仏マクロン大統領の公用車は? 韓国文在寅大統領は? ベストカー最新6/26号が熱い!

 自動車雑誌ナンバーワンを突っ走る本誌『ベストカー』、2017年5月26日に最新号である「6/26号」が発売となった。

 毎号さまざまな斬り口で「自動車界のいま」を切り取る本誌。ここではWeb編集部が特に注目した企画をご紹介したい。

 今回も気になる企画が満載なので、ぜひとも手にとってみてほしい!

 文:ベストカーWeb編集部 写真:newspress.co.uk


■フランス新大統領の公用車に「流行は俺たちが作る」という思想を感じた

 Web編集部1号(以下、1号):今号も面白い企画が多かったんですが、個人的に一番刺さったのは巻頭カラーにあった「世界各国首脳たちの気になる公用車」でした。

 フランスのマクロン新大統領が就任パレードで「DS7クロスバック」に乗って登場したのが、この企画のキッカケなんですよね。

 なお私、このページで初めて「DS」というブランドを知りました。PSA(プジョー・シトロエングループ)の高級セグメントブランドなのですね。

こちらが就任パレードでのショット。詳細は本誌に詳しいが、いやーオシャレですなー!!

 Web編集部2号(以下、2号):2017年3月にあったジュネーブショーで世界初披露したSUVをこの就任式にぶっ込んでくるっていうあたり、フランス人すげえなって思います。

 デリバリーは2018年なのに、大統領専用車両としてカスタマイズした車両を就任パレードで走らせるって、めちゃくちゃオシャレじゃないですか。

 1号:しかもさ、SUVっていうところで「世界的な流行にも敏感です」というアピールにもなっているんですよね。

 前任のオランド大統領は「DS5ディーゼルハイブリッド」が公用車だったし、フランスの大統領専用車といえばド・ゴール大統領のDS21が有名だったし。「流行は俺たちが作ってるんだぜ」という自負がある雰囲気。

プレジデンタルDS7クロスバックのデリバリーは2018年から。写真は市販モデルのDS7最上級グレード。ガソリン、ディーゼル、そしてPHEVが用意されている

 2号:この企画、フランス大統領だけじゃなくて、韓国の文在寅新大統領(マイバッハS600ガード)や安倍晋三首相(レクサスLS600h&センチュリー)、

 米トランプ大統領(キャデラックONE)、中国の習近平国家主席(紅旗L9)、独メルケル首相(アウディA8L)なども紹介しています。いやあ、盛りだくさん。

 1号:この号の巻頭カラーは本当に注目企画がてんこ盛りなんですよ。巻頭スクープ記事からして「レクサスLC&ホンダNSXにオープンモデル開発情報」とめちゃくちゃ気になる記事だし、新型N-BOX、限定200台のヴィッツGRMN2、

 アクアX-クロスオーバー、新型カムリやマイチェン予定のフィット、新型WRX STI、新型ミライースの燃費テストを実施してライバルのアルトと比べたりもしていて、いやもうどこから先に読めばいいのか迷っちゃう。

 2号:それは頭から読めばよいのでは。

 1号:そ、そうね。

 2号:ほかの記事、紹介できなくなっちゃいますよ。

 1号:あ、いかん。ほかにもいろいろ紹介したい企画はあるんだけど、とりわけモノクロ巻頭、集中BIG特集の「クルマ生活グレードアップマル得情報源」はぜひチェックしてほしいです。

 車にまつわるいろんなお得情報が詰め込まれているんですが、「国産人気社34台、2段階値引き情報」が質・ボリュームともに文句なしの必見企画なので、この時期に新車購入を考えている人は、ぜひチェックしてもらいたい。

 2号:2段階値引きってなんですか。

 1号:「ひと声値引き」と「粘ったら出てくる値引き」ですね。個人的には次期愛車としてプリウスを狙っているので(ひと声10万円引き、粘って18万円引き)、この情報はありがたかったです。

 そんなわけで、2017年5月26日発売のベストカー最新号、よろしくお願いします!

ベストカー6/26号

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ