新型スープラ発表秒読み!!! 超強敵ライバル勢と最速比較「足りない」のは何!?


 トヨタとBMWのコラボレーションによって生まれた新型スープラの発表が迫ってきた。正式発表は2019年1月14日から開幕するデトロイトショーだ。

 すでにBMW Z4は2018年8月に正式発表され、すでにメディア向けの海外試乗会も行われている。いっぽうの新型スープラはプロトタイプ車ながら、2018年12月7日に袖ヶ浦フォレストレースウエイにて、メディア向けの試乗会が行われた。

 はたして、新型スープラはZ4とどう違うのか、またベンチマークとなったポルシェケイマンやルノーアルピーヌA110を上回るのか?

 その新型Z4、新型スープラ(プロトタイプ)の兄弟車および、ケイマンS、アルピーヌA110に試乗した数少ない、モータージャーナリストの渡辺敏史氏が、Z4とスープラの相違点をはじめ、ポルシェケイマンやルノーアルピーヌA110と徹底比較。

 さらに、試乗してわかった現段階でのスープラに足りないもの……など多岐にわたって解説する。

文/渡辺敏史
写真/ベストカーWeb編集部


■まずは先に発表されたBMW Z4を徹底試乗!

2019年春に日本導入予定の新型Z4。渡辺敏史氏が試乗したのはチューニングは違うかもしれないが基本的には同じ3L、直6ターボ(340ps/51.0kgm)を搭載するM40i

 スープラの市場投入を前ににわかに注目を浴びているのが、同価格帯に収まるだろうと想定されるスポーツカーたち。

 なかでもとりわけ近いところにいるのが、2019年秋に欧州で発表されたBMWのZ4、つまりスープラと共同開発された僚友ともいえるモデルだ。  

 新しいZ4のコンセプトは純然たるスポーツカーとして一本立ちすることにある。 ご存知の通りBMWはM系だけを数えても相当レベルの高いスポーツモデルを幾つも取り揃えるブランドだ。

 そのなかで、とりわけ運動性能面が期待されそうなZ4が、先代では耐候性や日常性を優先した重いメタルトップオープンを採用したこともあって、市場ではプロムナードカー的な評価をいただくことになったという。

新型スープラと同じプラットフォームながらまったく違うエクステリアデザインが与えられている。ボディサイズは全長4324×全幅1864×全高1304mm

  そんな背景もあって、BMWも次期Z4は運動性能を最優先した妥協のないモデルにしたいという思惑は早くから抱いていたようだ。開発担当者は密かにM2を上回るパフォーマンスを想定していたと話してくれた。  

 と、そんな話は共同開発を持ちかけたトヨタにとって渡りに船だったことは想像に難くない。そしてBMWにしてみても、トヨタが担保してくれる生産量はZ4を思い切ったキャラクターに振る上で後ろ支えになったことだろう。  

 僕が欧州で試乗したZ4のグレードはM40i。アダプティブダンパーを搭載し19インチタイヤを履いた、現状選択できる最もスポーティな組み合わせだ。

 奇しくも先日袖ヶ浦フォレストウェイで試乗したプロトタイプのスープラも設定的にはほぼ同一。タイヤも同じ、BMWの認証印である星マークのついたミシュランパイロットスーパースポーツを履いていた。

 もちろんコイル、ダンパー、スタビライザーの設定は異なるはずだが、現状露出しているスペックから推するに、基本ジオメトリーは両車変わらないというのが僕の見立てだ。  

■Z4のハンドリングは初期のS2000を彷彿

新型Z4のコクピット。スープラプロトタイプに試乗した関係者によればメーター回りやATのシフトレバーなどはZ4のそれと似ていたという

 Z4のハンドリングはとにかく曖昧なところが少なくタイトに締め上げられていて、慣れるまでは高速道路を真っ直ぐ走ること自体もちょっと気遣うほどに応答もクイックだ。思わず思い出したのは初期のS2000……といえば、そのピリッとした印象が伝わるだろうか。

 MRよりもパッケージ面での不安定要素が少ないFRゆえに突き詰められる敏捷性、それに乗じただろう1.6以下のホイールベース/トレッド比、ロックtoロック2.1回転というステアリングレシオなどの数字をみるに、BMWは確信犯でZ4を曲がりまくるセットアップにもってきたということが理解できる。  

 先代以前のZ4はドライバーを後軸寄りに座らせてロングノーズの動きも楽しませながら走らせるという詩的な一面も持っていたが、新型Z4はそのパッケージを大きく変えてドライバーを軸に回るように曲がるといったモーメントに変更されている。

 これには賛否もあるだろうが、やはり感じられるのはZ4が本気のスポーツカーとして一本立ちしようという意気込みだ。  

 Z4のコーナリングはすこぶるシャープだ。限界域では盤石なロードホールディング性を感じることも出来るが、その粘りが足枷にはなっていない。

 タイトなコーナーが連続するワインディングでは可変ギアレシオのステアリングによって僅かな操作量でもゲインが高まり、文字通り水を得た魚のごとく、グイグイと車体が向きを変えていく。もちろん3L、直6ツインパワーターボが発する340psはまったく身に余ることなく、きっちりと路面に伝え抜ける。

 オープンカーだからといって剛性不足はまったく感じられず、路面からのフィードバックが鮮やかに伝わってくるあたりはいかにもBMWらしい。

 試乗の後でニュルブルクリンク北コースのタイムは同等のエンジンを積んだM2を上回る7分55秒台という話を聞いたが、さもありなんと思った。ともあれそれほどに運動性能は高い。

■BMW Z4の主要スペック
全長4324×全幅1864×全高1304mm
ホイールベース2470mm

●M40i/3L、直6ターボ
340ps/5000〜6500rpm
51.0kgm/1600〜4500rpm
車両重量/1610kg
0〜100km/h、4.6秒

●sDrive30i/2L、直4ターボ
258ps/5000〜6500rpm
40.8kgm/1550〜4400rpm
車両重量/1415kg
0〜100km/h、5.4秒

●sDrive20i/2L、直4ターボ
197ps/4500〜6500rpm
32.6kgm/1450〜4000rpm
車両重量/1405kg
0〜100km/h、6.6秒

次ページは : ■スープラと兄弟車Z4とは何が違うのか?