[F1 ヒストリー]チャンピオンを7回も獲得している超名門 ウィリアムズがトップエンドから落ちたワケ

優秀なデザイナーをチームに留めることが出来なかった失敗

 しかし一世を風靡してきた名門ウィリアムズであったが、BMWとのコラボレーションに失敗してからその勢いは下降線を辿って行く。ウィリアムズの歴史を見てゆくと、その浮き沈みには常に人事がかかわっていることがわかる。

 初期にはアラン・ジョーンズとカルロス・ロイテマンの確執を制御出来ず、後にはネルソン・ピケとナイジェル・マンセルの確執が険悪となり、どちらの場合もチャンピオンドライバーをチームに留めることが出来ずにきている。

 これはエンジニアでも同じことで、一世を風靡し圧倒的な速さを誇示したFW14〜FW16を作り上げてきたカリスマ、エイドリアン・ニューウェイをチームに留めることが出来なかったことが、ウィリアムズ史の最大の失敗だったかもしれない。後にこの失敗をフランク自身が認めているほどだ。ニューウェイがチームをやめた原因のひとつは、1996年チャンピオンになったデイモン・ヒル放出人事といわれている。

ウィリアムズで数々のチャンピオンマシンをデザインしたエイドリアン・ニューウェイ。フランク・ウィリアムズは彼を手放したのを後悔していたという
ウィリアムズで数々のチャンピオンマシンをデザインしたエイドリアン・ニューウェイ。フランク・ウィリアムズは彼を手放したのを後悔していたという

 そしてチーム運営的な部分では、BMWとのコラボの失敗が大きい。コラボ初期には何とか成績を上げてきたが、進歩は少なく勢いは後退。特にパトリック・ヘッドが退き、若きサム・マイケルをTDに就任させたあたりから、チーム内の不協和音が始まった。そして結局BMWとは袂を別つことになる。実際チーム運営を含めて、チームのイニシアチブを取ろうと画策したBMWと断固引かないウィリアムスが相容れなかった結果だ。

株式公開など経営が迷走。F1の要であるテクニカル部門が置き去りに……

 ほかにも、ウィリアムズのファイナンス戦略担当の若きアダム・パーもまた株式公開などレースチームとしては大きなギャンブルをして、堅実なチーム運営とは違った道を推し進めた。サム・マイケルもアダム・パーもまた短時間でチームを去っている。

 人事が変るたびに方針が変り、テクニカルも経営もウィリアムズは急激に継続性を失っていった。ギャンブル性の強い人事で起死回生を狙う、チーム経営にもマシン作りにもしっかりとした継続開発の信念が失われていった。

 残念ながら、この経営哲学はフランク・ウィリアムズの最後の時まで続いたのだ。

 ‘13年にパット・シモンズがテクニカル部門に就任すると、エンジニアリングの体制はそれなりに安定してきた。そして成績も右肩上がりに向上していった。しかし安定してきたところで、ウィリアムズは’17年からのTDにメルセデスからパディ・ロウの引き抜きを発表、‘16年末を待たずにシモンズはチームを去っている。’17年以降、チームは方向性を見失い、深い低迷の闇に落ち込んだのだ。

ウィリアムズBMW FW25。2003年シーズンはモントーヤとラルフが2勝ずつ計4勝でコンストラクターは2位。しかしクライマックスはここまでで翌年のFW26は失敗作で徐々に力を失っていく
ウィリアムズBMW FW25。2003年シーズンはモントーヤとラルフが2勝ずつ計4勝でコンストラクターは2位。しかしクライマックスはここまでで翌年のFW26は失敗作で徐々に力を失っていく

 ウィリアムズは名門チームであり、フランク・ウィリアムズが強力な指揮を取っていたときは十分にチームの強さを発揮できたのだが、フランクの体調とともにチーム内の人事は益々迷走をきわめ、多くのチャンスを失ってしまった。

 まわりのチームが全て大企業化していることに気づかなかったのか、あるいは気づこうとしなかったのか? しっかりとしたリサーチに基づく人事をせず、裏付けの無い起死回生を夢見ていたウィリアムズ。復活までまだまだ遠そうだが、2022年シーズンはもうすぐ始まる。

TETSUO TSUGAWA
TETSU ENTERPRISE CO, LTD.

【画像ギャラリー】かつて常勝チームとも言われた超名門ウィリアムズF1が成績不振に陥ったのは何故か?(6枚)画像ギャラリー

津川哲夫
 1949年生まれ、東京都出身。1976年に日本初開催となった富士スピードウェイでのF1を観戦。そして、F1メカニックを志し、単身渡英。
 1978年にはサーティスのメカニックとなり、以後数々のチームを渡り歩いた。ベネトン在籍時代の1990年をもってF1メカニックを引退。日本人F1メカニックのパイオニアとして道を切り開いた。
 F1メカニック引退後は、F1ジャーナリストに転身。各種メディアを通じてF1の魅力を発信している。ブログ「哲じいの車輪くらぶ」、 YouTubeチャンネル「津川哲夫のF1グランプリボーイズ」などがある。
・ブログ「哲じいの車輪くらぶ」はこちら
・YouTubeチャンネル「津川哲夫のF1グランプリボーイズ」はこちら

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!