もう見たか!? 『ワイルド・スピード』モンスターマシンと柳沢慎吾さん夢の初共演

もう見たか!? 『ワイルド・スピード』モンスターマシンと柳沢慎吾さん夢の初共演

全世界シリーズ累計興収3800億円突破、車を存分に楽しめる現代のハリウッド映画といえば『ワイルド・スピード』で決まりでしょう! そのシリーズ第8作目『ワイルド・スピード ICE BREAK』が4月28日(金)に全国公開されましたが、主役のドミニク(ヴィン・ディーゼル)が劇中で実際に乗っていた「ダッジ・アイス・チャージャー」が先般日本に上陸。このシリーズの劇中車がPRのために海を渡るのは初めてのことだそうで、つまり日本初、世界初。凄いぜ! 本稿ではそんな現代のモンスターマシンをご紹介いたします。スペックみて驚きました。これ、4WDなんですね。

文:ベストカー編集部 写真:ベストカー編集部 



大迫力の70年代正統派アメリカンスタイル!


本記事のアイキャッチが「ダッジ・アイス・チャージャー」なのですが、どうですかこの大迫力。’70年式のダッジ・チャージャーがベースで、この映画シリーズを観ている方はご存じでしょうが、1作目からシリーズを通して主役のドミニクが乗り続けているのがこれ。

あまりにカッコいいのでもう一枚ぺたり。

さらに作中での活躍シーンもぺたり。

この車両は毎回の作品テーマや内容ごとにベースモデルから(つまり一から)作り上げているという。「いうなれば大道具感覚で作っていますね」とは映画関係者。

今回のチャージャーも約1カ月かけて製作したそうです(約2週間の撮影期間のために)。本作のクライマックスがアイスランドでの氷河カーチェイスゆえ、FRを4WDに換えるなど氷河チェイス用にカスタマイズ。ゆえに車名のミドルネームに〝アイス〟が付くというわけ。

さらに、主役ヴィン・ディーゼルはプロデューサー兼任だから、車好きの彼の意見が反映されたモデルであることは間違いない。この車の価値が数億円といわれる背景にはそういう部分があります。

【ダッジ・アイス・チャージャー基本諸元】

【サイズ】■全長5300×全幅2338×全高1400㎜

【パワー】■707ps/V8 6.2L「ダッジヘルキャットエンジン」

【ドライブトレイン】■「アルビンズ」シーケンシャル5速MT ■4WD ■フォード9インチ デフ

【ブレーキ】■「ウィルウッド」鍛造キャリパー/ドリルドブレーキローター

【サスペンション】■リア/4リンク ■フロント/不等長カスタム Aアーム ■クイックパワステ

【インテリア】■「スパルコ」シート ■4点式(6点式の可能性あり)ハーネス ■追加ヒーター付き


リアトランク上に載せられたこれは……エンジン? 搭載されている謎のメカ。正体は映画を観るべし

次ページ:ポリスマンに扮した柳沢慎吾さん、カメラマンを身体検査



決めゼリフはもちろんコレで、会場は大拍手


そして、本作のPRにこの日駆けつけたのがタレントの柳沢慎吾さんと、グラビアアイドルの今野杏南ちゃん。実は柳沢さん、〝警察の応援要請役が日本で一番うまい役者〟と製作関係者が認め、ニューヨーク市警官役で日本語吹き替え版に声で出演(3行のセリフですけど)。警官姿で登場したこの日も超ご機嫌で、ず~っと喋りっぱなし。

「この映画を観たその日の夜は……、いい夢見ろよ!」

と勝手にイベントを締めていた。さすがの手際でありました。拍手。


市警のパトカー(フォードクラウンヴィクトリア)で現われた柳沢さん。報道陣に「怪しい人はいませんか?」と言った瞬間、カメラマンのひとりを捕まえて身体検査を開始しておりました

ただいま絶賛公開中の『ワイルド・スピード ICE BREAK』公式サイト

※映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の公開に合わせ、このチャージャーが5月中旬まで全国をキャラバン中。日時や場所の詳細は「ワイスピカー全国ツアー」で検索!

【『ワイルド・スピード ICE BREAK』予告画像】



 

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ