新型RAV4が欧州発表 マイナーチェンジの中身は? 日本ではいつ発売?

新型RAV4が欧州発表! マイナーチェンジの中身は? 日本ではいつ発売?

 2022年6月22日、RAV4の欧州仕様がマイナーチェンジした。日本仕様よりも先にマイナーチェンジしたわけだが、日本のRAV4はいつになるのか? 欧州仕様と同じマイナーチェンジの内容となるのだろうか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底レポート!

文/遠藤徹
写真/ベストカーweb編集部、トヨタ

【画像ギャラリー】トヨタ RAV4欧州仕様がマイナーチェンジ!! どこが変わった!? 日本版はどうなる!?(13枚)画像ギャラリー

■欧州版RAV4がマイナーチェンジ!!

2022年6月22日、欧州版トヨタ RAV4がマイナーチェンジして登場した。安全対策強化などが施されている

 6月22日、欧州でRAV4がマイナーチェンジしたが、日本では2022年10月4日の発表という情報(ディーラー調べ)が入ってきている。むろん、近頃の半導体不足の影響による遅延が予想されるため、10月頃と考えていたほうがよさそうだ。

 今回はRAV4のマイナーチェンジの内容は、安全対策強化、利便性の向上、装備の充実、カラーリングの再編などで、内外装のデザインは小変更程度で、車両本体価格は17万~25万円程度アップする。

 正式に価格が決まり、先行予約が開始するのは9月上旬の見通し。ただ前述した通り、半導体を中心としたサプライヤーからの部品供給遅れによって、発表、発売や納期遅れで多少スケジュールの変更がある可能性もある。

 ただ改良内容はすでに販売店に詳細に伝えられており、一部の販売店では現行モデルをもとに仮の見積書を作成、納期の順序を決めるために、具体的に商談を進めている店舗も出始めている。

 現行モデルは2019年4月10日に発売、2020年6月8日にはRAV4PHVを追加設定、2020年8月7日には最初の一部改良を実施し、同年末にはアドベンチャーにハイブリッド車を加えた。

 今回は現行モデル発売から2年半が経過し、初めての中規模なマイナーチェンジとなる。合わせて今夏に排ガス&走行規制の強化に対する法規対応も実施する。

欧州仕様のマイナーチェンジ版RAV4のコクピット

 具体的には装備内容ではパノラミックビューモニターに床下透過装置の追加(Xグレードを除く)、デジタルインナーミラーの録画機能追加(Xグレードを除く)、ディスプレイオーディオやCD&DVDデッキの廃止、USB端子をタイプAからタイプCへ、ETC2.0を全グレードに標準装備としている。

 最大のポイントは、マルチインフォメーションディスプレイとディスプレイオーディオだ。マルチインフォメーションディスプレイは、Xグレードが4.2インチから7インチTFTカラーディスプレイに、Xを除くグレードは7インチTFTカラーディスプレイから12.3インチフルデジタルメーターに変更。

 ディスプレイオーディオも新型ノア&ヴォクシーと同じ、コネクテッドナビ対応のディスプレイオーディオに変更。Xグレードは7インチから8インチとなり、Xを除くグレードは8インチから10.5インチのディスプレイオーディオプラス(メーカーオプション設定)となる。

 安全面では自動ブレーキの検知機能強化、右左折時でも反応する機能設定など充実させている。

■マイナーチェンジ版の納期はどうなる?

現行型トヨタ RAV4。多数のバックオーダーを抱え、納期が4ヵ月以上に達している

 RAV4 PHVもほぼ同じ内容でマイナーチェンジを受けるが、生産開始が多少先送りになる分、納期がずれ込む見通しとなっている。これまでRAV4PHVはRAV4と実質別モデルとしてカタログを分けていたが、改良型はRAV4と同じラインナップに組み込む。

 特別仕様車の「アドベンチャーI」は「オフロードパッケージ」を追加し「アドべンチャーII」としてラインナップする。

 ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインをより見栄えのするプラチナホワイトパールマイカに変更するほか、アドベンチャーは新たに2トーンのルーフブラック&ボディカーキーとルーフブラック&ボディグレイッシュブルーの2タイプを加える。

 従来グレードからのラインナップの変更はない。車両本体価格の値上げ幅は最上級のGZパッケージ、アドベンチャーオフロードが約25万円、Gが22万円、アドベンチャーが20万円、Xが17万円程度の値上げになる。

 これによって従来の277万4000~408万5000円→277万4000~435万6000円程度となる。これまでRAV4は大半がGタイプの売れ行きに集中し、アドベンチャーは全体の10%程度と少なかったが、今回の特別仕様車の充実によって、販売構成比は全体の20%以上に達することを見込んでいる。

 従来モデルは多数のバックオーダーを抱え、納期が4ヵ月以上に達している。バックオーダー分の生産&納車は改良前の分も含め、改良したモデルで生産し、納期する方法に切り替えるが、先に申し込んだユーザーを先行して納車することになる。

 仮の見積書作成分は9月上旬に正式な価格が決定した時点で正式な契約書に書き換えられる。

 納期については契約した時点でユーザーに伝えられるが、最近はサプライヤーからの半導体を中心とした部品供給の遅れの影響で、スムーズな生産ができないために、この改良モデルの発売後の納期は来年にずれ込む可能性がある。

次ページは : ■証言:首都圏ネッツトヨタ店営業担当者

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ