ヤリスに劣勢も先祖帰りで総合力アップ!? 新型フィットは何が変わった? 旧型と比べた進化度と長短


先代型のネガだった乗り心地もソフトに

従来型も改良で徐々に改善されたものの特に初期型は乗り心地が硬めだったフィット。新型では特にクロスターでソフトな足を手に入れた

 走行安定性と乗り心地の向上にも注目したい。プラットフォームは先代型と共通だが、ボディやサスペンションの取り付け剛性を高めた。

 最も大きく変わったのは、大きめの段差を乗り越えた時だ。カーブを曲がっている最中に段差を乗り越えると、先代型では突き上げるようなショックが生じた。ボディが瞬間的に跳ねるため、進路も乱された。

 現行型ではこういった不快な挙動を抑えている。危険を避けるため、下り坂のカーブでブレーキを作動させた時も、先代型に比べて不安定になりにくい。

 乗り心地はグレードと装着されるタイヤで異なる。指定空気圧が前輪:240kPa、後輪:230kPaに高まる低燃費指向のグレードは少し硬いが、SUV風のクロスターは大幅に快適になった。タイヤサイズを185/60R16とした効果もあり、路面からのデコボコを柔軟に吸収する。

 装備では衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能のホンダセンシングを刷新した。先代型のセンサーは、単眼カメラとミリ波レーダーを併用したが、現行型では視野の広い単眼カメラのみだ。高速画像処理チップを使い、歩行者や自転車を含めて対象物を正確に測定する。

 正式には公表されていないが、ホンダでは「右左折時に直進車や歩行者を検知して、衝突被害軽減ブレーキを作動させる機能も備わる」という。車両の前後に各4個(合計8個)の超音波センサーも備わり、誤発進抑制機能も前後両方向で作動する。

【総合評価】新型フィットの進化度は?

従来型と比較しても「割安感が高まった」という新型フィット。全方位で総合力を高めたモデルチェンジといえそうだ

 以上のように現行フィットは、先代型に比べると、視界、ハイブリッドのe:HEV、走行安定性、乗り心地、安全装備まで機能を幅広く進化させた。

 しかも価格は、1.3Lノーマルエンジンを搭載する「ホーム」が171万8200円、「e:HEVホーム」は206万8000円だ。機能の充実も考えると、先代型と比べてほとんど値上げされていない。現行型は先代型よりも割安と受け取られる。

 そして、フィットはヤリスやノートに比べて後席と荷室が広く、シートアレンジも多彩だ。価格は割安に抑えたので、ライバル車と比べても買い得感が強い。従って進化度数も大きくなった。

◆現行型を100点とした場合の新型の進化度:140点

【画像ギャラリー】新旧でまるで違う!? 新型フィットと旧型を写真で徹底比較!