クルマのナンバーを読み取る駐車場ビジネスっていいの?

 クルマ生活を送っていると、ふと不思議に思うことがある。
 今回は、クルマのナンバー認識&照会についてお届けしたい。


 大型スーパーに行くと、事前精算機で精算すると、駐車場の出口でバーがあがり、便利だなぁと感じた人も多いはず。こうした駐車場がどうなっているかというと、まずクルマが入庫すると駐車券の発券と同時にゲートが開きナンバープレートを撮影。

 管理センターではナンバー情報、車両の登録が管理サーバーに入力され、事前精算機にデータが送信される。ユーザーが事前精算し、出庫すると自動的にゲートが開く仕組み。

 最近急増中のロック板のない駐車場もナンバー認識カメラと埋設されている車両センサーが精算機とつながっており、インターネット回線で管理センターにもつながっている。気になるのはナンバープレートを隠したり、カメラを隠して入庫した場合。なんてことはない。

 すぐに異常信号が出て、警備員が駆け付けるという。アイテックによればうっかりミスを含めた不正出庫はロック板ありの1%に比べ、ロック板なしは0.5%と、やはりカメラが抑止力になっているようだ。

こちらはお馴染みのロック板付きのコインパーキング。
こちらはお馴染みのロック板付きのコインパーキング。
ロック板なしのコインパーキング。ナンバーを認識するカメラが設置されている。
ロック板なしのコインパーキング。ナンバーを認識するカメラが設置されている。

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ