クラウンはおっさん向けと言われてしまう苦悩

2018年6月26日に発売された新型(15代目)クラウンの発売1カ月後の受注台数が、月販目標台数4500台に対して約7倍にあたる約3万台と発表されました。絶好調の立ち上がりといえ、ド派手な王冠グリルで話題となった先代クラウンの発売1カ月後の受注台数は約2万5000台であり、先代に比べて5000台ほど上回っています。

ひとまず好調なスタートを切ったクラウンですが、イマイチ抜け出せない苦悩があります。それは購入ユーザー層の若返りができていないこと。クラウンユーザーの平均年齢は実に65歳と高齢化が進んでいて、トヨタはそれを変えるべく40〜50代のバリバリ稼ぎ盛りの世代を取り込もうとしています。

はたしてこの新型クラウンで念願の若返りが図れるでしょうか? そもそもクラウンは、なぜ「おっさん向けのクルマ」と言われてしまうのでしょうか?  清水草一氏が解説します。

文/清水草一
写真/編集部


■若返り策は、15年前のZEROクラウンから行われていた!

クラウンは、すでに15年前のゼロクラウン(12代目)から、積極的なユーザー若返り策を取ってきた。それまでブワンブワンだった足回りをスポーティに締め上げて(今思えば、それほどでもなかったが)、デザイン的にもかなりスポーティに変革した。

次の13代目のその正常進化版。そして14代目では、アスリート系にアッと驚くイナズマグリルを採用し、ショッキングピンクの限定車を販売。走りも適度にスポーティで適度に安楽で、文句をつけたくなるような部分はなかった。

なにせ、ルックスをあれだけ若々しく、インプレッシブに変更したのだ(アスリート系のみですが)。これなら新しいユーザー層を開拓できるんじゃないか? と本気で思いました。実は私、今でも先代アスリート系の顔のファンなのです!

こうしたクラウンの若返り策は、まったく無意味だったわけではなく、若干の高齢化抑止効果はあっただろう。つまり、この15年間で、放っておけばユーザー平均年齢が15歳高齢化するところを、12歳くらいに抑えたのかなぁ、と勝手に推測している。

「ZERO CROWN~かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる~」というキャッチコピーのゼロクラウン。保守的なイメージを一新し、エンジンも直6からV6に変更

稲妻グリルにもビックリしたが、やはり度肝を抜かれたのはピンククラウン。これも若返りを図るべく考えられた。2013年9月から1カ月間の期間限定での受注販売だったが、合計650台受注。このピンクは新色でモモタロウと名付けられた

■さまざまな若返り策を講じてきたが、おっさんイメージは覆せなかった!

しかし、根本的な部分を変えることは、ついにできなかった。これだけ頑張っても、クラウンのおっさんイメージは覆せなかった。それは、クラウンの長い歴史が、重い足かせになっているからだ。その事実を思い知るしかない。

例えばメルセデスといえば、だれがなんといおうと高級車というイメージだ。AクラスだろうがBクラスだろうが、ベンツの高級車イメージは1ミリも動かない。歴史の重みである。

一方BMWと言えば、間違いなくスポーティなイメージだ。2シリーズアクティブツアラーがいかにカピバラみたいなフォルムでも、顔を見ればBMWだとだれもが認識し、高速道路で道を譲ってくれる。これまた歴史の重みだ。

同様にクラウンと言えば、日本で最も保守的なセダンというイメージ。それは、なにをどうやっても、びくともしなかったのだ。

クラウンに乗るのは地方の社長さんに加えて、タクシーやハイヤー、パトカーに覆面パトカー。その構図は変わっていない。いずれも、ふんぞりかえった権力側というイメージである。そういうイメージが半世紀もの間、脈々と受け継がれてしまったらもう、それを変えるのは死ぬほどムズカシイ。

クラウンはパトカーや覆面パトカー、タクシー、ハイヤーなど、あらゆるところで使われている。清水氏は、どこか権力側のイメージがあり、それを覆すのは難しいと指摘する

■トヨタの危機感が15代目クラウンに反映されているが……

  しかしクラウンは、日本初の自主開発国産乗用車という、これまた歴史の重みがある。その重い歴史が、このままでは消滅してしまう。そのトヨタの危機感が、今度の15代目クラウンに反映されている。走りをニュルで鍛え、デザインもスポーティな6ライトに変更したのである! その効果か?  初期受注は好調で、発表から1か月で、月間販売目標台数である4500台の約7倍、3万台の受注があったという。

しかし私は、今度のクラウンには、従来のおっさんイメージを覆すだけのパワーはまったくなく、この調子は長続きしないと予想する。逆に今度のクラウンは、クラウンが出るたびに乗り替えてきた既納客からも、脱落者が多めに出るような気がしてならない。

その背景には、クラウンのような保守的イメージのセダンは、すでにユーザーの高齢化がいくところまでいっていて、「もうクラウンみたいな大きいクルマはムリ」と、ダウンサイジング化を図るユーザーが増えてくるはず、という予測があるわけだが、それにしても新型クラウンには、あまり魅力がない。

これまでクラウンは太いCピラーが採用されてきたが、歴代モデルで初めて6ライトウインドウを採用。新型クラウンの価格は2L直4ターボが460万6200〜559万4400円。2.5L直4ハイブリッドが497万8800〜579万9600円。3.5LV6ハイブリッドが623万7000〜718万7400円

欧州車で新型クラウンに近いフォルムを持っているのは、伝統的に6ライトウインドウを採用する新型アウディA6 

■ニュルブルクリンクで鍛えた足回りは必要か?

ニュルブルクリンクサーキットで鍛えた走りは、ワインディングを攻めれば確かに感じられるが、ユーザーが求めているのはそういうものではなく、漠然としたプラスイメージだろう。

「今度のクラウンはニュルで鍛えたから、BMWと競合できる」とはならないし、そっちの土俵で戦ってしまったら、逆に本場ドイツ勢には、イメージ的に太刀打ちできない。なにしろニュルはドイツにあるのだから。

デザインの完成度も高いとは言えず、ドイツ御三家と比べたら大差がある。別にユーザーは6ライトのスポーティなフォルムを求めているわけではなく、カッコいいほうがいい、というだけなのである。

並みいる欧州セダンと真っ向勝負するには、またユーザーの若返りにはニュルブルクリンクで鍛えた足回りが必要だった……

■アウディのスポーツバックやベンツCLSはカッコいい。新型クラウンは「おっさんの若作り」

同じ6ライトでも、アウディのスポーツバックシリーズは、間違いないカッコいいしエリートっぽい。メルセデスのCLSも、スタイリッシュなお金持ちというイメージが沸く。しかし新型クラウンを見て感じるのは、「オッサンの若作り」である。

これは全体としてのイメージで、どこがどう、と指摘するのはあまり意味がないが、あえて言えば、タイヤ位置が全体に前に移動したのに対して、6ライト化によってキャビンの位置は後ろ寄りに移動した。これでフォルムのバランスが微妙に狂った。

つまり、オッサンが若々しい服を着てみたけれど、センスがなくて似合ってないのである。無念。

昨年発表されたA7スポーツバックやベンツCLSなどは斬新かつ先進的なのだがクラウンは……

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ