コロナ&カリーナの光と影 トヨタのビッグネームの系譜がまた途絶えた!!


 

プレミオとアリオンが3月末で生産終了

 昨年トヨタは今年3月末でプレミオ、アリオン、プリウスαの3車種を生産終了することを公表している。プレミオはコロナ、アリオンはカリーナの後継モデルで、栄光のコロナ&カリーナの系譜が途絶えることになる。かつては日本車の中心的存在だったのに、いつから輝きを失ったのか? その光と影にスポットを当てていく。

文/片岡英明
※ベストカー2021年3月26日号より転載

【画像ギャラリー】コロナ&プレミオ計13代とカリーナ&アリオン計9代の系譜を一挙公開!!


■すでにコロナもカリーナも存在しないが、いつから輝きを失ったのか?

 ダットサンの対抗馬として1957年5月に投入したのが、トヨペット「コロナ」だ。クラウンの下のクラスを受け持つファミリーカーで、’59年夏に登場するブルーバードとは宿命のライバルになる。両車は半世紀にわたって「BC戦争」と呼ばれる熾烈な販売合戦を繰り広げた。

コロナが初めて販売ナンバーワンに輝いた3代目は若者からも大人気

 コロナがベストセラーカーの座に就くのは、’64年秋に登場した3代目の時だ。洗練されたデザインに加え、日本初のハードトップや使い勝手のいい5ドアセダンなどを投入し、マイカーブームに火をつけた。また、女性層のハートをも射止めている。人々を魅了したコロナは、55万台を超える販売台数を記録。これ以降はコンサバな設計を貫き通し、保守派のファンを上手に引きつけた。

 コロナとともに忘れることができない個性派が「カリーナ」だ。’70年12月、カローラの上のスポーティセダンとしてトヨタ店に送り出された。プラットフォームやパワートレーンはセリカと同じだったから「足のいいやつ」という謳い文句が評判を呼んでいる。

 ’72年12月、2ドアハードトップと4ドアセダンにDOHCエンジンの1600GTを設定。こだわり派のヤングの取り込みにも成功し、販売台数を伸ばした。

 後半は排ガスや安全対策、オイルショックなどの対応に追われたが、上手に対応し、7年近くも第一線で活躍を続けた。

 この時期のコロナは4代目だが、上にマークIIを設定したため穏やかな性格になっている。

5代目コロナは、安全性能と排ガス対策をメインにまじめなクルマ作りに徹した

 ’73年8月に登場した5代目は予防安全を前面に押し出し、衝撃吸収バンパーや警告ランプを組み込んだOKモニターを採用した。

 コロナ、カリーナ両車とも排ガス対策にも本腰を入れている。

■コロナ、カリーナとも日本人を魅了し続けた

 初代カリーナは、年に10万台前後の販売を記録し、時には兄貴分のコロナを打ち負かした。

初代カリーナは、セリカとパーツを共用し、2ドアセダンと4ドアセダンを設定

 これに続く2代目と3代目も、躍動感あふれるルックスを受け継いだ。ちなみに3代目はコロナとメカニズムを共有し、スポーティな走りに磨きをかけている。また、ワゴンの「サーフ」も新鮮さをアピールした。

 カリーナに肉薄されたコロナは、’82年に送り出した7代目で路線の転換を図り、日本初のツインカムターボなどを投入する。

 ’83年に新規デザインの5ドアを投入したが、駆動方式はキャビンを広くできる前輪駆動だ。秋にはFF方式の4ドアセダンが加わり、正式に8代目コロナを襲名したのである。

 ’85年は両車にとって節目の年だった。セリカがFFスペシャルティカーに生まれ変わったのを機に、コロナにFFの2ドアクーペを、カリーナには4ドアHTの「ED」を設定している。

カリーナEDは背の低い4ドアハードトップブームの火付け役として大ヒット

 そして’87年に登場した9代目コロナと’88年に登場した5代目カリーナではFFの共通プラットフォームを採用。

 ’89年秋、カリーナEDも第2世代に移行し、これを機に双子車のコロナはクーペを廃してEXiVを誕生させた。コロナとカリーナが栄華を誇ったのはここまでだ。

次ページは : ■1990年代以降急激に輝きを失った

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ