乗車定員7人乗りのミニバンは大人1人と子供10人までOK? 【正しい乗車定員教えます】


 お盆休みのサービスエリアはミニバンが7~8割を占める状態だった。ふと見ると、3世代の家族で7、8人乗っていた。

 また、近所の川原にある野球場で練習試合があるというので、子供を送っていったらミニバンから小学生8人くらいがゾロゾロと出てきた。

 うん? この場合、7人乗りのミニバンに大人1人、子供8人って合法なのか? クルマの乗車定員ってどうなっているのか?  

 そこで、そもそも乗車定員に決まりってあるのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーweb編集部


■微妙な子供の「乗車定員」の規定

夏休みやGWの休みで友達家族と遠出する機会があるかもしれない。また子供が所属している野球やサッカーの試合のために自分の愛車のミニバンに何人まで乗せられるのか、悩んでいた人もいるかもしれない

 まずは、法律で子供たちを含めた乗員数がどう決められているのか、すなわち、全長が車両規定で3.3m以下になる軽自動車から5m近い大型ミニバンまで、家族で何人何人乗れるのか、チェックしてみよう。

 まずは乗員数はどう決められているのか確認してみると、道路運送車両法の保安基準の「乗車定員及び最大積載量」についての「第五十三条 2」で、乗車定員はこう規定されている。
「十二歳以上の者の数をもつて表すものとする。この場合において十二歳以上の者一人は、十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする。」

 子供(正確には乳児/幼児)の乗員数を計算するには、乗車定員から大人の乗員数を引いて、1.5かけた数字が子供の乗車定員となる。小数点以下の端数は切り捨てると、乗車できる人数となる。

 この規定には、すべての車種に当てはめようとするとグレーな部分が出てくるのだが、それは追って指摘していく。

■乗車定員5名のセダンは法律上は大人1名だと、子供は6人?

 まずは乗車定員5名のセダンから、子供は何人乗れるのか確認してみよう。一般的な5名乗車であれば、たとえば、大人2名だと、「5-2」で3、これに×1.5すると3.5となり、子供が乗車できる人数は3名ということになる。

 後席に3人子供が乗るのはなんとかなりそうと思われるかもしれないが、忘れてはいけないのが、法律で6歳未満の幼児用補助装置とされるチャイルドシートの取り付け義務があることだ。

 幼児の安全性を確保するために法律で義務づけられているチャイルドシート(ジュニアシートを含む)は、JAFでは大人用シートベルトの適合身長は140cm前後以上を推奨している。

 これを合わせると『6歳未満で身長が140cm以下』でチャイルドシートが必要となるのだが、年齢が6歳以下でも身長が140cm以上ならシートベルトを着用できるので、安全性は確保できるという、「年齢か、体格か」という“ダブルスタンダード”が生じてしまう。

 ちなみに、12歳以下の子供に使われるクッションなどで製作されたジュニアシートでは、適合年齢は3~10歳、身長は約100cm~150cm、体重が15kg~36kgといった想定があるが、6歳以上なら補助装置の装着義務がないというのも、どこか矛盾があるように思える。

次ページは : ■増える乗員にシートベルトが間に合わない?