トヨタのウーブン・プラネットが「ウーブン・シティ」実現に向けて米国企業を買収

トヨタのウーブン・プラネットが「ウーブン・シティ」実現に向けて米国企業を買収

 トヨタグループでソフトウエアを中心にモビリティ開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(以下、ウーブン・プラネット)が、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析に強みを持つ、カーメラ社*3(CARMERA, Inc./米国)の買収に合意したと、2021年7月15日付のプレスリリースで発表した。

 ウーブン・プラネットは、同年4月、リフト社(Lyft, Inc./米国)の自動運転部門レベル5(Level5)を約5.5億ドルで買収に合意したばかり。

 大型買収案件が続くトヨタグループ。ロボットやAIなどの先端技術を人々のリアルな生活環境の中に導入・検証する実験都市「ウーブン・シティ」完成に向けて一歩ずつ前進している。

文/ベストカーWEB編集部 写真/ウーブン・プラネット・ホールディングス

【画像ギャラリー】ウーブン・プラネットが進めるAMP開発


道路情報の解析技術を持つカーメラ社を買収

ロスト&サリバン社の「2020 North American Mapping Company of the Year」など、数々の業界賞受賞歴もあるカーメラ社

 買収完了後、カーメラ社のチームは、ウーブン・プラネットの事業会社であるウーブン・アルファ株式会社*2(以下、ウーブン・アルファ)の自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform=AMP*1)チームと協働し、ウーブン・アルファの事業拡大に向け、新たな戦略領域を探索。オープンソフトウェアプラットフォームの「アリーン(Arene)」や「ウーブン・シティ(Woven City)」などの革新的プロジェクトを進めていく。

トヨタのウーブン・プラネットが「ウーブン・シティ」実現に向けて米国企業を買収
地図の更新や変化点の管理、IoTセンシング技術など、カーメラ社の洗練された技術を活用できるようになる

 数ある事業のなかでも、AMPは安全で快適な自動運転を実現するために重要な高精度地図の生成や更新、提供を行うクラウドソース型のソフトウェアプラットフォームとして重要な事業のひとつ。

 ウーブン・アルファは、道路や車線まで含むグローバル規模の高精度地図プラットフォームへとAMPを進化させ、それぞれの地域に適した高精度な地図を用いて安全な自動運転を支援することを目指していく。

車載カメラ映像のデータを解析・分析し、地図を更新

道路や車線、信号や道路標識などの変化点をほぼリアルタイムで地図に反映していく

 今回の買収により、地図の更新や変化点の管理、IoTセンシング技術など、カーメラ社の洗練された技術を活用したり、高精度地図の開発におけるトップクラスのエンジニアをチームに迎え、研究開発から商業化への移行を加速することが可能になる。

 今後は、カーメラ社の知見を活かし、クラウドソース型のカメラから取得したデータを活用することで、従来の方法と比較して、より低コスト、かつ迅速に変化点を抽出し、高精度地図を更新できるようになるという。

 これによりAMPでは、道路や車線、信号や道路標識などの変化点をほぼリアルタイムで地図に反映。道路の区分や特徴などを包括的に地図に取り入れる機能の強化が可能となり、将来的にはさまざまな地域における自動運転の商業化に繋げていくことができる。

 今後、カーメラ社はウーブン・プラネットの子会社になる一方、ウーブン・プラネットは東京本社だけでなく、シリコンバレーやロンドンに加え、ニューヨークやシアトルにもオフィスを構え、その活動範囲をグローバルに拡大していく計画だ。

次ページは : ウーブン・プラネット/マンダリ・カレシー氏(Automated Driving Strategy and Mapping Vice President)のコメント