おお!? カッコいいぞ!?!? 新型カローラひと足早く中国で世界初披露!!

■3ナンバー化確定、発売はワゴンと同時に2019年後半か

 2018年11月16日、中国・広州で開幕した「広州国際モーターショー」にて、トヨタ自動車は新型カローラシリーズのセダン(中国名「カローラ」および「レビン」)を世界初披露した。

新型カローラスポーツ(ハッチバック)の世界初披露は北米で、カローラツーリング(ワゴン)は欧州で、そしてセダンは中国で実施された。タイミングの問題とはいえ、日本はかなり遅れての披露となり、ちょっとさみしい

 カローラといえば1966年の初代発売以降、トヨタの屋台骨を支え続けたニッポンの代表的庶民車。12代目となる今回は、カローラセダン史上初めて3ナンバーボディになるかどうかが注目されていた。

 今回世界初披露されたのはあくまで中国仕様であり、トヨタによると、

「新型モデルは、2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売します。なお、日本においては、スポーティモデルのカローラをベースに、日本のお客様や道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売する予定」

 とのこと。

かなりスポーティなリアフォルムを与えられることになった新型カローラセダン。日本仕様は専用デザインとなるようだが、基本フォルムはこのような感じとなる

 フロントマスクもボディサイズも日本専用仕様となる予定だが、それでも「TNGAプラットフォーム」を使用する以上、3ナンバー化は確定的となる。また、当サイトの従来の発売予想は2019年春頃、としていたが、この発表リリースの書きぶりだと日本仕様の新型カローラセダン発表発売は(ワゴンと同時で)2019年後半となりそう。

 新型のパワートレーンは先行して発売されている「カローラスポーツ」と同じもの(1.8Lハイブリッドと1.2Lターボ)に加えて、トヨタの新世代旗艦ハイブリッドシステムである2.0Lハイブリッドもラインアップに加わる可能性が高い。

この公式発表写真を見た瞬間、本企画担当は「カッコいいぞ!」と声を上げたのだが、編集部ではイマイチな評判だった。え…カッコいい…ですよね?

 もちろんカローラスポーツで評判の高い、先進安全技術パッケージ「トヨタセーフティセンス」やコネクティッド技術も標準搭載される見込み。

 発表された中国仕様のサイズは全長4640×全幅1780×全高1435mm、ホイールベース2700mmで、現行型カローラセダン(全長4400×全幅1695×全高1460mm、ホイールベース2600mm)と比べるとかなり長く広く低くなるが、日本仕様はこの中国仕様よりはやや小ぶりになるはず(とはいえ(しつこいが)3ナンバー化は確定)。

 日本では影が薄くなってきたカローラシリーズだが、今年6月に発表発売されたカローラスポーツは順調に販売を伸ばしており(9月の月販台数で2950台、カローラシリーズ全体では8630台)、市場へのインパクトは大きい。

 なにより中国仕様の写真を見たかぎりだが、フロントマスクや全体のフォルムはなかなかカッコいい。なにより早く個の目で実車が見たい。2019年秋の東京モーターショー前に実車を見る機会があるか。楽しみに待ちたい。

欧州(パリショー)で発表されたワゴン(左2台)とセダン(右端)の写真。かなりスタイリッシュなシリーズとなりそう

内装写真も公開された。大きめなモニターが特徴。カローラスポーツで評判の高い「コネクティッド」が搭載される

中国では残っている「レビン」も今回の広州モーターショーで初披露された。いわゆるスポーツ仕様で、日本仕様はこちらがベースになる…とリリースでは説明されているが、はたして…?

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ