ケンウッドから登場!ドラレコ付きデジタルルームミラーでスマートに安全を確保!

ケンウッドから登場!ドラレコ付きデジタルルームミラーでスマートに安全を確保!

 高画質かつ広視野角の大画面12型IPS液晶採用のデジタルルームミラーを搭載した、前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-EM4700」がケンウッドから新登場! 

 前方・後方の走行映像の録画はもちろん、デジタルルームミラーとしてリアカメラで撮影する映像をリアルタイムに高画質な大画面に映し出し、荷物や車体などで生じる死角の少ない後方確認が可能に。「DRV-EM4700」はオープン価格(想定61,000円前後)、2021年7月下旬発売予定。

文/ベストカーWEB編集部 写真/JVCケンウッド

【画像ギャラリー】ケンウッドのドラレコ付きデジタルルームミラーを見よ!


バックミラーなどがない車両が増えるなか、電子ミラーの普及が加速!

後方の視界も確認できる ドライブレコーダー付き電子ミラー

 現在、国土交通省は、国際基準に適合するカメラモニタリングシステムを備えることでバックミラーなどがない車両の設計・製造を可能にしたほか、「後退時車両直後確認装置」(バックカメラ、検知システムまたはミラー)を備えなければならないとするなど、自動車の安全基準について、拡充や強化を進めている。

 こうした背景から、バックカメラや電子ミラーなどによる後方確認が普及し始めたことに伴い、ドライブレコーダーにおいても映像録画だけでなく電子ミラーで後方の視界も確認できるデジタルルームミラー型が普及してきており、今後もさらなる普及拡大が見込まれている。

リアルタイムでリア映像をルームミラーに映し出すデジタルルームミラー

デジタルルームミラー型ドライブレコーダー“ミラレコ“「DRV-EM4700」

 そこで登場したのが、ケンウッドの前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-EM4700」。本機は、リアカメラで撮影中の映像をリアルタイムで液晶のルームミラーモニターに映し出すデジタルルームミラー型のドライブレコーダー。従来のルームミラーのように、ピラーなどの車体や車室内の荷物などの映り込みがないため死角が低減され、後方の視界が格段に向上する。デジタルルームミラーには、広い視野角を持つ高画質の大画面12型IPS液晶を採用。またタッチパネルを採用し、スライド操作による表示範囲の調整や、タッチ操作による前方・後方の画面の切り替えも可能に。

デジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4700」

次ページは : 万が一の際には、音声コマンドで録画を開始できるドライブレコーダー