【格安ドラレコやPHVには弱点もある??】 いま大注目の装備&システム 9選 その長所と短所


 PHVにマイルドハイブリッド、クリーンディーゼル…クルマやクルマの周りの装備やシステムは、言ってみれば発明のカタマリみたいなもので、もちろん便利なのは当然だが、一方で弱点、短所もまたある。

 ドラレコやオールシーズンタイヤなどのトレンド装備からプラグインハイブリッドなど先進のシステムにいたるまで幅広く、長所と弱点を自動車評論家3人が解説する!

【画像ギャラリー】今年登場期待の2台!! トヨタGRヤリス&RAV4 PHVをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:渡辺陽一郎、高山正寛、国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■スーパーハイトワゴン型軽自動車の長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 2019年(暦年)の国内販売は、1位がN-BOX、2位はタント、3位はスペーシアだ。すべて全高が1700mmを上回るスライドドアを備えた軽自動車で車内が広い。

 後席を畳めば自転車などの大きな荷物も積める。スライドドアは、開いた時でもドアパネルが外側へあまり張り出さず、狭い場所でも乗り降りしやすい。軽自動車だから税金が安く、燃費も優れ経済的だ。

 その半面、ボディが重くNAエンジンでは動力性能が不足し、背が高いから操舵感も鈍い。立体駐車場を使いにくく、価格は1.3Lのコンパクトカー並みで高い。

昨年も売れ筋ぶっちぎりのスーパーハイトワゴン軽だが、軽さを犠牲にしているためNAエンジンでは動力性能が不足しがちな面も

■PHV(プラグインハイブリッド)の長所と短所

(TEXT/国沢光宏)

 一般的な長所を書くなら「短距離の移動なら安価な電力を使え、ロングドライブする時は燃費いいハイブリッド車になる」というもの。

 昨年プリウスPHVをセントラルラリーのレッキ車として使ったけれど、山の中を含め25km/Lも走った。

 ハイブリッド車としての燃費性能もステキだ。動力性能だって期待できる。今年発売のRAV4のPHVなど、トヨタ車で最も0~100km/h加速が速いと言われてるし。

 性能面で評価すると大きな弱点なし。実用面から評価した時の弱点(短所)は価格だろう。ふつうのハイブリッド車でもエンジン車よりも高価。大容量バッテリー積むPHVになると、ハイブリッドより3ランクくらい高い。ただ今後は電池の価格だって下がっていくことだろう。

チョイ乗りでは安価なEV走行、遠出はHV走行と、長所が目立つPHV。写真は今年日本導入のRAV4 PHVだ

次ページは : ■格安ドライブレコーダーの長所と短所

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ