ヤリスに劣勢も先祖帰りで総合力アップ!? 新型フィットは何が変わった? 旧型と比べた進化度と長短

 2020年に登場した話題の新車を従来モデルからの進化度で比較! トヨタ ヤリスと同様、国産コンパクトの雄として君臨するホンダ 新型フィットの評価は?

 フィットはコンパクトカーの代表車種だ。最近のホンダでは軽自動車のN-BOXが好調に売れて、フィットは押され気味だが、商品力は充分に高い。2020年2月に新型へフルモデルチェンジされたので、改めて先代型からの進化度を考えたい。

【画像ギャラリー】新旧でまるで違う!? 新型フィットと旧型を写真で徹底比較!

文/渡辺陽一郎、写真:編集部、HONDA


居住性は同等ながら視界の良さは大きく改善

デザイン面でも従来型のシャープなイメージからやわらかで親しみやすい意匠に一新された新型フィット

 新型フィットのボディサイズは先代型とほぼ同じだが、外観はかなり変わった。先代型はサイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げ、スポーティな躍動感を演出したが、現行型は水平基調だから雰囲気は大人しい。

 その替わり現行型は視界を大幅に向上させた。運転席に座ると、インパネの上面が平らで前方が見やすい。左右のピラー(柱)形状も工夫され、斜め前方の視界も良い。

 さらにサイドウインドウの下端が後方まで水平に伸びているから、側方や斜め後ろ、真後ろの視界も優れている。先代型やほかの車種に比べて周囲が見やすく、視界は数ある日本車の中でも最高水準だ。視界の良さは、安全性と運転のしやすさを向上させる。

新型フィットのインパネ。ピラーから視界の良さも見て取れる

 内装も変わった。インパネの上下幅が薄型になり、スッキリとシンプルに仕上げた。好みの分かれるところだが、先代型に比べると馴染みやすい。

 居住空間の広さは先代型と同等だが、全高を立体駐車場が使いやすい高さに抑えたコンパクトカーでは、最大級のスペースを備える。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕を持たせた。ミドルサイズセダン並みの広さだ。

新型フィットの室内。居住性は従来型とほぼ変わらないが、全体的に明るく開放感のある雰囲気に

 ただし、後席側のドアは、開口部の上端を先代型に比べて10mm下げた。そのために乗降時には、頭を少し下げなければならない。乗降性は現行型になって退化した。

 荷室の広さは先代型と同等だが、燃料タンクを前席の下に設置するから床が低い。荷物の収納がしやすく、ボディサイズの割に、積載容量にも余裕がある。

一新されたハイブリッドはモーター主体の走りに進化

新型フィットは従来型で1モーターだったHVを2モーターに刷新。モーター出力も上がり、燃費や加速性能でも大幅進化

 メカニズムでは、ハイブリッドシステムをe:HEVに刷新した。オデッセイやインサイトに使われるタイプと基本的に同じで、エンジンは主に発電機を作動させ、駆動はモーターが担当する。従って通常の走行では、エンジンは速度の増減や負荷に左右されにくく、常に高効率な回転域を使える。

 効率を追求したことで余剰な電気が生じた時は、駆動用電池に蓄えて、エンジンを停止させた状態で走る距離を伸ばす。そうすれば燃料消費量を抑えられる。高速道路などの巡航では、エンジンがホイールを直接駆動する場合もある。これも効率を高める秘訣で、ノートなどのe-POWERには採用されていない機能だ。

 e:HEVはモーター駆動が基本だから、加速が滑らかでノイズは小さい。モーターは瞬発力が強いため、アクセル操作に対する車両の動きは機敏な印象だ。一般的なガソリンエンジンに置き換えると、2L以上の余裕を感じる。

 また、フィットのe:HEVでは、アクセルペダルを深く踏み込んだ時は、エンジンも同期して回転を高める。

 前述の通りモーター駆動だから、発電用エンジンの回転数を走行状態に合わせる必要はないが(そのために高効率も追求できる)、状況によってはドライバーに違和感を与えてしまう。そこでアクセルペダルを深く踏むと、エンジン回転数を高める制御も採用した。自然な感覚で運転できる。

先代型のネガだった乗り心地もソフトに

従来型も改良で徐々に改善されたものの特に初期型は乗り心地が硬めだったフィット。新型では特にクロスターでソフトな足を手に入れた

 走行安定性と乗り心地の向上にも注目したい。プラットフォームは先代型と共通だが、ボディやサスペンションの取り付け剛性を高めた。

 最も大きく変わったのは、大きめの段差を乗り越えた時だ。カーブを曲がっている最中に段差を乗り越えると、先代型では突き上げるようなショックが生じた。ボディが瞬間的に跳ねるため、進路も乱された。

 現行型ではこういった不快な挙動を抑えている。危険を避けるため、下り坂のカーブでブレーキを作動させた時も、先代型に比べて不安定になりにくい。

 乗り心地はグレードと装着されるタイヤで異なる。指定空気圧が前輪:240kPa、後輪:230kPaに高まる低燃費指向のグレードは少し硬いが、SUV風のクロスターは大幅に快適になった。タイヤサイズを185/60R16とした効果もあり、路面からのデコボコを柔軟に吸収する。

 装備では衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能のホンダセンシングを刷新した。先代型のセンサーは、単眼カメラとミリ波レーダーを併用したが、現行型では視野の広い単眼カメラのみだ。高速画像処理チップを使い、歩行者や自転車を含めて対象物を正確に測定する。

 正式には公表されていないが、ホンダでは「右左折時に直進車や歩行者を検知して、衝突被害軽減ブレーキを作動させる機能も備わる」という。車両の前後に各4個(合計8個)の超音波センサーも備わり、誤発進抑制機能も前後両方向で作動する。

【総合評価】新型フィットの進化度は?

従来型と比較しても「割安感が高まった」という新型フィット。全方位で総合力を高めたモデルチェンジといえそうだ

 以上のように現行フィットは、先代型に比べると、視界、ハイブリッドのe:HEV、走行安定性、乗り心地、安全装備まで機能を幅広く進化させた。

 しかも価格は、1.3Lノーマルエンジンを搭載する「ホーム」が171万8200円、「e:HEVホーム」は206万8000円だ。機能の充実も考えると、先代型と比べてほとんど値上げされていない。現行型は先代型よりも割安と受け取られる。

 そして、フィットはヤリスやノートに比べて後席と荷室が広く、シートアレンジも多彩だ。価格は割安に抑えたので、ライバル車と比べても買い得感が強い。従って進化度数も大きくなった。

◆現行型を100点とした場合の新型の進化度:140点

【画像ギャラリー】新旧でまるで違う!? 新型フィットと旧型を写真で徹底比較!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ