スバル新型アウトバック準備万端 日本発売は2020年初頭か?


セダンの新型レガシィ(日本名レガシィB4)が2019年2月のシカゴショーで発表されたが、本命のクロスオーバーモデル、アウトバック(日本名レガシィアウトバック)はまだ発表されていない。

レガシィアウトバックは、ステーションワゴンをベースにリフトアップし、フロントバンパーガードやサイドステップ、リアバンパープロテクターなどを装備して、クロスオーバースタイルに仕立てたもので、1994年に登場したレガシィグランドワゴンがこのジャンルの先駆けだ。

ボルボV70XC(1997年登場)やアウディオールロードクワトロ(1999年登場)とともに、北米を中心に日本でも人気モデルとなっている。

そこで、ちょっと気が早いかもしれないが、新型レガシィB4ベースで、新型レガシィアウトバックをCGで製作。レガシィアウトバックがどんなモデルになるのか、迫ってみたい。

文/ベストカー編集部
写真/スバル
初出/ベストカー2019年3月26日号
CGイラスト/ベストカー編集部


■新型プラットフォーム、SGP採用で劇的に変わる!!!

新型レガシィ(北米仕様)

セダンのレガシィは2019年2月開催のシカゴショーでひと足お先にワールドプレミア。歴代7代目となるスバルのフラッグシップセダンは、外観こそキープコンセプトだが、SGP採用でさらに大きく進化を果たしている

2019年2月8日のシカゴショーでワールドプレミアされた新型レガシィ(日本名レガシィB4)。歴代7代目となる新型は、エクステリアをキープコンセプトとしながら洗練性を高め、より上級移行を意識した内容となっているのだが、こうなってくると気になるのがクロスオーバーモデルとなるアウトバック(日本名レガシィアウトバック)だ。

初代アウトバックは日本では2代目レガシィのグランドワゴンとして登場、以後は3代目レガシィでランカスター、4代目レガシィ以後はアウトバックに改称されて一定層から熱烈な支持を得てきた(ちなみに、グランドワゴンから日本での3代目アウトバックまでは北米でセダン仕様も存在した)。

グローバルではアセントに続き、ターボモデルでスバルグローバルプラットフォームを採用することになる新型レガシィB4だが、当然レガシィアウトバックもその恩恵にあずかることとなり、走りの性能や剛性感などはかなりレベルアップしてくるだろう。

具体例を挙げると、新型レガシィB4ではボディ骨格を強固に組み立ててからアウターパネルを溶接する「フルインナーフレーム構造」をスバルモデルとして初採用、軽量化と高剛性化を両立して、動的質感を大きく向上。

また、足回りではアルミ製ロアアームや新設計ダンパーを採用し、ハンドリング性能と乗り心地を大きく進化させているが、アウトバックもレガシィB4同様に進化するはず。

ボディサイズ自体はレガシィB4も現行型(全長4800×全幅1840×全高1500㎜)から新型(同4840×1840×1500㎜)へはさほど変わらず、ホイールベース2750㎜は新旧同じであり、アウトバックも現行からサイズは大きく変わらないだろう。

新型レガシィアウトバック(予想CG)

新型レガシィアウトバックをベストカーがCGで製作。デザインは先代からのキープコンセプト。フロントバンパーガードやサイドスカート、リアバンパープロテクターなどタフなイメージ

最低地上高は現行型並みの200mmをクリアする

現行型レガシィアウトバック

■3.6L、6気筒が廃止され2.4L、4気筒ターボに置き換わる

新型レガシィにはブラッシュアップされた2.5L、NA水平対向4気筒のFB25型に加え、北米専売の3列シートSUV、アセントにも搭載されている264ps/38.2kgmの水平対向4気筒直噴2.4Lターボ、FA24型が、従来の6気筒3.6L、NA(EZ36型、日本仕様はなし)に換わって採用されている。これらのパワートレーンが新型アウトバックにも搭載されることは、ほぼ間違いないだろう。

北米仕様の新型レガシィの最上級グレードとして新設されるツーリングXTに搭載されるFA24型2.4L、水平対向4気筒ターボ。レガシィファンにとっては久しぶりのターボモデルの復活だ。アウトバックにも当然、搭載されるだろう

次ページは : ■大型のタッチパネル式縦型ディスプレイが特徴!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ