BMW、ベンツ…一度は乗りたいブランド車!! 狙い目最安値グレード5選

 車好きの皆さんであれば、「愛車に何を求めますか」と聞かれれば、当然「性能」と答えるでしょう。確かに。おっしゃるとおり。

 でも世の中の人ってたいていその性能を、「ブランド」で判断してしまうんですよね。いやそれも仕方がない。実際、自分でじっくり乗ってみないとわからないものです。

 そこで、多くの人が憧れるあのブランドに、最も手軽に乗れる「最安グレード」を紹介いたします。

 くしくも「お得な車を狙うなら、上級車の下位グレード」と喝破したのは自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏。国産車でもそう言えるなら、輸入車でもきっと同じことが言えるのでは!?

文:ベストカーWeb編集部 Photo:ジャガー、アルファロメオ、メルセデスベンツ、BMW、アウディ、NetCarShow.com

※一部、本文で取り上げたグレードと写真が合っていないものがあります(車種はもちろん同じ)


■英国車、イタリア車、そしてドイツ御三家がそろい踏み!

【ジャガー XE SE 439万円】

ジャガー

 ジャガーブランド最安値はDセグメントセダン(マークXとかスカイラインとか)のXE。

 ラインアップは2Lの直4ターボと3LのV6スーパーチャージャー、2Lクリーンディーゼルと3種類のエンジンを持つ。最安グレードのSEは2Lターボ。ジャガー自慢の8ATと組み合わされており、しなやかな走りも健在です。

【アルファロメオ ミト スーパー 329万4000円】

アルファロメオ

 3ドアハッチバックでエンジンは1.4Lの直4ターボに6速DCTが組み合わされており(ワングレードのみ)、なかなかにダイナミックな走行性能を見せてくれます。

 アイドリングストップも付いていて、「おお、アルファロメオなのに!」と妙に感動。5人乗りで荷物も積めて、街中での使い勝手もかなりいいです。

【メルセデスベンツ A180スタイル 298万円】

メルセデスベンツ

 現行型は2012年に本国で発表、2013年より日本発売されている3代目。5ドアハッチバックで最安グレードの180スタイルでも1.6Lの直4ターボが7速DCTと組み合わされて、なんというか、「ちゃんとメルセデスしてる」ところがさすがのひと言。

 300万円以下だけど同窓会とかで「え、いまの車? ベンツだよ」と言えるわけです。

【BMW 118i 311万円】

BMW

 現行型は2011年に本国で発表され、同年日本発売された2代目。やや時代遅れ感のあるFRですから、このサイズ、このブランドだったら「走りが楽しいほうがいいに決まってるでしょ!」という人はぜひ狙いましょう。

 次期型はたぶんFFです。1.5Lの直3ターボエンジン搭載で8速ATと組み合わせられています。本企画中、担当イチオシ車。

【アウディ A1 1.0TSFI 259万円】

アウディ

 ドイツ御三家のCセグメントハッチバックの一角です。最安グレードは3ドアですが、10万円だして269万円になると5ドアの「スポーツバック」が買えます。

 搭載されるのは1Lの直3ターボ。7速S-toronic(2ペダルMT)と組み合わされて、燃費はJC08モードで22.9km/L。FFのみのラインアップ。

☆    ☆   ☆

 いかがでしたでしょうか。こうして並べて見ると、一度は乗ってみたくなるのでは。

 「車はブランドじゃなくて中身だ」という話もよくわかるのですが、その心意気に説得力を持たせるためにも、一度はオーナーになってみるのもいいのでは。考えが変わるかもしれませんぜ。

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ