軽トラックも荷箱もまとめてレンタル! ダイハツがオールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を提供開始!

 ダイハツ工業は、軽トラックの荷台に設置可能な荷箱を活用し、移動販売を始めたい小売業等の事業者をサポートするオールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を事業化し、2022年9月6日より4都道府県(東京都、埼玉県、千葉県、京都府)を中心に、販売会社を通じて提供を開始すると発表した。

 ダイハツは全国の販売会社とともに、地域のお客の困りごとを解決し、暮らしを豊かにするべく、「コトづくり」として地域に根ざしたモビリティサービスの提供やCSR活動に取り組んでおり、Nibakoもその一環という。

 一体、Nibakoとはどんなサービスなのだろうか?

文/トラックマガジン「フルロード」 写真/ダイハツ工業

【画像ギャラリー】移動販売ビギナーも一安心? ダイハツ「Nibako」のサービス詳細をチェック!(3枚)画像ギャラリー

新たに移動販売を始めたい事業者のニーズに応える

新たに移動販売を始めたいという人のニーズに応えるためダイハツが始めた新サービス「Nibako」。単なるモノのレンタルにとどまらない内容が特長だ

 Nibakoは、新たに移動販売を行ないたいと考える小売業等の事業者のニーズに応えるもの。自動車メーカーならではの安全・安心、高品質で利便性の高いNibakoを求めやすい価格で貸し出すとともに、新たに移動販売をする人などへの事業相談も受ける。

 2022年9月6日より、事業者を対象とした「Nibakoサイト(WEB)」を開設。2023年度にはスマホアプリも立ち上げ、消費者向けのコンテンツを追加予定。ダイハツでは、Nibakoによる移動販売が広がることで、これまでにない場所に人が集い、事業者・関連業者・消費者がつながり合う新しいコミュニケーションが生まれ、地域の活性化に貢献できる……と説明している。

 Nibakoは、2022年9月6日より4販売会社(ダイハツ東京販売、埼玉ダイハツ販売、ダイハツ千葉販売、京都ダイハツ販売)を中心に地域を限定して提供を開始し、順次地域を増やし、全国規模への拡大を目指す。また、今後移動販売用以外のNibakoの開発も行なうほか、事業のさらなるサポートや、アプリサービスによる情報提供も随時充実させる。

 なお、今回のプロジェクトでは、社内にバーチャルカンパニーを設置し、即断即決による事業推進を行なうとともに、社内複業人材・社外副業人材による多彩なアイデアを活用して検討を進めてきた。これらの新しい取り組みから得たノウハウは、今後の新規事業開発等にも展開する。

そもそもNibakoとはどんなモノなのか?

 Nibakoは、軽トラックの荷台に設置可能な移動販売用の荷箱。ベース車両の軽トラックに手を加えず荷台に積載し、ベルト固定するもので、改造届は不要。載せ降ろしは販売会社の店舗で行なう。荷箱は内法長1710mm、内法高1190mmで、積載時の車両全長4250mm、車両全高2600mm。車両重量は800〜850kgとなっている。

 荷箱は3方開で、進行方向左側には開店時に目立つガルウイングドアを採用。右側と後ろ側には上下開きドアを採用。これらのドアを開くことで、一人でも簡単にお店の形態にすることができる。

 また、荷箱のほかに、スライド式パーテーションウォール、アルミ製ラック4個、専用の固定具&ベルトも貸し出し。付属のアルミ製ラックはW800mm×D450mm×H700mmのHiタイプと、W700mm×D300mm×H500mmのMidタイプの2種類。

 ダイハツ工業の軽トラック「ハイゼットトラック」に積載した状態で、販売会社から事業者へレンタルされ、将来的にはNibakoのみのレンタルも開始予定。レンタル期間は1日単位もしくは1カ月単位で、1日プランは税込1万3200円、1カ月プランは税込6万6000円(いずれもメーカー希望)。車両とNibakoの整備は販売会社が行なう。

次ページは : どんな用途で使えるのか?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ