さすがにデカすぎ!? グリルが大きい“ドヤ顔”車 なぜ急増? その思惑とメリット

 車の“顔”でもあるフロントグリルの大型化が、ここ最近一大トレンドとなっている。

 アウディなどの輸入車やアルファードなどの上級ミニバンはもちろん、軽自動車まで含めて存在感のある大型グリルを持つ車が飛躍的に増加。ひと昔前には考えられなかったほど、車のフロント部全体に対して、フロントグリルが占める面積は明らかに拡大している。

 そもそもフロントグリルは、エンジンやラジエーターに空気を送り込み冷却を図るという機能がある実用部品だが、ここまで大型化するメリットは果たしてあるのだろうか? そして、その背景にあるメーカーの思惑とは?

文:御堀直嗣/写真:編集部


大型グリルの端緒と各社の思惑

大きなグリルの筆頭といえば2015年発売のアルファード。スマートな車を好むユーザーからは否定的な意見も聞かれるが、絶好調の販売が裏付けるように大きな支持を得ている。このトレンドはいつまで続くか……

 アウディ A6の3代目が、「シングルフレームグリル」と呼ばれる大きなラジエターグリルを採用して以降、クルマの顔つきはグリルが大きく口を開けたような造形が世界的に流行りだした。また、日本では“ドヤ顔”などともいわれる、メッキやクロームの大型フロントグリルが、軽自動車をはじめ大型ミニバンまで広く人気を呼んでいる。

 そうした傾向の一番の理由は、目立たせたいという自動車メーカーの思惑だろう。それによって、商品性を高める狙いがある。

 しかし、それは一つの造形の行き詰まりではないかと思う。

 かつて、クルマの造形は多彩であり、輪郭にも特徴があって、遠目に見ても車種を見分けることができた。ところが、デジタル技術の進展と、コンピュータ上での設計や造形の検討が主体となるに従い、クルマの輪郭はほぼどれも同じとなった。なぜか?

技術の進化で変わった“格好良い車”の定義

2002年に絶版となったRX-7(FD3S型)。このように、流線形のボディを持ち、グリルの小さな車はめっきり少なくなってしまった

 以前のクルマの“格好いい姿”とは、動物など自然界からの手掛かりを基に、人が想像して創られてきた。たとえば「流線形」という言葉がある。野生の動物や鳥、魚などが速く駈ける(また、飛ぶ、泳ぐ)姿から、クルマもそれをなぞった輪郭が描かれた。それは同じ動物である人間の目にも親しみがあり、また優雅にさえ思える姿となった。

 だが、コンピュータ上で車体周りの空気の流れをシミュレーションできるようになると、空気抵抗を減らし、より速く、あるいはもっと燃費をよくする形は、自然界とは別にあることが分かってきた。

 例えば、鳥や魚を例にするとわかりやすい。鳥は空を、魚は水中を、飛んだり泳いだりする。そこで抵抗となる空気や水は、鳥や魚の周りを覆っている。

 それに対し、クルマは空気中を疾走するけれども、それは地面すれすれであり、地面と車体との隙間が少なく、そこに地上効果と呼ばれる独特の空気の流れが起こる。クルマの周りにある空気は、ある一定の安定した状態にあるのではなく、地上効果による別の空気の流れの影響も受け車体の上と下で異なるのである。

 その状態でより空気抵抗を減らし、速度や燃費を追求するには、野生の動物などとは違った形が必要になる。それが、今日のクルマの輪郭を形作っている。

 では、野生の動物はどうかといえば、クルマほど地上すれすれの高さで駈けているわけではない。であるから、速く駈ける動物は昔ながらの流線形の優美な姿をしているといえる。

 今日、大きなフロントグリルを見ずにクルマの輪郭を眺めると、見分けがつかないはずだ。だから、各自動車メーカーは差別化のためにグリルを大きくするしか策が無いといえるのではないだろうか。

軽自動車の大型メッキグリルにも理由がある?

写真は2011年発売の初代N-BOX「カスタム」。同車に限らず、タントやスペーシアなど売れ筋の軽には大型メッキグリルを採用したカスタム系グレードが設定され、人気を博している

 軽自動車のメッキやクロームを多用した大きなグリルは、存在感を強めたいという意識が強いだろう。

 従来、軽自動車は邪魔者扱いされる傾向にあった。軽自動車規格の枠組みの中で、限られた排気量によるエンジン出力によって、加速性能などが登録車に比べ不足するなどした経緯から、登録車や大型車に追い立てられたり、幅寄せされたりし、不安な思いをしてきた軽利用者も多いのではないか。

 しかし、威圧感を伴う大きなメッキグリルを採用したドヤ顔になれば、軽自動車か登録車の小型車か見分けがつきにくくなる。それによって嫌がらせのような被害を受けずに済む安心がもたらされるだろう。

 また、先の空気力学とは別に、軽自動車の人気がハイトワゴンに集中し、室内空間をできるだけ大きく確保しようとすると単純な四角い造形となり、輪郭の違いによって車種やメーカーの区別がつけにくくなっていることもある。そうした実用性を満たしながら、個性を出すにはやりフロントグリルを目立たせるしかなかったといえる。

 しかしながら、今日のハイトワゴンが一様に大きなメッキグリルを採用するとなると、逆に目立たなくなり、どのメーカーのどの車種か区別がつきにくい事態にも陥っている。それが証拠に、乗用タイプの車種は個性豊かな様々な顔つきを持っているからである。

 ハイトワゴンにも、新しい造形の発想が求められてきているのではないか。

大きいフロントグリルにメリットはあるのか!?

グリルで存在感を強調する高級車とは打って変わってグリルレスのフロントマスクを採用するテスラ モデル3

 シングルフレームグリルに代表される大きなフロントグリルは、戦前の自動車の名残ともいえる。当時は実際に車体の前面にラジエターを取り付けていたので、それがクルマの顔となっていた。

 また、性能競争のなかで、速さを競うには大排気量のエンジンを積むことになり、それに応じてラジエターも大型化したはずだ。

 そうしたかつての伝統を現代に受け継ぐ発想が、大きなラジエターグリルにあるといえる。

 しかし、今日ではラジエターの性能も高くなり、大きなラジエターグリルの存在がすべて機能しているわけではない。クルマの前面に大きな口を開け、大量の空気を車内へ導けば、それは大きな抵抗となるからだ。車体内部には、できるだけ空気を採り入れないのが、空気抵抗を減らす手段の一つである。そこで、高速走行ではグリルを閉じるグリルシャッターといった機能を持つ車種もある。

 そのほかに、大きなフロントグリルの造形に縛られ、電動化の時代の顔を想像しにくくなっている現状がある。モーター走行に冷却が不要かというと、そうではない。モーターやバッテリーは、加速や高速走行で熱を発するので、そのための冷却が必要だ。とはいえ、エンジン車ほどの冷却性能は求められない。

 そこで、テスラのような造形が生まれる。テスラも初期のモデルSでは、ラジエターグリルの面影とでもいうような顔つきだったが、その後は、モデルXやモデル3含め、グリルレスといえる顔つきとなった。しかし、電気自動車のテスラと明らかに分かる顔つきを手に入れている。

 そのように、世界的に電動化が進む中、なお大きなラジエターグリルを象徴として残そうとする旧来の自動車メーカーの造形は、時代にそぐわないものとなっていく可能性がある。

 すでに、エンジン車の冷却性能があれほど大きなラジエターグリルを必要としていないうえ、電動化されればますますかつての懐古としかいえない顔になってしまうのである。

 そう考えると、いまの電気自動車に大きなラジエターグリルがエンジン車同様に残されたとしても、それは過渡的な造形でしかなくなるのではないだろうか。いつまでも大きなラジエターグリルに頼っていれば、いずれ時代遅れのブランドと意識されかねない。

 また電気を使い、ほどよい心地よさの生活を好む時代となれば、必ずしも速さを追い求めた輪郭とは異なるクルマが社会に求められるかもしれない。
 芸術作品ではなく工業製品である以上、電動化の時代へ向けて、カーデザインはまだ開拓の余地があるのだと思う。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ