アクアの将来が危うい理由 超人気車が消滅危機!?

2018年の登録車販売台数ランキングは、1位が日産 ノート、2位はトヨタ アクア、3位はトヨタ プリウスであった。

このうち、アクアは2011年12月の発売で、7年以上も経過したモデル。ノートも発売は2012年だが、1位になった背景には2016年に追加されたe-POWERの好調な売れ行きがある。3位のプリウスは2015年の発売で設計が新しい。

こうした点を踏まえると、それでも2位に入ったアクアは立派だ。過去を振り返れば、アクアは年間販売台数で軽自動車も含む“日本一”に輝いたベストセラーカーでもある。しかも、今でも登録車No.2の人気を誇っている。

にも関わらず、実は将来的に消滅する可能性が取り沙汰されている。なぜ人気車が姿を消す可能性があるのか? その背景を自動車評論家の渡辺陽一郎氏が解説する。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、TOYOTA


「7年選手」でもアクアが未だに売れる理由

e-POWER効果で首位こそノートに譲ったものの、2018年は登録車2位の売り上げを誇ったアクア。ユーザーの支持は未だに高い

アクアは2013年と2015年に、国内販売の総合1位に輝いた。2014年も登録車では1位。アクアは発売から時間を経過しても、販売順位をあまり下げない。

登録台数は2013年が26万2367台、2018年は12万6561台で半分以下に減ったが、ほかの車種も売れ行きを下げたため、登録車の販売ランキングでは、上位を保っている。

息の長い人気の理由は「5ナンバーサイズに収まるコンパクトなハイブリッド専用車」という位置づけにもあるだろう。ヴィッツもハイブリッドを追加したが、外観を見る限り、通常のガソリンエンジン搭載グレードと見分けにくい。ヴィッツにハイブリッド車のイメージは希薄だ。

対するアクアは、ガソリンエンジン仕様を持たないハイブリッド専用車だから、「ミニ・プリウス」的で優れた環境性能を周囲にアピールしやすい。

そこに魅力を感じるのは、個人ユーザーだけではない。例えば環境技術に力を入れる企業などは、社用車にアクアを使うと、企業のコンセプトと相性が良い。燃費性能が優れているから、ビジネスで長距離を頻繁に移動する用途にも適する。このほかレンタカーやカーシェアリング車両としても多く使われ、幅広いニーズに支えられて好調な売れ行きを維持している。

販売網も注目される。アクアはプリウスなどと同じくトヨタの4系列(トヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツトヨタ店)で扱われ、国内の店舗総数は4900箇所に達する。日産の2100箇所、ホンダの2200箇所と比べて2倍以上の規模だ。1か月に1台、各店舗がアクアを販売したり社用車で入れ替えれば、それだけで4900台になってしまう。

アクアの好調な売れ行きにはトヨタ特有の販売力もあるが、ユーザーの評判が衰えないことも事実だ。販売店からは「アクアに試乗していただくと、お客様は今でも加速力の高さに感心されます。プリウス譲りの外観とコンパクトなサイズの両立も魅力で、アクアのファンは多いです。初期型を下取りに出して、改良を受けた後期型を買うお客様もおられます」というコメントも聞く。

このようにアクアの人気は根強いが「現行型で消滅するのではないか」という見解もある。

「ヴィッツとキャラ被る」アクアに統合の可能性

「5ナンバーのコンパクトカー」という点でアクアに近い現行型ヴィッツ。当初はガソリン車のみだったが、2017年のハイブリッド車追加で、両車のキャラはより接近した印象だ

アクアの発売は先に述べた2011年、ヴィッツは2010年だから、長い期間が経過した。

ヴィッツは2019年中にフルモデルチェンジを行う模様だ。車名は国内でも欧州や北米と同じ「ヤリス」を名乗る可能性が高い。その一方で、アクアを終了する可能性があるという。

アクアは日本と北米(車名はプリウスC)で販売しているが、欧州のドイツやイギリスでは扱っていない。欧州のコンパクトカーは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)と、さらに小さなアイゴをそろえる。

そのため、アクアの2017年世界販売台数は14万9300台で、内訳は日本が13万1600台と圧倒的に多い。北米は1万4700台、ほかの地域は3000台と少ない。

対してヤリス&ヴィッツハイブリッドは、日本は2万7900台(ガソリンエンジン車を除く)だが、欧州では10万900台に達する。日本と欧州を合計すれば、ハイブリッドモデルだけでアクアと同等の台数を売っているのだ。

つまり、アクアは実質的に国内専用モデルになる。国内のヴィッツは2019年中に行われるフルモデルチェンジで車名をヤリスに変更し、アクアは統合される可能性がある。

アクアがヤリスに吸収!? 背景にはトヨタの戦略も関係

現在、トヨタの販売店はトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4系統が存在するが、東京では図のように4つの販売店を融合する新体制が2019年4月より発足。併せて今後加速する車種再編の動きが、アクアの将来を左右する可能性も

ここにはトヨタの国内市場戦略も絡む。すでに2022~2025年にかけて、4系列の全店ですべてのトヨタ車を扱う方針を打ち出した。これに伴い、日本国内での取り扱い車種を30車種程度に半減させる見通しだ。

全店が全車を扱うなら、ヴォクシー/ノア/エスクァイアといった姉妹車は不要だから廃止され、1車種に絞る。これ以外にもマークXやエスティマなど、設計の古い車種が販売を終えそうだ。この中にアクアが含まれることも考えられる。

ちなみに、全店が全車を扱う方針に関して「全店で全車を買える方が便利だから」といった話も聞かれるが、それは言い訳だ。販売系列はディーラーが特定の車種に専念して、高価格車を丹念に売ったり、入念なサービスで顧客を繋ぎ止めるために開始した。

そもそも「全店で全車を買える方が便利」なら、最初から販売系列は不要だった。こんな話を販売系列の整備に携わった人達が聞いたら怒るだろう。

言い換えれば、高価格車を丹念に売ったり、入念なサービスでユーザーを繋ぎ止めるのが難しくなったから、全店が全車を扱うとも受け取れる。現状ではトヨタ店を閉店するとその地域にクラウンを供給できないが、全店が全車を扱えば、周囲の店舗でカバーできる。

そればかりかトヨタ店とカローラ店が並んでいる場合など、無駄が生じるから、どちらか一方を廃止した方が合理的だ。

トヨタの場合、メーカー資本に依存しない地場資本の販売会社が多いから、店舗の統廃合は簡単ではないが、全店が全車を扱えば販売力の強い方が生き残り、ほかは吸収されたり傘下に置かれる。

日産やホンダもかつては販売系列を設けていたが、景気が後退すると全店で全車を扱うようになった。この影響で両社とも店舗数が減り、日産は2800店舗から前述の2100店舗になった。

少子高齢化や市場の縮小に応じて、さすがのトヨタも販売網を小さくして国内で売る車種数も減らす。アクアもこの流れの中で、ヤリスに統合されると考えられる。

それでも光るアクアの存在意義

2017年の改良で追加されたアクア「クロスオーバー」。今後、ヴィッツ(ヤリス)との棲み分けを考えるうえで、こうした個性的な派生モデルも重要になってくる

ただし、ユーザーとしては、数少ない5ナンバー車の選択肢が減ってしまう。今はヴィッツ(ヤリス)とアクアの違いが曖昧で重複した印象もあるが、もっと個性化すれば、選択の幅が広がるだろう。

具体的には、ヴィッツ(ヤリス)はフィットのように空間効率を高め、全高を立体駐車場を利用しやすい1550mm以下としながら、ファミリーでも使えるコンパクトカーに仕上げる。

アクアは逆に空間効率の優先順位は下げて、現行型以上にダイレクトな運転感覚の5ドアクーペにする。車種の性格を際立たせれば共存できる。

ボディの大きな高価格車を多く揃えてもユーザーメリットは乏しいが、全長4m以下のコンパクトな車種は、ドライバーの高齢化もあって今後はニーズが一層高まる。ヤリスがコンパクトカーの中心車種なら、アクアはスペシャルティ指向、そして、イストのようなSUV風のクロスオーバーモデルも強化したい。

アクアは日本のユーザーにとって、大切な選択肢だから、廃止は慎重に行うべきだ。特に次期カローラは、セダンやワゴンも3ナンバー車になる。5ナンバー車は一層貴重な存在になり、アクアのニーズが今以上に高まることも考えられる。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ