日本の4倍! 北米で売れまくるスバルの「走り」の実力と見習うべきポイント

 日本のクルマメーカーの中において、異彩を放つスバルは、熱烈なファンが多いことで有名だ。その人気は国内のみならず、海外においても人気があり、特に北米では近年、販売台数を伸ばし続けている。

 例えば、2020年1月-3月の3ヶ月間で、米国でスバル車は、13万591台も売れており、日本市場での同期間の販売台数(3万992台)の4倍以上も売れている。

 ラインアップされているスバル車のほとんどが、2020年ベストリセールアワード※を受賞するなど、スバルの北米でのスバル車人気は、とどまるところを知らない。

 フォードやシボレー、GMといった巨大な自動車メーカーが存在する北米において、比較的規模が小さい日本のメーカーであるスバルが、これほどまでに認められるようになったのは、なぜだろうか。

※米国にあるケリー・ブルー・ブックという車両評価及び自動車研究を行う会社が主催する、新車登録から5年後に最も高い残存価値を持つと予想されるブランドを選出した賞

文:吉川賢一、写真:スバル

【画像ギャラリー】日本未発売の大型SUV アセント&クロストレックPHV


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ