アル/ヴェル特別仕様車登場! コロナ禍で新型レヴォーグに暗雲?ほか国産車最新情報を網羅!!


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、4月20日発表となった、アルファード/ヴェルファイアの特別仕様車の話題から。

 2月の国内新車販売は前年同月比10.3%減と大幅ダウン。これはコロナショックによる消費者の購買心理の冷え込みもあると考えられるが、その影響は新型車の販売スケジュールにまで及びそうだ。今回はレヴォーグの窮状を報告。

 ほかホンダの新車販売計画など、国内メーカー・モデルの最新情報をお伝えする!

【画像ギャラリー】ゴールドのアクセントがイカす!!! 特別仕様車のアルファード/ヴェルファイアをはじめ、話題のクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■トヨタ アルファード/ヴェルファイアに特別仕様車「タイプ ゴールド」「ゴールデンアイズ」登場!!

 トヨタは4月20日、アルファード/ヴェルファイアにゴールドのアクセントを基調とした特別仕様車を設定し発売しました。

 この特別仕様車はアルファードS/ヴェルファイアZをベースに、3眼ヘッドライト、パワースライドドア、合成皮革シート表皮、専用ダッシュパネルカラーなどを装備します。

 特別仕様車名はアルファードが「S “TYPE GOLD”」、ヴェルファイアが「Z “GOLDEN EYES”」。

 車両価格のポジショニングはアルファードSCパッケージとS、ヴェルファイアはZGエディションとZの各々中間に設定し、424万円(2WD・税込)からとなります。

トヨタがアルファードならびにヴェルファイアに、ゴールドをアクセントにした特別仕様車を設定。外板色には、アルファードにラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを含む4色、ヴェルファイアにスパークリングブラックパールクリスタルシャインを含む4色を設定している

●関連記事→その名も「黄金の目」と「黄金仕様」 アルファード/ヴェルファイアに高額下取りが期待できる特別仕様車登場

■スバル レヴォーグが中国からの部品供給遅れで生産休止に

 スバルの販売店筋によると、レヴォーグは中国からの部品供給の遅れで生産が休止状態にあるといいます。

 したがって、現行型レヴォーグを購入するための見積書の作成は可能なのですが、納期についてはまったく見通せない状況にあります。その要因は、新型コロナウイルスの影響で生産が滞っていることにあるようです。

 今後の状況次第では、今秋にも予定している次期モデルの投入スケジュールにも支障が生じる可能性があります。

今秋の発売もアナウンスされていたレヴォーグに暗雲が!!?(写真は「レヴォーグ プロトタイプ」)

次ページは : ■2020年度後半のホンダ注目新型車は5車種か?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ