被害金額急上昇! 盗難車はなぜ海外に? 中東に「輸出」される衝撃の裏事情

被害金額急上昇! 盗難車はなぜ海外に? 中東に「輸出」される衝撃の裏事情

 毎年発表される自動車盗難被害の実態を調べると、年々被害件数が減っている一方で、被害金額は高くなっているという。さらに既存のセキュリティシステムを突破するような新たな手口が次々に見つかるなど、警察と窃盗団とのいたちごっこが続いている。

 そこで、愛車を守りたい我々として、さらに気になるのが、盗難された車両はいったいどういった方法で、どんな国へ運ばれるのか。今回は、いくつかのデータや証言から、自動車ライターの柳川洋氏がその実態を調査した。

文/柳川洋 写真/柳川洋、フォッケウルフ、トヨタ、メイン画像/Александр-Поташев-Stock.Adobe.com

【画像ギャラリー】自動車盗難の被害車両はどこへいくのか?


■盗難件数は減ってはいるものの被害は高額化

 新型コロナのせいもあって、「自動車泥棒」は大きく減った。2020年の全国の自動車盗難の認知件数は5210件と、2019年と比べて3割近く減少した。9年前と比べると、件数ベースではおよそ5分の1となり、犯人の逮捕率も1.7倍高まっている。

 では、そろそろ警戒を緩めていいかというと、そんなことはない。愛知県警によると、愛知では2020年の6月で自動車盗難の件数は底打ち状態になったものの、2020年の1件当たりの被害額は約370万円と、なんと前年比で74万円も上昇しているという。

盗まれた車両は、自動車解体工場に持ち込まれて車体番号が加工される(写真はイメージ)
盗まれた車両は、自動車解体工場に持ち込まれて車体番号が加工される(写真はイメージ)

 2021年8月には、レクサスやアルファード、ヴェルファイアなど、合計195台(未遂も含む)で約10億3000万円相当という巨額の窃盗容疑で、犯人グループが兵庫県警に逮捕された。

 この事件では、「CANインベーダー」という機器が使われている。クルマのフロントバンパー近くにあるCANシステムのコネクターに「CANインベーダー」を接続することでシステムを乗っ取り、セキュリティ解除やエンジン始動を行うという新たな手口で、これが初の摘発事例となった。

 このように自動車盗難の被害金額は高額化し、窃盗団の手口も進化し続けている。しかし、窃盗団がいざ盗難車両を売却するとなると、日本では登録制度や車検制度がしっかりしていて足がつきやすい。そのため、国内ではなく海外へ輸出されるケースが多いと言われている。では、盗まれた車両は世界のどんな国に売られていくのだろうか。

次ページは : ■盗難車両の最大輸出国は中東に? その理由とは

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ