日本の4倍! 北米で売れまくるスバルの「走り」の実力と見習うべきポイント

 日本のクルマメーカーの中において、異彩を放つスバルは、熱烈なファンが多いことで有名だ。その人気は国内のみならず、海外においても人気があり、特に北米では近年、販売台数を伸ばし続けている。

 例えば、2020年1月-3月の3ヶ月間で、米国でスバル車は、13万591台も売れており、日本市場での同期間の販売台数(3万992台)の4倍以上も売れている。

 ラインアップされているスバル車のほとんどが、2020年ベストリセールアワード※を受賞するなど、スバルの北米でのスバル車人気は、とどまるところを知らない。

 フォードやシボレー、GMといった巨大な自動車メーカーが存在する北米において、比較的規模が小さい日本のメーカーであるスバルが、これほどまでに認められるようになったのは、なぜだろうか。

※米国にあるケリー・ブルー・ブックという車両評価及び自動車研究を行う会社が主催する、新車登録から5年後に最も高い残存価値を持つと予想されるブランドを選出した賞

文:吉川賢一、写真:スバル

【画像ギャラリー】日本未発売の大型SUV アセント&クロストレックPHV


スバルが北米で認められるようになった理由とは?

シンメトリカルAWD

 ここ日本において、スバルといえば、水平対向エンジンとシンメトリカルAWDを生かした「走りの良さ」をイメージされる方が多いであろう。

 1990年代以降、世界ラリー選手権での活躍によって、インプレッサWRX STIが有名になり、ステーションワゴン流行のきっかけを作ったレガシーツーリングワゴン、GT500でのBRZの活躍など、比較的コンパクトで、走りの良いクルマを作っている、というのが日本におけるスバルのイメージだと思う。

 しかし、北米で売れているスバルの人気車種は、フォレスター、アウトバック、XV、そして、日本未発売の大型SUVアセントといったSUV。

アセント

 実は、北米においてスバルは、SUVブランドというイメージを持たれている。近年北米では、SUVの需要が急激に高まっており、長年販売ランキング上位を独占してきた大型ピックアップトラックに販売台数で迫っている状況。

 スバルは、彼らがもつ「水平対向エンジンとシンメトリカルAWD」といった技術の高さを武器に、世界的なSUVブームに早い段階から参戦し、ラインアップを拡充させていったことで、北米での人気を獲得したのだ。

「良いものは良い」と認める国民性と、公平で信頼のおけるメディアの影響があった

 「自由の国」である北米の人々は、「良いものは受け入れる」という自由度のある国民性をもっている。

 日本や欧州ほど固まったブランドイメージがなく、新規参入メーカーであっても、性能が良くて信頼性があれば、認める、という文化が根付いており、そのおかげもあって、スバル車は徐々に、人気メーカーとなっていった。

クロストレックPHV(日本名XVのPHV車)

 スバルは、北米において絶大な信頼性があるメディア「コンシューマー・リポート(自動車編)」で、2019年2月にトップリコメンド(最もおススメ)に選ばれる、という快挙を達成している。

 コンシューマー・リポートは、北米の人々のクルマ選定において、相当影響を与えているという。信頼性の高いメディアの公平なレーティングが、スバル人気を後押ししている面もあるのだ。

 余談になるが、日本には、衝突試験や安全性に関する試験結果のレーティングはあるが、走行性能や使い勝手といった魅力性能を、コンシューマー・リポートほどに横並びでレーティングするような媒体はこれまでない。

 日本にも、こうした車両のレーティング制度があってもいいのではないか、と筆者は考える。

 良いクルマがどれほどよいのか、逆にどれほどダメなのか、長所短所を指摘されれば、メーカーはクルマをよくしないとならなくなる。

 そうして日本車全体の走りや商品力が上がるならば、大いにありだと思う。

まとめ

 日本で流されているスバルのCMでは、昔ほど、「走りの技術」を売り出していない。

 何となく、「家族のつながりや、思い出を大切にしよう。それをサポートするクルマでいたい」といった、メッセージを持たせている。尖がったファンも大切だが、それだけではダメなことを、スバルは良く分かっている。

 先日、インプレッサスポーツに試乗させていただいたが、出来の良さと、コストパフォーマンスの高さに改めて驚かされた。

 スバルのAWD車に乗れば、そのメカニズムによる走りの高さを、誰でも味わうことができる。それが、より多くの方に伝わって欲しいと思う。

【画像ギャラリー】日本未発売の大型SUV アセント&クロストレックPHV