【SUVランキングに地殻変動あり!!? ほか】 カテゴリー別 2019年新車販売 トップ10

 「【N-BOX 3年連続No.1!!!】 2019年登録車&軽自動車 販売ランキング そこから見えるもの&見えないもの(3月15日公開)」、「【メルセデス5年連続の首位!!! モデル別では??】 2019年 輸入ブランド新車販売ランキング(3月15日公開)」と紹介してきた2019年の販売台数ランキング。今回はカテゴリー別の2019年新車販売トップ10をお送りする。

 全体を俯瞰してみてみると、とくにSUVカテゴリーにおいて販売台数を著しく落とした車種が多いことに気づく。年末に登場したロッキー&ライズなどに代表される新興勢力の影響か、はたまた世界的なクーペタイプの流行など、より大きな流れが地殻変動を引き起こしているのか? 今年も注目してみていきたい。

2019年国内メーカー年間販売台数
・1位 トヨタ 158万7636台(154万765台/103.0%)
・2位 ホンダ 71万2894台(73万3096台/97.2%)
・3位 スズキ 69万1270台(71万152台/97.3%)
・4位 ダイハツ 61万5240台(64万6781台/95.1%)
・5位 日産 55万8249台(60万3839台/92.4%)
・6位 マツダ 20万3462台(22万1281台/91.9%)
・7位 スバル 13万1261台(14万8453台/88.4%)
・8位 三菱 10万304台(10万1474台/98.9%)
・9位 いすゞ 8万1442台(7万6747台/106.1%)
・10位 日野 6万9791台(7万811台/98.6%)
・11位 三菱ふそう 4万1272台(4万2348台/97.4%)
・12位 UDトラックス 1万388台(9974台/104.2%)
※日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会の公表データをもとに作成。上記台数は特殊車・トレーラーを除く登録車と軽自動車の合計。また()内は2018年の販売台数/2018年比

【画像ギャラリー】各カテゴリーのトップモデルとランキング表をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです。各表中の台数は2019年の年間販売台数。%は前年比です
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■【コンパクトカーカテゴリー】 日産ノート首位を守る! フィット・ヤリス参戦でどうなる??

 コンパクトカーのランキングは2018年からあまり動きが見られず、ノートが首位を獲得。

 2位にアクア、3位にルーミーと“いつものメンツ”という感じ。2020年にはヤリス、フィットなどの新型車がノートにどこまで迫るのか。

首位を守ったノート。ヤリス、フィットを迎え撃つ!

■【SUVカテゴリー】 ハスラー辛勝! 人気車種の勢いに陰りが見られる!!?

 SUVのランキングにはCOTYに輝いたRAV4が4位にランクイン。1位のハスラーまでとの差は約4000台と僅差だ。

 ヴェゼル、C-HR、エクストレイルといった人気車種が軒並み販売台数を落としており、流行の移り変わりの早さを感じさせる。

 2019年後半に発売されたライズ、ロッキー、CX-30といった新型車のほか、新型ハスラー、4月発売が予想されるタフトなど、2020年も目が離せないカテゴリーだ。

2019年12月にフルモデルチェンジが発表されたスズキ ハスラー。今年も勢いを保てるか?

■【セダン・ハッチバック・ワゴンカテゴリー】 プリウス圧勝! モデルチェンジが奏功?

 セダン・ハッチバック・ワゴンをひとつのランキングにまとめた結果、プリウスが圧勝した。

 2位には旧型カローラ2車種が販売台数を落としながらもランクイン。トヨタがこの旧型カローラをカタログ落ちさせない理由がわかるというもの。

 新型カローラは販売開始から4カ月でこの位置にランクイン。ツーリングが販売を牽引しており、トヨタの新たな顔になれるか注目だ。

 今年も12万台を超えたプリウス。燃費No.1はヤリスに譲るが、登録者販売台数No.1は譲れない!

■【ミニバンカテゴリー】シエンタ、アルファード昨年比大幅増!

 ミニバンはシエンタ、アルファードが販売台数を大きく伸ばしている。

 トップ10のうち6台がトヨタ車というランキングになっており、日産、ホンダの頑張りに期待だ。

好調つづくシエンタ。唯一の11万台超え!

■【スポーツ&GTカテゴリー】スープラ登場!! レクサス、コペン伸長!!!

 スポーツ&GTのランキングではスープラが初登場。

 コペンも販売台数を伸ばしており、トヨタが販売するコペンGRスポーツと合算すると3位に相当する。

 果たして来年はロードスターを捉えられるか?

昨年(2019年)11月にも年次改良を施すなど余念ないマツダ ロードスター

■【軽自動車カテゴリー】N-BOXやはり強し! N-WGN、ルークス&eKスペースなど新型勢はどこまで食い込む?

 軽自動車はN-BOXがやはり強い。去年より数字を伸ばしているのが凄い。あっぱれである。

 タントはフルモデルチェンジの効果か、前年より4万台近く販売台数を伸ばしておりこちらもあっぱれ。2020年はここに新型N-WGNが入ってくるだろう。

昨年(2019年)10月にマイナーチェンジを受けたホンダ N-BOX。盤石の強さは今年も続く!!?

【画像ギャラリー】各カテゴリーのトップモデルとランキング表をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ