ガソリン高の今、マツダCX-60登場で再び陽の目を見そうな「クリーンディーゼル」という選択はあり? なし?


 マツダ期待の新世代ラージFRモデル第1弾、CX-60が6月24日から予約を開始した。CX-60にはガソリン車、クリーンディーゼル車、マイルドハイブリッド車、プラグインハイブリッド車など多数のパワートレーンが用意されている。

 マツダによれば、「日本はディーゼル車が人気なので、長距離を乗られるお客さまも含めてまずはディーゼルが主流になるだろうと考えて、さらにそれをベースに低速のパワーや燃費を補うマイルドハイブリッドを設定しました。ガソリン車のほうがいいというユーザーに向けて、2.5L直4ガソリンと、それをベースに電動化技術を盛り込んだPHEVを用意し、さまざまなニーズに応えられるようにしています。欧州はPHEVを含むガソリン車、アメリカはターボへの要望が強く、それぞれの仕向け地に適したエンジンを投入します」とのこと。

 現在もなおガソリン高騰が続くなか、ガソリンより安い軽油を使うクリーンディーゼルエンジンもあえて選択の余地として残したマツダだが、クリーンディーゼルというパワートレーンの選択肢はありか、なしか。国沢光宏氏が指南する。

文/国沢光宏、写真/マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】マツダ期待の直6ラージFRモデル第1弾、CX-60登場でクリーンディーゼルは再び脚光を浴びるのか?(15枚)画像ギャラリー

■ガソリン価格の高騰が続くが、ハイブリッドか、クリーンディーゼルか?

CX-60にも搭載されているクリーンディーゼルはハイブリッドとはどんな違いがあり、どのような使い方をするべきなのか?

 ガソリン価格の高騰が続いている。このまんまということもないだろうけれど、ユーザーとしてはやはり対応策を考えておくべきだと思う。ということで、お薦めは「燃費のいいクルマを買う」ということだろう。

 簡単なことながら費用対効果は絶大だ。仮に燃費10km/Lのクルマに乗っているとしよう。リッター130円なら、1万km走ってガソリン代13万円になる。リッター170円だと17万円。4万円もの負担増。

 チョイスはふたつ。ハイブリッドかディーゼルです。多くの人が前者を選ぶと思う。燃費16km/Lになるとガソリン代は10万6000円になり、エネルギーコスト的に考えたら安くなる。リッター200円になったって12万5000円だから節約可能。

 そう考えてみたらハイブリッドって偉大だ。ガソリン高騰をすっ飛ばすくらいのパンチ力ありますから。ということでクルマを買うなら基本ハイブリッドだ。

■軽油はガソリンより20円安いのが効く! 高速メインならクリーンディーゼル有利

CX-60にはマイルドハイブリッドモデルとマイルドハイブリッドなしというふたつのクリーンディーゼルエンジンが設定される

 ふたつめのチョイスがクリーンディーゼルとなる。ここにきてあまり話題にならなくなってしまったけれど、ハイブリッドのアンチテージと言える。CX-60の場合、マイルドハイブリッドなしのディーゼルは燃費でハリアーなどのハイブリッドにこそ届かないものの、14km/Lくらい走ってくれます。燃費だけ考えたらハイブリッドに届かない。けれど、軽油はガソリンより20円も安い!

 1万km走った時の燃料コストは10万7000円。ハイブリッドとの差はなし! もう少し深く突っ込むと、走行条件によってはハイブリッドより安く付く。ディーゼルが得意としているのは、比較的走行速度の高い領域だ。

 新東名や東北道の制限120km/h区間を流れに乗って走るようなケースだと、絶対的な燃費でかぎりなくハイブリッドに迫る。こうなれば20円安い分のメリットが出てくる。

 逆に街中の渋滞ばかり走るような使い方だと、ディーゼルのメリットはなし。そればかりか、弱点すら出てくる。ご存じのとおり、ディーゼルの排気ガスのなかにPMという物質が含まれており(わかりやすく書くとスス)、チョイ乗りやアクセル開度の低い状態で乗るとこいつをため込んでしまう。多くの人はディーゼルエンジンの弱点として認識しており、忌避の理由にしている傾向にあるようだ。

次ページは : ■アイドリングストップは使わないことを推奨

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ