RX-7 インプ スカイライン… 外国人窃盗団から国産旧車の盗難を防ぐには?


 1980年代から1990年代にかけて販売された日本車のスポーツカーは、JDM(Japanese Domestic Market)と呼ばれ、北米を中心にロシアや中国、東南アジア、中東、欧州と世界的な人気になっているという。その人気とともに大きな問題となっているのがそうしたJDMをターゲットにした盗難である。

 つい先日も目の前で愛車のRX-7が盗難される様子を動画で撮影していた、RX-7の盗難事件が記憶に新しい。

 そこで本企画では、バラバラにされアメリカでパーツとして販売されている実態など、自動車盗難の実態を徹底調査! コロナ禍で国産旧車盗難は増えたのか? 盗まれないためにはどうすればいいのか、レポートしていこう。

文/加藤久美子
写真/加藤久美子、RX-7(FD3S型)オーナー

【画像ギャラリー】盗難注意 !! ALERT !! 狙われている国産旧車を写真でチェックして愛車を守ろう!!


■「JDM」として日本製旧車スポーツカーが世界的人気に

この先R32、R33、R34の第2世代GT-Rを手に入れるのはかなり難しくなることは間違いない。R34GT-Rも25年ルールが適用される前からすでに高騰
1993年5月に登場した後、平成12年度自動車排出ガス規制をクリアできず、惜しまれつつも2002年8月に生産終了。2001年に公開された映画『ワイルド・スピード』で主人公のブライアン・オコナーがスープラ・エアロトップ仕様に乗ったことで一気に有名になり中古市場でも高騰。現在、中古車流通台数は36台、中古車価格帯は240万~1080万円

 「JDM」(Japanese Domestic Market)とは主に1980~1990年代に発売された日本製の右ハンドルスポーツカーのことで、スカイラインGT-R、ランエボ、シビックタイプR、70/80スープラ、インプレッサなどの車種を指す。

 アメリカには輸入されなかった歴代GT-R(R35を除く)はもちろん、アメリカ仕様として正規輸入されたモデルであっても本物のJDMとして右ハンドル車が高い価値を生んでいるのだ。北米を中心に、ロシアや中国、東南アジア、中東、欧州…と今やJDM人気は世界的なものになっている。

 JDMについて改めて説明しておこう。

 アメリカにおいてJDMというと「25年ルール」でアメリカへの輸入、一般ユーザーへの販売、公道を走る一般車両として登録することなどが「解禁」となったクルマのことを指す。

 アメリカには日本の保安基準に相当するFMVSSという保安基準があり、展示用や自動車メーカーの研究用など一部の用途を除いて、右ハンドル車の輸入は禁止されているが製造(年月)から25年経過すればそれも解禁となる。

2020年にはR33型スカイラインGT-R(1995年~1998年)の初期年式にも25年ルールが適用され、1年前の中古車の価格帯は約250万~約1400万円だったが、現在は約378万~約1699万円と高騰

 日本からの輸入車だけではなく世界各国のクルマが対象だ。25年ルールとともに、2021年で解禁となる排ガスに関するEPAという規則も含まれる。

 この25年ルールで解禁になった日本車のことを総称して「JDM」と呼ぶが、それ以外に本来のJDM(日本国内市場向け)の意味もある。

・右ハンドル
・オレンジ色のウィンカー
・サイドバイザー
・水中花シフトノブ
・小径ハンドル
・深リムホイール
・赤い斜線入りの仮ナンバー
・漢字入りナンバープレート

 などなど、日本独自だったり、日本発祥だったりする装備や仕様などもJDMと呼ばれるのである。JDMの人気に火が付いたのは公開延期が続いて8月6日にやっと最新作(9作目)が公開される映画「ワイルド・スピード」(原題:Fast and Furious)シリーズによるところが大きい。

 ワイルド・スピードの1~4作目は特に多くの日本車が登場しており、映画の人気とともに日本製スポーツカーのカッコよさを(日本人を含めて)世界中に知らしめることになった。

■盗難された国産旧車がバラバラにされてアメリカの専門店で発見!

J-Spec Auto Sports Inc.では切断されたフロント部分だけを「フロントクリップ」として販売されていた
2代目インテグラタイプRの「フロントクリップ」
2代目インテグラタイプRの「フロントクリップ」部分の裏側。実に痛々しい

 JDM人気に伴って近年、大きな問題となっているのが国産旧車スポーツカーの盗難である。外国人を中心とした窃盗団による国産旧車の盗難が増え始めたのはR32スカイラインGT-Rが「解禁」となる2014年以降をにらんだ2010年代前半と言われており、この1~2年は特に急増している。

 しかし、実はコロナ禍にあって盗難が激減した時期があった。2020年6月頃から約半年間、自動車盗難情報局に登録される旧車盗難の件数が大幅に減ったのである。

 理由としては、

・コロナ禍で外国人窃盗団の活動がおとなしくなった。入国できなくなった
・コロナ禍で外国へのコンテナ船が止まってしまった(船会社に確認したところ、アメリカ向けのコンテナだけはほとんど影響を受けずに出航していたそう)

 と、感染拡大によって外国との往来がやりにくくなったことが理由としてあったと思われる。しかし理由はこれだけではない。もう一つ、2020年5月末に国産旧車の盗難に絡むとんでもない事実が明るみに出たことも盗難減少に関わっているはずだ。

 これは、筆者もいち早く自動車メディアに記事を書き、TBS「あさチャン!」や同「Nスタ」などでも報道されているが、「日本で盗まれた国産旧車スポーツカーがバラバラにされて、米国ヴァージニア州にあるJDM専門店でオンライン販売」という事案である。

 盗まれたオーナー自身が自らバラバラにされた愛車の写真を発見し、エンジン番号も一致していた。

 その後も続々と、日本から盗まれたことが確実な旧車20台以上がそのサイトで発見された。

 Facebookでは、「Expose J-Spec autosports=ジェイスペックの悪事を晒す会」というグループもでき、わずか3-4日でメンバーは2000人を突破(現在は3000名)。

 メンバーのほとんどはアメリカ人で、「J-Spec Auto Sports Inc.でJDMを購入した。あれは盗品だったのか! 」「J-SpecのオンラインショップでEK9(シビック)のパーツを購入した。詳しく調べたら日本で盗まれたクルマの部品であることが分かったので返品した」という書き込みもあった。

エンジン番号までバッチリ出ている。Mさん所有のEK9のエンジンである

 筆者もEK9を盗まれた被害者であるM氏の取材とアシストを兼ねてヴァージニア州にあるJ-Spec Auto Sports Inc.にメールや電話や通訳などを行ってきた。また、地元のヘンリコ警察の自動車窃盗専門刑事のグループとも連絡を取り合っていたのだが、いまだ返還には至っていない。

 この事件が発覚した2020年5月末からしばらくは、自動車盗難情報局に登録される旧車の盗難も数か月は激減していたのだ。

次ページは : ■盗まれた国産旧車はどこにいくのか?