トヨタらしからぬ超異端児!! FJクルーザーは「反対の多いクルマ」だった!? 現場で見た鮮烈な記憶


 2010年から2018年まで、2万7982台を販売したクルマ、「FJクルーザー」。爆発的なヒットとはならなかったが、クルマ好きの間では、記憶に残るクルマのひとつとなっている。

 FJクルーザーは、強いインパクトを残し、短命に去っていった。なぜ、ここまで記憶に刻まれるクルマとなったのだろうか。元トヨタディーラー営業マンの筆者が、FJクルーザーが残した、鮮烈な記憶と記録を伝えていく。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】FJクルーザーの本文未掲載カットと2017年東京モーターショーで公開されたコンセプトカーTjクルーザーを見る


■日本導入されたトヨタらしくないトヨタ「FJクルーザー」

トヨタ FJクルーザー。1960年から24年間にわたり販売された「ヨンマル」ランドクルーザーをモチーフに開発された

 1954年、トヨタBJ型ジープに、高負荷運転が可能となる消防用ポンプ車専用のF型エンジンを積んだ。このクルマは、FJ型と呼ばれる。FJという型式は、大きなエンジンを積み込むランドクルーザーに使用され、モデルチェンジを繰り返していった。

 そして1960年から「ヨンマル」ランドクルーザーが24年間にわたり販売された。これをモチーフにして開発されたのがFJクルーザーだ。伝統ある型式「FJ」の名を冠し、本格クロスカントリー車として、2006年に北米で販売される。

 2010年には、北米市場向けFJクルーザーの逆輸入車が、日本で人気となる。これを見たトヨタは、FJクルーザーの日本市場導入を決めた。ランクル40系を彷彿とさせる個性的なルックスと、強靭な走りを併せ持つFJクルーザーは、北米では2014年まで、日本市場では2018年まで販売されることとなる。

 FJクルーザーは、視覚に強く訴えるクルマだ。丸目のヘッドライトの間には、「TOYOTA」とアルファベットが刻まれる。フロントガラスは、ほぼ垂直に近く立ち上がり、ワイパーは3本。角張ったボディからは、軍用車のような雰囲気も感じられる。

 ドアは観音開きで、フロントドアを開けないとリアドアが開かない仕組みだ。さらには、リアドアにフロント用のシートベルトが組み込まれており、後部座席の乗員を下ろすだけでも、フロントシートの乗員はシートベルトを外し、ドアを開けなければならない。

■時代に逆行しながらも個性際立ったFJクルーザー

ランクルをモチーフにしているだけあって、室内装備は本格SUVにひけをとらないものだった

 時はミニバンブームの2006年、快適性や居住性の高さが追及され、クルマは機能性を高める時代だった。FJクルーザーは、時代を逆行する存在であり、販売を担当していたトヨタ店も、多くの疑問を感じたことだろう。

 ただ、FJクルーザーには、一般的なSUVにはない個性的な装備が多数あった。室内は全て防汚・防水仕様となっている。ファブリックシート表皮は撥水・防水加工を施し、フロア・デッキには防水カーペットを採用した。

 また、厚手のグローブを装着したままでも、簡単に操作ができるように、シフトノブやステアリング、エアコンのダイヤルまで大型化している。

 FJクルーザーは、効率的でスマートな、トヨタのクルマ作りからは想像できない、非効率だらけのクルマだった。しかし、FJクルーザーの発表後から、トヨタでは、G’sやGRブランドが「クルマの楽しさ」を提唱するようになる。トヨタが「楽しいクルマ」を作るきっかけは、FJクルーザーにあったのかもしれない。

次ページは : ■FJクルーザーは「反対の多いクルマ」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ