バッテリーEVも燃料電池もバイオディーゼルも全部本気? ボルボが燃料電池トラックを初公開!!

バッテリーEVも燃料電池もバイオディーゼルも全部本気? ボルボが燃料電池トラックを初公開!!

 ボルボ・トラックスはこれまでバッテリーEV(BEV)トラックやバイオガスなど再生可能燃料を使ったゼロエミッション・トラックを提供してきたが、新たな選択肢となる燃料電池(FCEV)トラックを初めて公開した。

 1000kmの航続距離など従来のディーゼル車と同等の性能と、CO2排出ゼロを両立するFCEVトラックを2020年代後半に商用化する計画だ。FCEVの中心的なコンポーネントとなる燃料電池は、ボルボとダイムラーの合弁企業が欧州で製造する。

 水素の充填施設などのインフラ整備、再生可能エネルギーから作られた「グリーン水素」の供給など、環境が整うまではまだ時間がかかるが、長距離輸送や重量物輸送などの分野でFCEVトラックの可能性が拡がっている。

 ただボルボ・トラックスは「トラックの未来はBEVか、FCEVか?」という賭けはしていない。輸送の脱炭素化という目的のために、それぞれの業務に適したオファーをポートフォリオに追加するという立場で、BEVとFCEV、バイオディーゼルなどはお互いに補い合う手段とした。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/AB Volvo

【画像ギャラリー】ボルボが初公開した燃料電池トラックを画像でチェック!(4枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ