Twitterで大人気!! いつか行きたい世界最小の共和国 ナウル共和国のクルマ事情


■ナウル共和国政府観光局に突撃取材!

 ということで、ここからはナウル共和国政府観光局の「中の人」に直接聞いてみた。

ベストカー……現在の国勢状況(主産業、国交、経済状況など)を教えてください。

中の人(以下ナウル)……リン鉱石の2次採掘と輸出を続けており、産業となっております。国交は日本、米国、豪州などの主要国とは善隣外交を進めております。

国際連合にも加盟し、国際協調を進める一方、台湾と国交を持ち、双方に大使館を有しております。台湾からは農業など、さまざまな支援を受けています。また、英連邦(コモンウェルス)加盟国でもありますね。

ベストカー……交通事情、道路状況などはどうなっていますか?

ナウル……日本と同じく左側通行でして、気温が高いためか、庶民のクルマの利用率は高いですね。1999年時点の推計で幹線道路は総延長30km中、舗装路が24kmで未舗装路が6kmでしたが、舗装状況は特に変わらないかと思います。

沿岸部の周回道路は舗装されておりますが、内陸部は未舗装の部分も多いです。

ベストカー……国内を走るクルマについて、新車販売ディーラーの有無、中古車販売店の状況、どのような車種が走っているのかなどについて教えてください。

ナウル……日本車が多いですし、ホンダのバイクもあります。中古車ですので車種はさまざまです。国内に自動車販売店はありません。オンラインで海外から中古車を購入したり、国内でナウル人同士で中古車を売買したりしております。

現地のナウル観光公社ではハイラックスを使用しておりますが、現地のナウル人から中古車を購入したものです。

現地で使われているトラックについても日本車が多く走っているのだという

*   *   *

 う~む未知の国、ナウル共和国。そんな国を走るクルマに日本車が多いというのはなぜか親近感が湧いてくるじゃないか。

 興味を持たれた方はナウル共和国政府観光局公式アカウント(@nauru_japan)をCheck it out!!! 一部で「阿部寛かよ」とツッコまれているホームページもぜひ!

ナウル共和国政府観光局公式アカウント(@nauru_japan)はこちらから。

【画像ギャラリー】島の外周は1周4、5時間! ナウル共和国の「今」をギャラリーでチェック!!