カローラ百花繚乱!!色とりどりの各国の仕様車を紹介! 昭和の国民車


2018年6月に発売されたカローラスポーツは、若々しいスタイリングやMTの追加などで、これまでのカローラとは一線を画すスポーティさで人気を集めている。

そのカローラに、さらにセダンとステーションワゴンが今年8月頃に日本で発売される。

いっぽう、世界に目を向けると、中国仕様、北米仕様、欧州仕様と実にさまざまなカローラが販売されている。一つの車種でこれだけ違う外観とパワーユニットが容易されるのは珍しい。

ということで、ここで改めてカローラの各地域仕様の外観とパワーユニットを解説してみたい。

文/永田恵一
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2019年2月10日号


■中国仕様/カローラセダン、カローラレビン

2018年11月の中国。広州ショーで公開された新型カローラセダン(右)とレビン。プレステージモデルがセダンで、レビンはスポーティなモデルという位置付けとなる

ここ10年以上、カローラというクルマを世界的な視野で見ると、現在日本で販売されているカローラアクシオ&フィールダーとはまったく別の3ナンバーボディが本流になっているのが大前提だ。

まず、中国仕様のカローラはセダンボディで、車名で見るとカローラに加えてレビンも設定されることが目を引く。

これは中国でトヨタは地場の第一汽車と広州汽車と合弁を結んでおり、前者の一汽トヨタで販売されるのがカローラ、後者の広州トヨタ向けがレビン。かつてのカローラとスプリンターのような関係と思えばいいだろう。

中国仕様カローラセダンハイブリッド

中国仕様のセダンモデル。ガソリン車とハイブリッド車の設定が予定されているが、カローラレビンはハイブリッド専用となる可能性が高い。日本仕様の次期型セダンもほぼ同じスタイリングとなる。新型カローラのボディサイズは全長4640×全幅1780×全高1435㎜

中国仕様レビンハイブリッド

かつての「カローラレビン」とは似ても似つかないセダンとなったレビン。ボディサイズはカローラセダンとまったく同じだが、フロントヘッドライトがカローラスポーツとほぼ同じ意匠のものになるのが違いだ

2018年11月の広州ショーでは最新世代のカローラセダンとしてカローラとレビンが発表された。発売は2019年年央以降と公表されており、エクステリアはオーソドックスなカローラ、スポーティなレビン(この点もカローラとスプリンターのようだ)という印象。

パワートレーンは1.8Lハイブリッドの存在だけが明らかになっているが、PHV、1.2Lターボや1.6~1.8LガソリンNAも設定されるだろう。

■北米仕様/カローラハッチバックとセダン

北米仕様カローラXSE(スポーティモデル)

現行のカローラでも最スポーティグレードとして設定されているXSEの新型はこのように開口部の大きなフロントバンパーやリアディフューザーが与えられる。日本にもぜひ設定希望

北米仕様のカローラは、最新世代として2018年のニューヨークショーでワールドプレミアされ、発売ずみのハッチバック(日本のスポーツ)と、2018年11月のLAショーで発表されたセダンボディの「カローラ」のふたつだ。ハッチバックは2Lガソリンを搭載し、レーシーなリアスポイラーも用意される。

セダンのカローラは2019年春発売の見込みで、デザインは前述した中国で販売されるレビンとほぼ同じものとなる。パワートレーンは2Lガソリンに加え、北米仕様のカローラとしては初となるHVモデル(エンジンは1.8L)も設定される。

北米仕様カローラセダンハイブリッド

北米仕様のカローラセダンには同市場では歴代カローラ初となるハイブリッドモデルが設定されるのが大きなトピックス。エンジンは1.8LのTHS-Ⅱを搭載するもようで、米国向けカローラ歴代最高の50MPG(複合燃費モード)21.3km/Lをマーク

次ページは : ■欧州仕様/ハッチバック、セダン、ツーリング

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ