地震発生!! もし運転中だったらどう対処する?


日本は災害大国でもあるが、そのなかでも特に恐ろしいのが地震だ。大きな揺れのみならず、津波や土砂崩れなど地震を起因とした災害も怖い。

万が一大きな地震が来た時、運転中だったらどうするべきだろうか? 今回は防災の専門家にアドバイスを聞いてみた。

文:和田隆昌(災害危機管理アドバイザー)/写真:ベストカー編集部
ベストカー2018年8月10日号


■一般道を走行していて地震がきたら?

運転中に大地震が発生した時、防災のマニュアルでは、最も適切な方法は「ハザードランプを出し、周囲を確認しつつスピードを落とし、路側帯等に車両を寄せて止まる」とされている。

もちろんそれ自体は間違っているわけではないが、実際にそのように冷静に行動できるのだろうか?

筆者自身も運転中に地震を経験したのは震度5強までだが、それでも横風を受けたような衝撃があり、数秒間、ハンドルをとられるような感覚に陥った。

道路が比較的空いていたこともあり、余震もなかったので無事に済んだのだが、これが震度6弱〜震度7になるといったいどうなるのだろうか。

そして、停車後にどのような行動をとるのが正しいのだろうか、過去の震災での事例を参考にして検証していきたい。

【一般道路を走行中の対処 (都市部)】
一般道路を40km/h程度で走行中に地震が発生した場合、追突事故などを起こさずに冷静に路側帯などにクルマを止められれば、停車した車内は建物内や屋外に比べても、安全な場所と考えられていて、その場にとどまるのは正解だ。

車内でラジオやスマートフォンなどで被害状況などの情報を入手したうえで次の行動を考えるべきなのだが、停車させる場所には注意したい。

一般道でも頭上にこのような橋げたや高架がある場合はそこからの落下物などの危険も考慮にいれたい

高速道路の直下や橋脚の下、トンネル内、古いビルなどが道路間近に迫っているような場所は落下物による被害の可能性があり、過去の震災においても、車両内での死亡事故が発生しているからだ。

さらに都市部において問題なのは地震発生後、すぐに起きる大渋滞への対処だ。首都圏では、震度6弱以上が発生した場合には、警察は緊急車両を優先通行させるための交通規制や、幹線道路への車両の進入禁止措置が即座に発令されるため、渋滞はすぐに大規模に広がる。

さらに事故や火災の発生や、道路内への車両の乗り捨て、道路上への歩行者の立ち入りなどによって道路が駐車場化する。

警察は「震災発生時には車両を道路外に移動させ、ドアをロックさせず、キーを付けたまま、徒歩で避難しましょう」というが、どれだけの人がそのマニュアルに従うかは”?”である。

クルマを乗り捨てて避難する場合は、少なくとも幹線道路の路側帯に放置するのは大変な迷惑行為となるので避け、それ以外のスペースを探し、できるならば駐車場などに入れ、連絡先を書いたものをウインドウに明示するなどしてから徒歩で移動するというのがベストな選択だ。

【一般道路を走行中の対処 (郊外・山間部・沿岸部)】
郊外や豊かな自然のなかでの運転中に震災に遭った場合、都市部では考えられないような二次的災害に遭う可能性を想定しておかなければならない。

その典型的な例が、海岸沿いなどを走っていた場合である。安全にクルマを止められたならば、すぐに確認しなければならないのが「津波情報」。

震源地が内陸部ではなく、海溝などで発生した場合には津波被害の可能性を考えるべきだ。

気仙沼に住む自分の親類は、地震の後に海岸沿いを10分ほど走った後、内陸部にある自宅に戻ったため、ほんの数分の差で命拾いをした。

また熊本地震の発生後、熊本へ向けて山間部を走行中、数トンはあろうかと思われる岩が路上に無数に散乱しているのを発見した。

「地震の避難はクルマではなく徒歩で」の基本は場所によっては通用しない。

より安全な場所への移動の最善の手段がクルマであれば、迷うことなくクルマでより安全な場所へと移動することをお勧めする。

■高速道路上の地震では追突に注意すべし

震災発生時に最もリスクが高いと考えられるのは高速道路を走行中の場合だ。

地震発生時に前後にクルマがいた場合は、先行車に急ブレーキを踏まれたり、後続車に追突されたりする恐れを考えないといけない。

先日発生した大阪北部地震での記録映像では、高速道路上でクルマが飛び跳ねるような動きをし、横倒しになりそうなほどの揺れだった状況が公開されている。

高速道路では急停車などで追突事故が発生する可能性もある。落ち着いた避難が大事だ

今回は、地震発生時の大きな事故は報告されてはいないが、1995年に発生した阪神淡路大震災では、無数の追突事故が発生したのはもちろんのこと、高速道路の橋脚が倒壊し、クルマが地上に落下、さらに落下した橋脚の下を走行していた車両のなかで、多くの人命が失われている。

今後の震災発生時に、これらのような状況が再現されないという保証はない。高速走行時、さらに高速直下を走行している場合、それらを頭の隅に置いておく必要がある。

高速走行時に震度6強から7の強震が発生した場合、とにかく最初の揺れが収まるまで追突事故に巻き込まれないようにすること。

大きな地震発生時には、揺れが複数回続く可能性も考え、停止後も油断せずに、なるべく早く高速道路外に脱出するほうがリスクを最小限にすることができるだろう。

また前後に大渋滞が発生して身動きがとれなくなり、車両火災などで身の危険が迫った場合には、クルマを捨て、非常口からの避難というのも考えておくべきだ。

次ページは : ■震災時に最も危ない道路はどこなのか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ