PHV追加で魅力倍増!! 走って楽しい 使って便利 RAV4の魅力を語り倒す!!

見せてもらおうか……RAV4に追加されたPHVの性能とやらを! トヨタRAV4 PHV試乗レポート!!

 現行型RAV4は2019年のデビューから3年がたつが、そのシャープなスタイリングはいまだに色褪せていない。それどころか2020年にプラグインハイブリットのPHVを追加したことでますます魅力を高めている。

 そんなRAV4の魅力をニュータイプな(?)自動車ライター伊藤梓氏がレポート!

文/伊藤梓、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】SUVらしさ満点&普段使いも満足!! トヨタRAV4 PHVとのめぐりあいはSUVの革新だ!!(12枚)画像ギャラリー

■RAV4 PHVは個性が光るSUV

2019年4月に登場したトヨタ RAV4。今回試乗したPHVモデルは2020年6月に追加された

 SUVというカテゴリーは、少し前までは「トレンドのクルマ」と認識されていた気がしますが、最近では、ただの流行りではなく、もはや他の主要なカテゴリーと並んで一般的なモデルになってきたように感じます。

 これまでのように、オフロードや4WD性能が優れているだけではなく、市街地や高速道路などでも快適に走れたり、デザインもスタイリッシュだったり……。SUVの用途もどんどん幅広くなっていて、より万人に受け入れられるカテゴリーへと進化しています。

 たくさんのSUVが生まれることは、もちろん悪いことではありませんが、その一方で、見かけだけでSUVらしい個性が失われているモデルもあったり、あまりに数が増えすぎていたりと、「一体どんなSUVがいいんだろう?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 そんなSUVの中でも、私が特に光る個性を感じるのは、トヨタRAV4 PHVモデルです。

 トヨタのクルマというと、優等生でバランスが取れているモデルも多く、「あまり個性がないな……」と感じることもよくあります。ところがRAV4は、性能をトンガらせた部分を作って、きちんとそれを魅力に変えているモデルだと思います。

 特に注目して欲しいのは、その走行性能の高さ。サイズ感で言えば、国内SUVの中では大きめで、デザインもゴツく、一見すると扱いにくそうなモデルに思えるのですが、運転してみると、あまりのスムーズさに驚きます。

 RAV4は、SUVというモデル特有の大きさと重さを感じさせず、自分の操作に対してとても素直に反応してくれます。狭い路地から高速道路、そしてちょっとした峠道に至るまで、気持ちよくクルマを走らせることができます。

 大きいRAV4を自在に動かしていると、ガンダムでいうところのニュータイプになって、モビルスーツを自在に動かしているような気分になります(もちろん乗ったことはありませんが)。

 RAV4であれば、クルマの運転が苦手な人でも、想像よりもずっと楽に運転できると思うので、「大きいクルマは怖いな」と不安に思っているなら、一度試乗してみることをおすすめします。きっとその走行性能にびっくりするはずです。

■PHVで魅力上乗せ! さらにできるようになったなRAV4!!

「ニュータイプがモビルスーツを自在に動かしているような……」と、ガンダム世代には刺さりまくるレポートを寄せてくれた伊藤氏。わかるよララァ……

 そして、PHVモデルは、さらなるRAV4の魅力を体感することができます。RAV4 PHVのパワートレインは、2.5L直4エンジンと、前後にひとつずつモーターが搭載されていて、システム最高出力は306psを発揮します。

 少しアクセルペダルを踏み込めば、背中を押されるような大トルクが放出されるので、パワー不足を感じるシーンはほとんどありません。

 さらに、モーターだけで走行できるEVモードの航続距離は、約95km(WLTCモード)。これだけの航続距離があれば、日々の買い物や通勤で使う時などは、ほぼEV走行でまかなえてしまいます。PHVは、エンジンがかかる時間が少ないこともあって、車内はとにかく静か。

 エンジンモデルでも十分スムーズに走行できるのですが、PHVモデルでEV走行していると、その静粛性とスムーズな加速感から、さらにひとクラス上のモデルのような上質さを感じます。

 「ちょっとゴツめのかっこいいSUVモデルが欲しいけど、運転のしやすさや室内の快適性は外せない!」という人にはぴったりのモデルかもしれません。

RAV4 PHVのパワーユニット。モーターならではの加速が楽しめる

 走行性能の高さ以外にも、私自身が気に入っているのは、後席のシート。実は、このシートについて、「リクライニング幅が少ない」「後席を倒してもフラットにならないので車中泊しにくい」などのネガティブなコメントも多く見受けられます。

 確かにそれは事実なのですが、私が後席に座ってしばらく乗ってみた感想はちょっと違っていました。

 後席のリクライニング機能は、標準の状態、もしくは少し寝かせた2段階しかないのですが、この寝かせた状態がすごくRAV4の性格に合っているんです。

 例えば、友人や家族とアウトドアやレジャー、海水浴などに行った帰りに、心地いい疲れを感じながらクルマに乗り込んで、だらんと座る時。そのまま、楽しい思い出に浸りながらみんなでワイワイ帰る……そんなシーンがイメージできてしまうくらい、体を預けるのに絶妙なシート角度だと感じました。

 ピシッと背筋を伸ばしてお行儀よく座るというより、ちょっとラフに腰掛けると、これが丁度いいんです。

 シート素材も後席だからと手を抜かずに、座面も背面もしっかりと厚めになっていて長時間座っていても疲れにくいところも◎。

 このように、後席シートがしっかり作られていると、倒した時にフラットにならないのは仕方がないので、車中泊を前提で考えている人は、フラットになるように工夫するツールを自分で揃えるか、より車中泊に向いたモデルを選んだ方がいいかもしれません。

 その代わり、荷室は後席を倒さなくても、荷室容量は490Lと十二分の広さがあるので、どこかにアウトドアに出かける時などには、気にせず荷物をポンポン積むことができます。

次ページは : ■見た目と実力を兼ね備えた才色兼備なSUV

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ