ホンダの新型SUV「ZR-V」が先行公開!! 先行予約受付は9月からスタート!

ホンダの新型SUV「ZR-V」が先行公開!! 先行予約受付は9月からスタート!

 2022年7月14日、ホンダは2022年秋発売予定の新型SUV、ZR-Vに関する情報をホンダの特設サイトにて先行公開した。そして発売に先駆けて、先行予約が9月から開始することも明らかにされた。

 新型ホンダZR-Vは、すでに中国ではZR-V、アメリカではHR-Vとして発表されているが、今回、日本仕様のZR-Vの情報がやっと先行公開されたというわけだ。

 はたして日本仕様のZR-Vの発表された中身はいかなるものか、解説していこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】ヴェゼルの兄貴ぶん、新型ZR-VはホンダSUVの本命になりうるか?(10枚)画像ギャラリー

■グラマラス&エレガントな洗練されたデザイン

日本仕様のZR-Vは中国、アメリカ仕様と違う縦のスリットが12本入っているのが特徴
日本仕様のZR-Vは中国、アメリカ仕様と違う縦のスリットが12本入っているのが特徴

★ZR-V特設サイトはこちら!

バーチカル(垂直)グリルと横長のシャープなヘッドライトが特徴的なフロントマスク
バーチカル(垂直)グリルと横長のシャープなヘッドライトが特徴的なフロントマスク
アメリカ仕様のHR-V(ZR-V)には2種類のグリルが用意されている。これはヘキサゴン形状のハニカムグリル
アメリカ仕様のHR-V(ZR-V)には2種類のグリルが用意されている。これはヘキサゴン形状のハニカムグリル
アメリカ仕様のHR-V(ZR-V)に用意されている、もう1つフロントグリル
アメリカ仕様のHR-V(ZR-V)に用意されている、もう1つフロントグリル

 新型ZR-Vは、アメリカではHR-Vという名称で、中国と欧州ではHR-Vとしてすでに発表され、アメリカでは2022年6月7日から発売されている。

 日本でもティザー写真が2022年5月19日に公開され、ZR-Vとして年内に発売することがアナウンスされているが、今回、さらに踏み込んで日本仕様のZR-Vのエクステリアおよびインテリアの写真をはじめ、コンセプト、エクステリア&インテリアデザイン、パッケージング、パワートレインなどの概要が発表された。

 今回、初めて日本仕様のZR-Vの写真が明らかにされたわけだが、エクステリアの写真を見て驚いた。フロントグリルが北米仕様や欧州仕様、中国仕様とはまったく違うものだったからだ。

 北米仕様や欧州仕様、中国仕様のフロントグリルは、2種類あり、ヘキサゴン(六角形)のハニカム形状と、もう1つはやや大きめのメッシュ形状なのだが、それとは全く違う12本のスリットが入った縦グリル(バーチカルグリル)が採用されている。まるでマセラティのSUVを想わせる高級感で威圧感もあって、日本仕様の縦グリルのほうが断然カッコいいように思える。

 さて、さっそく今回公開されたリリースの抜粋を紹介していこう。

■コンセプト
 ZR-Vは「異彩解放」というグランドコンセプトのもと、お客様の個性を解き放ち、お気に入りの一張羅のように気分を高めるクルマを目指して開発されました。「グラマラス&エレガント」をキーワードに美しく洗練されたデザインや、意のままに操ることを目指したダイナミクス性能など、ドライバーに自信と余裕をもたらすクルマとして、SUVに新たな価値を提供します。

■主な特長
<デザイン>
 デザインには、都会にも似合うスマートでエレガントな演出を施しています。エクステリアは、フロントからリアにかけて、ボリューム豊かで滑らかな面が特徴的な流麗なプロポーションとしました。

 フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質でありながら凛々しく存在感のある表情を作り出しました。

 リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形としています。

ハイデッキで視界のいい上質な新型ZR-Vのコクピット
ハイデッキで視界のいい上質な新型ZR-Vのコクピット

 インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用することで、広々とした空間を演出しました。また、細部にわたる部品の仕立ても、機能的で緻密な仕上げによって造形の美しさを際立たせ、1クラス上の上質な室内空間を目指しました。

 加えて、ハイデッキセンターコンソールによって運転席と助手席を分けることでパーソナルな空間を創出しました。

<パッケージング>
 低く安定したドライビングポジションと、見晴らしのよいアイポイントを両立させることで、運転のしやすさの確保と、ドライバーとクルマとの一体感を高めることを目指しました。

 また、ワイドで水平基調な前方視界に加え、後方についても他の車両や歩行者などを認識しやすい視界とすることで、運転時における良好な視界を追求しています。

 後席についても、前席同様ヒップポイントを低く設定することで、ルーフエンドのデザインの自由度を高めることが可能となり、流麗なルーフラインと空力性能向上をともに実現しました。

 また、使い勝手の良い多彩な収納スペースを用意し、お客様のさまざまなニーズに応えられるユーティリティを確保しています。

<パワートレーン>
 ハイブリッドモデルには、CIVIC e:HEVで新開発した2L直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVTの「スポーツ e:HEV」をSUVに初搭載。市街地から郊外、高速道路、ワインディングなど、さまざまなシーンにおいて、1クラス上の上質で爽快な走りを提供します。

 また、高レスポンスで軽快な走りを提供する1.5Lターボエンジン+CVTのガソリンモデルも設定しています。

 ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともに、リアルタイムAWDを設定。優れた雪上旋回や登坂の性能を持ち、安心感のある雪上走行を実現しています。

 以上、プレスリリースからの抜粋終わり。

次ページは : ■ボディサイズは? 日本でのラインナップ、予想価格は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ