マツダ、スバル強し!! “庶民派の境目” 『300万円超車に匹敵』200万円台の魅力車 ベスト5

 200万円と300万円、300万円と400万円では、前者のほうが明らかに差額は大きく感じる。さらに言えば『300万円未満か以上か』は庶民にとって“何とか買えるかどうか”の分水嶺。

 そこで「300万円以上の満足感」を、それ以下の価格で得られる車のベスト5を厳選してお届け。300万円以上車に匹敵する満足感を200万円台で手に入れられる5台はどれだ!?

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、TOYOTA、SUBARU、MAZDA
ベストカー2017年8月10日号


狙い目は『上級車種の下級グレード』

 まず、車種選びを開始してこの条件は難題だと気づいた。300万円以上の満足感には立派な外観が不可欠だが、ヴェルファイア、クラウン、ランドクルーザー&同プラドなどは(トヨタ車ばかりだが)、軒並み300万円を超える。

クラウン

 エルグランド、エスティマ、スカイラインも対象外。最近は安全装備や環境技術が充実して、価格が高騰している。

 本記事の趣旨も、車の価格が高くなった今だからこそ、300万円以下で高い満足感を得ようという点にある。改めて考えれば、前提から難しいのだ。

 さらに探すと「上級車種の下級グレード」が狙い目だとわかる。上級車種はその特徴を端的に楽しめる中級から上級のグレードが売れ筋で、価格帯は350万~500万円だ。その下級グレードが200万円台で買えれば企画の趣旨に合う。

 周囲の人たちからは「高い車を買ったんだね。400万円はするでしょう」などと言われる。車自体のよし悪しは別にして、ステイタス性(死語ですね)のわりに価格は買い得だ。

『最上級は500万でも買い得グレードは200万円台!?』300万円以下 オススメ国産ベスト5

1位 ハリアー エレガンス(2WD)/294万9480円

ハリアー エレガンス(2WD)

 推奨車種の1位はハリアー 2WDエレガンス。

 エンジンは2L、ヘッドランプはハロゲンでアルミホイールも若干ショボイが、見栄えは500万円近いハリアーハイブリッド(=プログレス“メタル&レザーパッケージ”、460万4040円)と大差ない。この企画のために存在するような車だ。

2位 CX-5 25S・Lパッケージ(2WD)/298万6200円

CX-5 25S・Lパッケージ(2WD)

 2位はCX-5の2WD 25S・Lパッケージ。

 CX-5はLサイズSUVでも価格が全般的に安く、ガソリンの2WDなら300万円以下で最上級グレードを買える。だから販売も好調だ。逆にCX-3は立場がなくなって低迷し、27万円安いガソリンを加えた。

3位 レガシィB4 標準仕様/293万7600円

レガシィB4 標準仕様

 3位はレガシィB4の標準仕様。

 後席の広いLサイズセダンで、4WD、アイサイトバージョン3など機能や装備を充実させた。これも価格が基本的に割安で、先に述べたハリアー エレガンスのような我慢をせずに300万円以下のグレードを買える。ただし大柄なわりに見栄えは地味だ。

4位 アテンザ 20Sプロアクティブ/286万7400円

アテンザ 20Sプロアクティブ

 4位はアテンザセダン&ワゴン(価格は同額)。

 300万円以下で買えるのは2Lのガソリンエンジンを積んだ中級の20Sプロアクティブだ。CX-5よりも割高で販売も低迷するが、セダン&ワゴンでは外観が立派で価格は安い。

5位 レヴォーグ 1.6GT アイサイトSスタイル/292万6800円

レヴォーグ 1.6GT アイサイトSスタイル

 5位はレヴォーグ1.6GT アイサイトSスタイル。

 ミドルサイズワゴンだから外観の存在感はイマイチだが、レヴォーグは車好きを中心に人気が高い。18インチアルミホイールを備えて外観もカッコよく、アイサイトツーリングアシストも採用された。

 以上の5車種を除くと、200万円台で300万円以上の満足感を味わえる車はほとんどない。国内の販売が伸び悩む理由が、もうひとつ明らかになったように思う。

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ