ハリアーPHV登場!! ほかアウトランダーなど人気モデルの最新情報とって出し!!

ハリアーPHV登場!!! ノア/ヴォクシー受注状況は?? ほかアウトランダー ヴェゼル セレナ 人気モデルの最新情報とって出し!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回って新車情報を収集し、披露してくれる流通ジャーナリストの遠藤 徹氏。

 今回はハリアーの一部改良とPHV設定、新型ノア/ヴォクシー・新型アウトランダー受注状況、ヴェゼルの納期などなど、各社人気モデルたちの最新情報をまとめてお届け!!

※本稿は2022年1月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年2月10日号

【画像ギャラリー】気になる人気車の納期や新型投入時期ほか最新トピックをギャラリーでクイックチェック!(10枚)画像ギャラリー

■トヨタ 今秋にもハリアーにプラグインハイブリッド車を設定

ハリアーは今年10月に一部改良が実施される予定。同時にプラグインハイブリッド車も追加され、こちらはRAV4 PHVのシステムがベースになる

 トヨタは今年10月にもハリアーを一部改良すると同時にプラグインハイブリッド車のPHVを設定します。

 PHVユニットはRAV4 PHVと基本的に同じ2.5Lをベースにしたシステムで4WDになると思われます。

 一部改良では、装備を充実させながらお買い得価格にした特別仕様車の新グレードも追加する見込みです。

 なお、従来モデルはハイブリッド車をすでにオーダーストップしています。ガソリン車も7月中には生産中止し、改良モデルの準備に備える方針です。

■トヨタ 新型ノア/ヴォクシーは販売好調で納期は半年待ち

 トヨタが1月13日に発表、発売した新型ノア/ヴォクシーは絶好調の滑り出しで売れていますが、納期は延びています。

 昨年12月8日の事前予約直後の納期は4月以降でしたが、年明けの1月中旬には2カ月以上延びて納期が7月以降にずれ込んでいるのです。

 受注は、特にハイブリッドの最上級グレードである「G-Z」に集中しています。

 ノアとヴォクシーの車種別ではほぼ同程度の受注数で、従来専売だったカローラ店ではノア、ネッツ店ではヴォクシーの受注構成比が高いですが、トヨタ店とトヨペット店は同程度で二分しています。ハイブリッド比率は85%以上で、大きくなっています。

 先代型では50万円程度あったガソリン車とハイブリッド車の価格差を30万円程度に縮小したのと、4WD車を加えたことも、ハイブリッド車の受注比率が高まる要因となっています。

■新型アウトランダーの受注累計が1万台を突破

昨年12月に発売されたアウトランダーPHEVが好調な売れゆきを見せている。納期は半年ほどかかっている状況で、三菱としては久々のヒット車になりそう

 三菱自動車が昨年12月上旬に発売した新型アウトランダーPHEVが好調な販売推移を見せています。

 月販目標の1000台に対して、発売1カ月後の受注台数は約7000台で、1月末現在では1万台を突破したようです。

 そのため、増産対応を検討していますが、半導体部品の供給が思うように進んでいないため、納期は半年以上かかっています。

 現行モデルではプラグインハイブリッド車に一本化しましたが、世の中の電動車への関心が高まっており、引き合いは一段と加速しています。

 グレード別の構成比では大部分は装備が充実した「P」で占められています。同社にとっては久しぶりのヒットモデルになる可能性が高そうです。

■トヨタ ヤリスクロス&ヤリスは今夏に一部改良予定

 トヨタは今年8月にヤリスクロスとヤリスを一部改良する予定です。ヤリスクロスはさらにクロカン色の強い4WDの最上級グレードを設定する見通しです。

 ヤリスは最新版の先進安全装備への改良などによるラインナップの強化が予想されます。

 現在、納期はヤリスクロスが8月、ヤリスが7月と大幅に遅れています。

 そのためか、現行モデルはヤリスクロスが1月いっぱい、ヤリスが2月末で一旦生産をストップさせ、改良モデル投入の準備に備えるものとみられます。

次ページは : ■トヨタ アルファードは2023年中盤にフルモデルチェンジ