【格安ドラレコやPHVには弱点もある??】 いま大注目の装備&システム 9選 その長所と短所


■アップルカープレイ&アンドロイドオートの長所と短所

(TEXT/高山正寛)

 長所としてはいずれもスマホ上のアプリをディスプレイに表示することで大画面で操作&確認が可能な点だ。

 昨年12月の改正道交法でスマホの操作に対する罰則が大幅に強化されたこともあり、スマホに触れずステアリングリモコンや音声で操作ができるこれらの機能は今後も拡大するはずだ。

 短所は対応する機器が国産車や市販品でもまだ少ない点。また「アンドロイドオート」は対応するナビアプリが今のところ少ない点も気になる。

アプリでカーナビ代わりに使おうというのがナビアプリ。写真は最近は搭載車も少しずつ出てきたアップルカープレイ

●関連記事→Yahoo!カーナビがApple CarPlayに対応!これで車載の大画面で使える!?

■3列シートSUVの長所と短所

(TEXT/渡辺陽一郎)

 1年に数回だけ、短い距離を多人数で移動するために、背の高いミニバンを買うのはもったいない。普段はムダな空間を運ぶことになる。

 使用頻度の低い3列目は狭くて構わないから、カッコよくて運転の楽しいクルマがほしい。

 このニーズにピッタリなのが、3列シートのSUVだ。3列目のニーズが低いユーザーには、合理的な選択になる。

 その代わり3列目は狭い。ミニバンのようなフラットフロア構造ではないから、3列目の床面は、燃料タンクのために高くなる。

 床と座面の間隔が足りず、座ると膝が持ち上がる。いわば荷室の補助席だから窮屈な姿勢を強いられ、シートも薄手で座り心地が悪い。

 3列目が最も快適な国産SUVはCX-8だが、この快適性をミニバンに当てはめると、コンパクトなシエンタやフリードと同程度だ。

マツダCX-8。快適といえる3列目シートだが…

次ページは : ■クリーンディーゼルの長所と短所