【憧れのベンツ、BMWを!!】乗るなら今のうち!! 値上がり確実な輸入中古車5選


お得に中古車を買いたいけれど、どうせ買うなら名車を安く買いたいというケースも多いはず。特に輸入車は値崩れが大きく、あの頃にあこがれた名車もビックリするような価格で購入できる。

とはいえ中古車市場は相場の潮目も早く、水冷ポルシェのようについ数年前まで安く買えたクルマがあっという間に手の届かない価格帯にいくことも。

そんな輸入車の中古市場で今後数年間で値上がりしそうなクルマを5台集めてみました。乗るなら今のうち!?

文:永田恵一/写真:ベストカー編集部


■二重窓にV12!? 安く乗れるのは今だけのSクラス

平成の終わりが近くなり、クルマのキーワードは電動化、自動運転を含む運転支援、あらゆる部分の電子制御化、コネクテッドなど、もうクルマが機械モノというよりコンピューターのように感じることばかりである。

もちろんこの動きはクルマによる環境負荷の低減や安全性の向上などを考えれば正しいことではあるが、クルマを趣味の対象と考えると、面白みや整備性などの面でちょっと古いクルマの魅力も浮上する。

そこで当記事では現役時代から面白いクルマだっただけに現代になるとさらに個性が際立ち、いずれ中古車の値上がりも期待できそうな中古輸入車をピックアップしてみた。

【W140型ベンツSクラス(1991年から1998年)】50万円台~

1991年に先代のW126型から12年振りのフルモデルチェンジを受け登場したW140型ベンツSクラスは、世界的に景気が上り坂だった時代に開発されたという背景もあり完成度が凄まじい。

今の基準で見ても「世界最強の1台」といえるクルマだ。例を挙げると標準で全長5120mm×全幅1885mm(ロングボディはプラス100mm)という当時としては巨大なボディサイズ。

直6、V8に加え6リッターV12エンジンの搭載、静粛性向上のための採用した二重ガラスなど、旧世代ベンツの魅力である過剰品質の頂点というべきか、むしろ戦車のようなクルマであった。

それだけに時代が変化する中で”やり過ぎ感”も否めず、失敗作ではなかったものの当時のクルマたちの中でちょっと浮いた存在に見えたのも事実だった。

この押し出し感の強さはベンツらしさ満点。超重厚な車体には二重の窓が使われて遮音性にも貢献。写真はメルセデスが特別な顧客にラインナップしていた防弾仕様車。メンテナンス費用は12気筒を避ければそこまで地獄のようにはかからない

しかし2010年代に入りクルマの大型化が止まらない時代になると、あれだけ大きかったW140型ベンツSクラスと現行Sクラスのボディサイズは同等で、ならば「一度乗ってみるか」という気も起きる。

その割に価格は安い。流通が極端に少ないV12エンジンを搭載するS600こそ200万円越えと高いものの、それ以外は50万円以下から買える。

ここまで安くなっていれば買った時より高く売れる可能性もあり、この価格で世界最強の1台を経験できるという価値は大きい。

買うならV8エンジンもいいが、現実的な維持費かつパワーがほどほどな分クルマへの負担も少ない280、320といった直6エンジン搭載車を勧める(この頃のベンツの直6エンジンはレッドゾーンまで回すと快音を響かせる絶品だ)。

またW140型ベンツSクラスに世代が近く、クルマの現役時代は団塊の世代の方々の憧れだったW201型190シリーズ、W124型Eクラス、R129型SLクラスといったクルマたちもおすすめだ。

欲しいなら今のうちに乗っておきたい。さらにベンツはインポーターも含め、価格はともかくとして古いクルマの純正パーツ供給が充実しているのも強みだ。

■ジャーマンコンパクトスポーツはこれが最後のチャンス

【E87型BMW130i(2006年から2011年)】50万円台~

最少のBMWである1シリーズは近々と言われているフルモデルチェンジで現在のFRからFFに移行するのが確実視されている。

それだけにまだ新車が買える現行モデルも”BMW最後のコンパクトFR”という魅力は強いのだが、「もしかしたら値上がりするかも」と思えるのは先代型となる初代モデルにあった130iである。

当時の1シリーズはハッチバックとクーぺが混在している。ハッチバックの130iは3L直6のNA、クーペの135iは3L直6ターボとなっている。どちらも痛快だが希少性はNAの130iに軍配が上がるだろう。しかも安い

というのも130iは今後新車で出る可能性は極めて低い直6のNA3リッターエンジンを搭載。さらに130iの流通は多くないのだが、MTもそれなりに流通しているのだ。

“ハッチバックでファミリーカーにも使える直6+MTのFR”というのはこのクルマくらいしかなく、将来的に値上がりする可能性は十分あり、欲しいならぜひ買ったらいい。

また現行1シリーズ(特に3リッター6気筒ターボの135i、140i)も次期型のFF化により、意外に高い相場となるかもしれない。

【981型ボクスター&ケイマン(2012年から2016年)】400万円台~

ボクスターは911がエンジンを水冷に変えるという大変革を行った996型に先行する形で登場した。

排気量こそ小さいもののフラット6エンジンをはじめ996型以降の911と多くの部品を共通するミドシップとなる2人乗りのミドルオープンスポーツカーとして1996年に登場した。

ボクスターは600万程度からというポルシェとしてはリーズナブルな価格やカジュアルなキャラクターで911とは違った魅力を持つモデルで、ポルシェの主力スポーツカーに成長。

2代目となった987型からはクーペボディのケイマンも加わった。ボクスター&ケイマンは718のサブネームが付いた現行型も大変魅力的なミドル級スポーツカーである。

価格は安くないが400万円台から狙えるボクスター。もしかするとフラット6(水平対向6気筒)に乗れるのはこれがラストチャンスかも!!

しかし911のカレラ系に載るNAの3リッター超えフラット6がポルシェの謳うライトサイジングで3リッターターボに移行したのと同様に、現行ボクスター&ケイマンのエンジンもそれまでのNAフラット6から2リッターと2.5リッターのフラット4ターボとなった。

もちろんエンジン自体の小ささなどフラット4にも良さはあるのだが、やはりスポーツカーのポルシェ=フラット6というイメージや魅力は強い。

それだけに今でも高値安定ながら、絶対的には911より安い981ボクスター&ケイマンに対する注目がフラット6を求める人から集まり、値上がりするということは充分考えられる。

さらに現代のスポーツカーラインのポルシェは左ハンドル+MTといういかにもポルシェらしい仕様がどんどん希少になっており、どうせ買うなら左ハンドル+MTだと一層高い資産的な価値を持つかもしれない。

次ページは : ■英仏のマニアも唸る選択に昂る!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ