後世に残したいニッポンのクルマ文化財~美しいマナー編


 これぞ「おもてなし」の心の象徴?美しいクルママナー編

●有人のガソリンスタンドに残るもてなしの心

 最近はセルフ店が増えてきているが、まだまだ店員がいるスタンドの魅力も捨てがたい。スタンドに入ると、「いらっしゃいませ〜!」という威勢よく元気のいい声で出迎えてくれ、給油位置まで丁寧に誘導された後、「灰皿はいかがですか」「窓を拭いてもよろしいでしょうか」「エンジンオイルはいかがですか」「水抜き剤はいかがでしょう」などと矢継ぎ早に聞いてくる。

 なんとも気が利いている(←そりゃ商売だからだって)。スタンドを出る時も「どちらに出られますか、オーライオーライ!」と元気な声で誘導してくれ、最後は帽子を取って「ありがとうございました!!」と一礼。う〜ん、実に心が洗われる。

●高速道路での料金所のおじさんとのコミュニケーション

 これぞジャパニーズオリジナルの極み。なぜかって? 「心」ですがな。海外じゃ全車がETCが義務づけられていたり、料金プール制のICカードを使ったシステムが主流らしいけど。

 最近では日本でもETC車が主流になっているワケだが、そこには人と人との触れ合いというか、人情の機微のようなものがまったく存在しない(←ETCはそういうシステムなんだから当たり前)。やはりハートウォーミングな料金所のおじさんとのやりとりは残しておいたほうが日本らしい気がするぞ。

次ページは : ●ネズミ捕りを見たらパッシングで対向車に知らせる

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ