【BMW、アウディ、ベンツ…】 なぜいまクーペが世界を席巻しているのか?

 近年、欧州車を中心に世界的に増えている4ドアクーペ、SUVクーペといった新世代のクーペモデル。

 ベンツやBMW、アウディなどは通常のセダンやSUVとは別に、これらのクーペタイプのラインナップを充実させているし、他メーカーも続々とクーペSUVを発表している。

 まさにニュージャンルとなっている“新世界クーペ”の注目車から、残念ながらその潮流が日本には来ていない理由、その一方で世界的にはラインナップが増えている現状にまで迫る!

【画像ギャラリー】日本の誇る傑作クーペ カリーナEDから新世界クーペまで!総勢23台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです
文:清水草一、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月10日号


■CHAPTER-1 日本車から始まった! 絶版新世界クーペ傑作選

(TEXT/清水草一)

 初代メルセデスCLSが登場した時、日本のクルマ好きは誰もがこう思った。「これってベンツのカリーナEDじゃん!」と。

 CLSが登場したのは2005年。対するカリーナEDは1985年。そこには20年という長い年月が横たわってはいるものの、4ドアクーペというコンセプトそのものは同じ! 狙いはズバリカッコだけってのも完璧に同じ!

●トヨタ 初代カリーナED

初代カリーナEDは1985年登場。当時最も全高の低い4ドアとしても注目された。搭載エンジンは2Lと1.8Lの4気筒を設定

 その後欧州では続々と4ドアクーペが登場し、クーペSUVも出まくっているが、4ドアクーペの元祖は日本なんだヨ~~! ついでにクーペSUVもスズキX-90が元祖ですかね? 2ドア2シーターだったので微妙ですが。

 とにかくですね、1985年に登場したカリーナEDは超絶大ヒットし、2代目、3代目と続き、兄弟車のコロナエクシブや小型版のセレス/マリノへと増殖。

 マツダはペルソナ/ユーノス300で追撃し、アンフィニMS-8へと受け継がれた。日産はプレセアで、三菱もエメロードで追いかけた。

 しかし結局のところ、傑作と言っていいのは初代カリーナEDだけだった! と断言したい。初代EDはなにせデザインがよかったッスから! 絞りの効いた直線基調は日本人好みのエレガンスに満ちておりましたよ!

 ぶっちゃけ、初代カリーナEDはソアラの4ドアクーペ普及版みたいなもの。憧れのソアラを、皆様にも使いやすい4ドアにして、ちょい小さく、そしてお安く作りました! というもので、みごとに時代と寝ておりました。

 その後のフォロワーたちは振り返る価値ナシ! あとはすべて時代のあだ花だ!

 あえて言えば、ペルソナのインテリアリズムは突き抜けていたので、次点とさせていただきます。

●マツダ ペルソナ

内装デザインにもこだわったマツダのペルソナ。1988年登場

■CHAPTER-2 新世界クーペ現行モデル、美しい度選手権BEST5

(TEXT/清水草一)

 近年は4ドアクーペやクーペSUVが増えているが、今日本で買える現行型のこれらクーペのなかでも、美しいのはどれだ!? を独断で決めさせていただきます。

 まず、近年欧米で流行りまくりのクーペSUVだけど、純粋なデザインの美しさという観点では、4ドアクーペに対してどうしても劣勢になる。

 時代の波に乗ったイケてるイメージとか、いい生活してる雰囲気はSUVクーペのほうが上だが、速く走るうえで圧倒的に不利な形状を無理に速そうなカッコに仕立てているので、機能美を得るのはムズカシイ。

 そんななかで一番美しいのは、ジャガーのEV、Iペイスじゃないか。このクルマは床下にバッテリーを敷き詰めているので、車高の高さもある意味必然。クーペSUVのフォルムに機能美が感じられるのです。これが5位ですね。

●5位 ジャガーIペイス

昨年に日本上陸したジャガー初のEVモデル。前後のオーバーハングが短い独特なフォルムが特徴

 4位以上はすべて4ドアクーペだ。

 4位はプジョー508。地味めだけどとってもシュッとスタイリッシュで、古典的にカッコイイ。中高年にはたまらん。

●4位 プジョー508

セダンだがクーペのようなファストバックスタイルに生まれ変わって、昨年3月に上陸した508

 3位はアウディA5スポーツバック。アウディデザインはどれも精緻をきわめておりますが、ここ最近はスポーツバック系が一番イケてるんじゃないか。A7スポーツバックもカッコいいけど、全体のまとまりのよさでA5を選びました。

●3位 アウディA5スポーツバック

実用性も備えたA4の4ドアクーペモデル

 2位は、元祖(?)4ドアクーペの3代目の子孫、メルセデスCLSだ。サイド面にはほとんどラインがなく、実に雄大かつゴージャス。

 特に夜、ライトの当たり具合によっては面の美しさに息を飲む。クルマの存在感としてはSクラスをも上回っている!

●2位 ベンツCLS

Eクラスがベース。現行型は3代目で2018年に日本上陸

 そして第1位は、同じメルセデスのAMG GT 4ドアクーペです。このクルマは、CLSの雄大さがさらに強調されておりますが、さらにスポーンとシンプルでスピード感のあるフォルムを持っている。しかもサイズは全長5メートル超!

 このデカさでこのシンプルさ。もうそれだけで迫力がスゲエ。巨鯨そのもの。参りました。

●1位 メルセデスAMG GT 4ドア

2014年に登場した2ドアクーペとロードスターもある。4ドアクーペは3Lターボ+マイルドハイブリッドと4Lターボを搭載

■CHAPTER-3 もっとガンバレ!? 日本の新世界クーペ

(TEXT/編集部)

 欧州車ではベンツやBMW、アウディといったドイツのプレミアム3は、通常の4ドアセダンやSUVとは別に4ドアクーペとクーペSUVのボディバリエーションを次々と加えて、ラインナップを充実させている。

 そのほか、ランボルギーニやマセラティといったスーパースポーツカーブランドもスポーティなSUVをラインナップに加えているのだが、そんな世界的な流れにやや乗り遅れてしまっているのが日本車だ。

 日本車は世界でいち早く1980年代から1990年代にかけてカリーナEDをはじめとした4ドアクーペのような背の低いスタイリッシュサルーンが登場したにもかかわらず、現行モデルに4ドアクーペはなし。

 クーペSUVも、マツダのCX-30が昨年(2019年)9月に登場したものの、三菱エクリプスクロス、トヨタC-HR、レクサスUXがある程度。マツダCX-3などもスタイリッシュでクーペSUV系のモデルといってもいいが、それでも車種数は少ないといえる。

●マツダ CX-30

ミドルクラスSUVのCX-5に対して、クーペフォルムのSUVとして登場したCX-30

●三菱 エクリプスクロス

スタイリッシュなスタイルがウリの三菱 エクリプスクロス

●トヨタ C-HR

個性的なスタイルが特徴のC-HR

 スバルがコンセプトカーを今年のジュネーブショーで発表していて、今後はそれの市販化が間違いなくありそうだが、そのほかにもクーペSUVを中心に新世界クーペの登場に期待したいところだ。

●スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト

スバルのコンセプトカー、「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」

■CHAPTER-4 本家本元、正統派も集まれ! 世界の2ドアクーペ ベスト5

(TEXT/清水草一)

 正統派クーペといえば2ドアクーペ。現行モデルの輸入車&国産車の2ドアクーペのデザインベスト5を選んでみた。今回は正統派クーペってことで、ミドシップやRRのスーパースポーツ系は除きました。

 第5位は、ちょいムリヤリだけど、国産から唯一入選のマツダロードスターRF! 素のロードスターなら堂々と第2位くらいに入れたいんだけど、今回はクーペなので。

●5位 マツダ ロードスターRF

 第4位は、もう10年選手ながら、マセラティのグラントゥーリズモ。あのニュッと突き出た口がたまらん。イタリアンアートそのものだ。

●4位 マセラティ グラントゥーリズモ

 第3位は、アウディTTクーペ。なんだか地味な存在になっちゃってるけど、デザインはものすごく凝縮感が高くて美しい。コンパクトなクーペそのものが希少な存在になってるし、絶滅してほしくない美しさです。

●3位 アウディ TTクーペ

 第2位は、ベントレーのコンチネンタルGT。これまたあんまり注目されないですけどね、実物を見るとすべての面の美しさに息を飲む。すべてが流れるように豊潤です。

●2位 ベントレー コンチネンタルGT

 そして第1位は、ブッチギリでアストンマーチンDB11だ。この美しさの前には誰もがひれ伏すしかございません。

●1位 アストンマーチンDB11

4L V8と5.2L V12のツインターボエンジンを搭載するアストンの中心モデルがDB11

■CHAPTER-4 4ドア&SUVの「新世界クーペ」、続々日本上陸!

 最近も4ドアクーペとクーペSUVの新型車は続々と日本に上陸している。2019年10~11月には、BMW2シリーズグランクーペ、アストンマーチンDBXが日本で発表されたばかりだ。

●BMW 2シリーズグランクーペ

BMWのコンパクトな4ドアクーペ、2シリーズグランクーペは10月31日に受注開始

●アウディQ3スポーツバック

アウディQ3に加わったスポーツバックは本国では発表ずみ。日本は2020年導入か?

●アストンマーチンDBX

アストンマーチン初のSUV、DBX。日本でも11月21日に発表された。価格は2299万5000円~

■まとめ なぜ「新世界クーペ」が増えているのか?

(TEXT/清水草一)

 現世は新世界クーペ花盛り。いったいナゼ?

 ひとつは、1980年代後半の日本同様、世界の景気がいいからでありましょう。

「俺は不景気だよ!」って言う人もいるでしょうが、日本はともかく、アメリカ経済は好調、欧州もまずまず。中国だって減速したけど、それでもケタはずれの経済成長ぶり。

 景気がよければ実用よりカッコ優先でクルマを選びたくなるってもんだ。逆に言うと、日本ではまだ新世界クーペが一部富裕層向けにとどまってるのは、相変わらず日本の景気はそれほど上向いてないからだ。

富裕層に人気を集めたポルシェカイエン。そのクーペ版も今年ラインナップに加わった

 もうひとつは、クルマが実用品から離れ、アクセサリー的要素が年々徐々に増しているからってのがある。

 クルマ選びの際、室内がどれだけ広いかとか、加速や燃費がどうだとか、ユーザー側はそれほど重視しなくなってきている。

 今のクルマはどれを買ってもある程度の性能は満たしていて、実用上困ることはないですから。あっても複数台所有で補える。

 だったらカッコで遊んで周囲から「イケてる~」って見られたほうがいい。そういうことなんじゃないか。

 まあ、日本ではまだあんまりそうなってないけれど、それでも一部にそういう動きは出てるよね。最大の要因は景気なんだよ!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)


【番外コラム】ステーションワゴンもクーペ化の時代

(TEXT/編集部)

 SUVクーペと4ドアクーペのほかにもうひとつ、これも“新世界”のクーペといえるボディタイプが「シューティングブレーク」だろう。流麗なフォルムを持つ、まさにクーペ版ステーションワゴンだ。

 かつてシューティングブレークは3ドアのスポーツワゴンなどにその名が使われることが多かったが、近年では2012年にベンツの2代目CLSにシューティングブレークを設定。

 現在は新型CLAにシューティングブレークがラインナップされている。なお日本車ではレヴォーグがシューティングブレーク路線を狙っていたようだ。

Aクラスがベースの4ドアクーペであるCLAのワゴン版。CLAシューティングブレークは現行型で2代目

【画像ギャラリー】日本の誇る傑作クーペ カリーナEDから新世界クーペまで!総勢23台をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ