算セール販促キャンペーン、今年春から夏に登場予定のニューモデル情報など、今回も盛りだくさんの内容でお伝え!

【画像ギャラリー】ハリアー、ルークス、フィット、タフトなど…ニューモデル&決算キャンペーン情報をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものに適宜修正を加えたものです
文:遠藤 徹/写真:HONDA、DAIHATSU、SUZUKI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■ホンダ N-WGNが生産再開! 月産1万台規模でフル稼働に

 電動パーキングブレーキの不具合で生産を中止していたN-WGNですが、今年初め、4カ月ぶりに生産を再開しました。当面は月産1万台規模で組み立てる方針です。

4カ月ぶりに生産を再開したホンダ N-WGN

 組み立てラインは止めていましたが、受注は継続していたため、バックオーダーは3万台程度たまっている状況にあります。したがって今後の受注分の納期は4月にずれ込んでいます。

 最近は中間グレードのカスタムLLホンダセンシングを中心に堅調に売れています。

■ダイハツ 新型タフトの発売は7月?

 ダイハツは今夏の7月にも新型SUVタイプ軽自動車「タフト」を発売する方向でスケジュール調整をしている模様です。

東京オートサロン2020に出店された「ダイハツ タフトコンセプト」

 タフトは2019年末に生産中止したキャストアクティバ&スポーツの後継モデルであり、外観はよりいっそうSUV色を強めているのが特徴です。

 現行タント同様にプラットフォームやエンジンなどの基本コンポーネンツを刷新したモデルでもあり、660ccのNAとターボエンジン、2WDと4WD、そしてCVTを組み合わせたラインナップとなります。

■ホンダ 新型フィットの納期は5月にずれ込み

 2月13日発表、14日に発売するホンダの新型フィットが先行予約の段階で納期が5月以降にずれ込む好調ぶりをみせています。

新型フィットはすでに先行予約が行われていて、そのオーダーはかなり好調。納期は5月以降にずれ込んでいて、今後はさらに伸びそうな状況

 新型フィットは昨年12月中旬から先行予約の受付を開始していて、1.5Lハイブリッド車、1.3Lガソリン車ともに受注推移は好調で、月産1万5000台規模で生産を立ち上げていますが、納期は日を追うごとに先送りになっている状況です。

 3月いっぱいの受注分までは1.9%の特別低金利の残価設定クレジットを実施していて、これも追い風になっており、オーダーの半分以上がこちらの5年60回払いを利用しています。

■スズキは3月31日までの販売キャンペーンを実施中

 スズキは3月31日までの決算セールで1.9%の低金利残価設定クレジット「かえるプラン」を実施しています。対象モデルはジムニー&ジムニーシエラを除くスズキの四輪新車で、幅広い車種に対応しています。

 通常年率は軽自動車3.9%、小型車2.9%ですから、これらを1~1.6ポイント引き下げています。5年60回払い、3年36回払い、4年48回払いがあり、4年はエブリイJOIN(MT車を除く)に限定しています。

 この金利引き下げ効果は10万~20万円分の値引き上乗せ効果があり、残価設定クレジットの利用率の引き上げにも役立っています。

スズキは3月いっぱいまで通常より金利を1ポイント以上引き下げた1.9%の低金利残価設定クレジットをジムニーシリーズ以外の車種を対象に実施中

■ダイハツは決算セールで大型キャンペーンを展開中

 ダイハツは3月31日までの決算セールで大型サービス企画を展開しています。

 対象車種が限定されますが、6万~10万円分の用品プレゼント、ナビパック割引、残価設定クレジットによる成約者には用品プレゼントなど、多岐にわたります。

 用品10万円プレゼントはトール、ブーンの小型車が対象。6万円の「スマアシ割」はタント、ムーヴ、キャスト、ミライース、ミラトコットの軽自動車が対象。ナビパックキャンペーンは地域によって多少の差があります。

ダイハツ トール
ダイハツ ブーン

 また、ナビやドライブレコーダー、ボディコーティング、ワイドバイザー、スカッフプレートカバー、カーペットマットなどをセットで購入すると、最大10万円の割引が受けられるサービス企画も車種によって用意されています。

■トヨタ ハリアーは6月17日にフルモデルチェンジか?

 トヨタは6月17日にもハリアーをフルモデルチェンジする方向でスケジュール調整をしている模様です。

 次期モデルはキープコンセプトで世代交代しますが、新たにTNGAプラットフォームを採用。クォリティアップして上級シフトさせます。先進安全装備「トヨタセーフティセンス」は最新の進化バージョンを標準装備します。

トヨタの売れ筋SUVであるハリアーは6月にフルモデルチェンジする可能性が高い。パワーユニットは2L NAと2Lターボ、2.5Lハイブリッドを用意(写真は現行型)

 パワーユニットは、2LガソリンのNA、同2Lターボ、2.5Kハイブリッドが設定され、いずれも2WDと4WDの組み合わせがあります。

 乗車人数は2列シート5人乗りのほか、3列シート7人乗りも設定する方向ですが、3列シート車はRAV4に採用される可能性もあります。

 なお、現行モデルは3~4月納車分まで生産しますが、2月いっぱいでオーダーはストップする見通しです。

関連記事→【ついにデビュー日判明!!】新型ハリアーは6月17日発売!!! 全グレード体系&最新情報捕捉

■日産 新型ルークスを3月19日に発売

 日産はデイズルークスの後継モデルである「新型ルークス」を3月19日に発売します。

 ブランド違いの同型車である三菱自動車の新型eKスペース/eKクロススペースは2月6日発表、2月19日発売のため、両モデルは発表・発売の時期がずれることになります。

日産 新型ルークス X
日産 新型ルークス ハイウェイスター

 新型ルークスは先進運転支援システムの「プロパイロット」や足をフロア下にかざすとスライドドアが自動的に開くオートスライドドアを標準装備するなどで、従来モデルと比べると約10万円の値上げとなる見込みです。

 新型ルークスは月販1万台以上の売れゆきを目指し、N-BOX、タント、スペーシアを追撃する方針です。

 なお、従来のデイズルークスはすでに生産を打ち切っており、販売店の在庫は極端に少なくなっている状況です。

関連記事→【早くも受注2万台突破!?】日産の虎の子 新型ルークス発表!! 車名一新で王者N-BOXに挑む!!

■ホンダ 新型アコードを発表、発売

 ホンダはフルモデルチェンジした新型アコードを2020年2月21日に発表、発売しました。

ホンダ アコード

 北米向け仕様がベースで、改良型2Lハイブリッドを搭載。2WDのみでグレードはEXの1タイプのみとなります。車両価格は465万円で、タイからの輸入モデルに切り替えられます。

 1月下旬現在での納期は4月以降となっています。

関連記事→【累計2000万台!! 日本市場で再起はあるか】ホンダの名門 10代目アコード上陸

【画像ギャラリー】ハリアー、ルークス、フィット、タフトなど…ニューモデル&決算キャンペーン情報をギャラリーでチェック!!!


最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ