便利だけど万能じゃない!? 急増する自動ハイビームの実力と落とし穴


 2019年3月15日にJAF(日本自動車連盟)が、最近装着車が増えているオートハイビームの効果・性能に関する検証結果を発表。検証結果の詳細は後述するが、簡単にまとめると「効果は確認できるが、現時点では万能ではない」というものだった。

 実はオートハイビームとひと口に言っても、メーカーにより機能が異なる場合もあり、便利な反面思わぬ落とし穴もある。

 特に自転車や歩行者の立場で「最近、車のライトが眩しくなったな……」と感じられた方は多いのではないだろうか。その原因がよくわかります。

文:永田恵一
写真:TOYOTA、HONDA、MAZDA、JAF

オートハイビームとは?

オートハイビームは、基本をハイビームとしながら対向車や前走車の有無によって自動でロービームへの切り替えをおこなう(写真はホンダ グレイスのイメージ)

 オートハイビームを装着する目的・機能は、「夜間により広く、長い距離を照らせるハイビームを積極的に使うため、ドライバーが行うロービームとハイビームの切り替えが減るよう、切り替えを自動で行うこと」だ。

 概要を見ると非常に便利な有難い装備であるが、実際どのような仕組みになっているのか? 大まかに言うと「カメラで前方の情報を収集し、状況に応じてロービームとハイビームを切り替える」というのがその仕組みだ。

 最近の車には衝突の回避・被害軽減に絶大な効果を持つ緊急自動ブレーキの装着が当たり前になりつつある。

 多くの緊急自動ブレーキには、車線逸脱の防止や歩行者検知のため単眼カメラか、スバルやダイハツなら2つのカメラから構成されるステレオカメラなど、何らかのカメラが装着されている。

 そのカメラに、オートハイビームの作動に必要な対向車や先行車、周囲の明るさを検知する機能も盛り込み、ロービームとハイビームを自動で切り替えている。

自動ブレーキ付きなら大半がオートハイビームも搭載

緊急自動ブレーキの普及と合わせて一般化したオートハイビーム。3月28日発売の新型デイズにも搭載されるなど軽自動車への採用も増えている

 このようにオートハイビームは、ほぼ緊急自動ブレーキの付帯機能、一部と考えられるので、ここ3~4年以内に登場した緊急自動ブレーキ付きの車ならほとんどに装着されていると思っていいだろう。

 ただし、輸入車の一部などには緊急自動ブレーキのセンサーにカメラを使っていない車もあり、そのためオートハイビームが付いていないケースや、逆にスバル WRX STIにオプション設定される「アドバンスドセーフティパッケージ」のように「緊急自動ブレーキはないけれど、主にオートハイビーム用のカメラが付いており、オートハイビームが機能する」という車もある。

 そのため、自分の車にオートハイビームが付いているのか否かを確認し、使い方を把握する意味も兼ねて、操作パネルやメーター内の表示、取扱説明書を確認しておいた方が無難だ。

次ページは : 同じオートハイビームでも機能が異なる場合も!