日産セレナはいかにして日本一になったのか?天下を獲ったミニバン!!


 セレナは2018年4月~2019年3月の1年間で100,017台売れ、ミニバンジャンルで2018年度の販売台数トップを記録した。乗用車の総合ランキングでも4位にランクイン。同車の前年度比で1.2倍も販売台数が伸びたのだ。年度内で10万台以上販売するのはセレナ史上はじめてのことだとか。セレナは、いったいどこがすごくて日本一のミニバンになったのか。

 元日産エンジニアの自動車ライター、吉川賢一氏にその勝因と事情を分析していただいた。

文:吉川賢一


■e-POWER追加の衝撃

 日産セレナが売れた最大の要因は、2018年3月に追加となったセレナe-POWERにある。

 ノートに続くe-POWER第2弾として日産が選んだのが主力ミニバンのセレナだった。セレナはノートと並び、日産の国内販売台数をけん引する重要な役目を担っており、このセレナへe-POWERを設定したのは結果的に大正解であった。

2Lマイルドハイブリッドの「X」が250万4520円なのに対し、e-POWERの「X」は296万9820円。約50万円高と、デビュー時は「強気の値付け」と言われたものの、順調に販売を伸ばしている

 発電に特化させたガソリンエンジンを使って発電機を回し、その電力を利用してモーターを駆動させることで走行するe-POWER。通常仕様と同じく給油口からガソリンを入れるため、リーフのように充電口はない。このシステムのおかげで従来のセレナ・グレードXの燃費17.2km/L(JC08モード)をはるかに凌駕し、セレナe-POWERはクラストップの低燃費26.2km/Lを達成している(2019年4月時点)。

 価格もアドバンテージがある。ガソリン仕様の「X」グレードが約250万円(税込)なのに対して、e-POWERは47万円ほど上がる約297万円(Xグレード)ではあるが、それでもホンダ・ステップワゴンハイブリッドB(約330万円~)や、トヨタ・ヴォクシーハイブリッドX(約300万円~)と比べれば、お買い得だと言える。

■追加された新機能が好評

 ノートe-POWERで評判がよかったSモード、通称「ワンペダル」は、もちろんセレナe-POWERにも搭載されている。アクセルペダルを戻せば強めの回生充電が開始され、減速エネルギーを使って駆動用電池に電気を積極的に蓄えることができる。アクセルペダルだけでも発進から停止状態まで操作が可能なため、ペダルを踏みかえる必要性が少なくなるぶん、運転時の疲労を低減することが可能である。

独特の運転フィーリングを生み出すワンペダル走行は、慣れると街中では病みつきになる。ラジコンのような操作感覚で、疲労がかなり少ない

 筆者がセレナe-POWERでワンペダルを体験した際は、疲労が低減されるだけでなく、加減速にメリハリをつけることができるために、「運転操作が楽しい」という印象を受けた。

 さらにセレナe-POWERで追加されたのが 「マナーモード」という(発電用のエンジンを動かさない)EVのみで走行を行う機能だ。駐車時や、特に静かに走りたいときに役立つ機能で、現時点だとノートe-POWERには搭載されていない。

次ページは : ■e-POWERの専用の内外装デザイン

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ