家族想いと「走り」の両立を諦めたくない! ガチで走りのよさを重視したミニバン3選

 ミニバンはセダンやコンパクトカーに比べて重心が高いからハンドリングが楽しくないとか、ボディが重いから遅い、というイメージを抱いている人も多い。

 本当はスポーティカーが買いたい、走りのいいクルマ、楽しいクルマに乗りたいと思いながらも、諸々の事情によりミニバンを購入しなければいけないということになっても落胆することはない。

 なぜなら現代のミニバンはひと昔と違って、総じて走りのポテンシャルが高いからだ。

 本企画では、ハンドリングがいい(楽しい!!)、加速性能に優れる(速い!!)、走りの質感が高いという3つのテーマでナンバーワンを松田秀士氏が選ぶ。

文:松田秀士/写真:HONDA、TOYOTA、MITSUBISHI、中里慎一郎、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタ、日産、ホンダがラインナップ!! ノーマルとはひと味違うメーカー系チューニングミニバン


ハンドリングがいいミニバン(楽しい!!)

 楽しさという点では、ホンダステップワゴンモデューロXを選びたい。

 モデューロXは2013年から発売されたホンダアクセスのコンプリートカーで、ステップワゴンベースのモデューロXは2016年にデビューしている。

 ベースとなるステップワゴンそのもののハンドリングはもともと高いレベルにある。ベースモデルのステップワゴンのどこを評価するのかというと、サスペンションの動きがいいこと。

ステップワゴンモデューロXはホンダアクセスが手掛けるコンプリートカーで、価格は359万9200円(ガソリン)、409万4200円(e:HEV)となっている

 ホイールトラベルの伸び縮みがとてもスムーズで、直進時からコーナリング時のどのような状況下においても路面へのタイヤ追従性に優れていることだ。そしてそれを受け止めるボディ(シャシー)がしっかりしている。

 さらにボディとサスペンションメンバー、そしてサスペンションアームといった連結部を含めた剛性が高いからボディとサスペンションの位相感が少なく、結果足の動きがよく感じられるのだ。

 この連結部の剛性アップによりダイレクト感は上がりハンドリングに+となるが、乗り心地を悪化させる要因にもなる。しかしステップワゴンの乗り心地はとてもよく(サスペンションの動きがいいから)、また室内の静粛性も高い。

ミニバンは開口部が大きいためボディ剛性面で不利ながら、ステップワゴンは接着剤の塗布を多用するなどして高剛性を確保しているのが走りに好影響

 ミニバンはリアゲートの開口が大きく、スライドドアを採用するとそこら中の開口面積が増大する。

 これはちょうど段ボール箱を開けた状態と同じで、グニャグニャと軟弱なボディとなりがちなのだ。これをしっかりと作り上げているところにベース車両となるステップワゴンの優秀さがある。

 さらに全高が高く結果として重心も高くなる。これによってコーナリング時のロールへのモーメントが大きくなる。

 このクラスのミニバンのほとんどがフロント:ストラット式/リア:トーションビーム式というサスペンション型式だ。

 リアのトーションビーム式サスペンションはロール時にロールセンターの変化はない。しかしフロントのストラット式はロアアームのみでアッパーアームがない(仮想となる)。

モデューロXは専用チューニングが施されたサスペンションが与えられている。スタビリティを高めるために車高は15mmローダウン

 このためロール時のロールセンター変化が大きく、つまりコーナーでのロール時に前後のロールセンターを結んだロール軸でフロントのロールモーメントの変化が大きくなる。

 要するに前後のバランスが崩れやすい。だからバンプストッピングラバーなどで抑制してあまりロールさせたくない。なのにステップワゴンは前後ともにしっかり動かしてロールもする。しかも不安感がない。

ステップワゴンは歴代モデルともBOXタイプのミニバンとしては秀逸はハンドリングを持っているが、現行モデルのポテンシャルは並みいるライバルを凌駕

 この優秀なベースにモデューロXは車高を15mmローダウンさせ、バネレートなどサスペンション剛性をアップさせているのかというとそれほどでもない。

 伸縮ともにストロークが短くなっているので大きなギャップを乗り越える際の強い入力にはハッキリと突き上げを感じるが、このことを捨ててS字などコーナリングからコーナリングへの切り返しの姿勢制御が早く、よりアクティブなステアリング操作に応えてくれる。

 エアロは背高ゆえの空力の悪さをしっかり補うべくデザインされている。

加速性能に優れるミニバン(速い!!)

アルファード/ヴェルファイアの3.5L、V6搭載モデルの価格は526万~761万9000円と超高額。ちなみに2.5L、直4搭載モデルは352万~491万8000円

 加速性能となれば、これはやはり大排気量車になる。

 トヨタアルファード/ヴェルファイアのV6、 3.5Lエンジンを搭載したモデルだ。気筒内直噴と吸気マニホールドへのデュアル燃料噴射システムを採用して301ps/6600rpmと、ミニバンとは思えないほどに高回転型エンジンだ。

 最大トルクは361Nm/4600~4700rpmと自然吸気エンジンらしい高出力トルク特性。

 他グレードに採用されるCVTではなく8速ATが採用されているので、低回転域からでも低いギアでグイグイと引っ張り、ギアを次々シフトしながらの加速感が人の感性にも刺激を与えてくれる。

アルファード/ヴェルファイアはガソリンエンジン搭載モデルの人気が高く、その大半は2.5L直4だ。圧倒的動力性能の301psの3.5L、V6は憧れの存在

 しかもシンクロするエクゾーストノイズが心地よい。

 2150㎏という車体重量をものともせず加速させる頼もしさがある。クルマじゃんけんで輸入ハイソモデルにも負けないそのツラ構えは、この3.5Lモデルに限っては伊達ではない。

 自然吸気エンジンでありながらV6というマルチシリンダーエンジンは、加速が力強くスムーズなだけでなくエンジンブレーキもよく効く。

 4気筒ターボやハイブリッドなどとはまったく異なるレスポンスだ。

 また3.5Lモデルはフロントブレーキも強化されていて他グレードに対して1インチアップの17インチのディスクブレーキを採用。ストッピングパワーもしっかりと確保しながら、なんといってもブレーキペダルのタッチフィールが良い。

 アルファード/ヴェルファイアは加速性能はもちろんのこと、ストッピングパワーもちゃんと考えたモデルに仕上がっていることも特筆だ。

3.5L搭載モデルは加速感がすばらしいのと同時に、1インチアップの17インチブレーキを採用することでストッピングパワーも強化。これは安心感につながる

走りの質感が高いミニバン

 ミニバンは多人数で移動することを前提に設計されている。つまりフル乗車やフル荷物でもしっかりと走れる室内スペースがあり、しっかり走れる設計になっていることが重要だ。あらゆる路面に対応するという意味から4WDであることも重要。

 このようなことを考えると三菱デリカD:5を挙げたい。

デリカD:5はオフロードでの走破性の高さに目が奪われがちだが、オンロードでの走りのポテンシャルも驚くほど高い。価格は391万3800~458万796円

 エンジンはクリーンディーゼルで4気筒ターボ。145ps/3500rpmと目立った数字ではないけれども最大トルクは380Nm/2000rpmと低回転域からかなり強力だ。これにスポーツモードを備えた8速ATがドッキングされている。

 サスペンションはフロント:ストラット式にリアはダブルウィッシュボーンの進化したマルチリンク式だ。

 そのハンドリングはオンロード/オフロードを問わずしっかりした操舵フィールがあり、サスペンションもホイールストロークが大きくとられていてラリーで鍛えた三菱車という印象だ。

 ビッグマイナーチェンジしてからエクステリアも都会的になり、室内での静粛性を含めたクォリティがアップしたことも見逃せない。

悪路を走れるミニバンとしては世界中にライバル不在。デリカD:5はこの分野では唯一無二の存在と言ってもいい独壇場
2019年2月のビッグマイチェンでダイナミックシールドを採用。アクが強いだけでなく洗練されている。写真右が標準、左がアーバンギア

【画像ギャラリー】トヨタ、日産、ホンダがラインナップ!! ノーマルとはひと味違うメーカー系チューニングミニバン

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ